大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のだんじり - 2013.09.17 Tue

台風18号の影響で、雨のだんじりになりました。
屋根にもシートをかぶせての曳航です。
2013 だんじり


15日、観客席でだんじりを見てきました。初めて。
皆カッパです。
2013 だんじり

「あの町は上手やー」とか、「速いー」とか、「この町はさっきのリベンジしたなあ」とか言って、
やりまわしを楽しみましたが、
雨で写真は思うように撮れません。

でも曳く人こそ大変。
オーバーランして、建物の瓦を蹴散らしてしまう町も。
2013 だんじり



こんな時にはバックするしかありません。
2013 だんじり
2013 だんじり



でも、その手慣れた後片付けに感心したりして。
2013 だんじり


こんなことにならないよう、曲り角にある仏様には紅白の幕を着せてます。
13danjiri6.jpg
ビーナスのように。



安全なだんじり曳航のためにはメンテナンスも大事!
これは、今年の写真じゃないんですけど、だんじりのコマ、つまりはタイヤの交換風景です。
2013 だんじり コマ 2013 だんじり コマ
2013 だんじり コマ じつは消耗品なんですねえ。

と、盛り上がりのないだんじり記事ですが!
     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    
スポンサーサイト

だんじりは1つだけやない! (平成24年度だんじり祭) - 2012.09.08 Sat

来週はいよいよ、だんじりですねぇ。
カーネーションのおかげで、だんじりはさらに知名度上がりました。
今年の人手はどうなんでしょう。 15日(土)16日(日)です。14(金)は試験曳き。


だんじり祭 平成24年 試験曳き
木村クン本人からの要請で、今年の9月2日の試験曳きの写真を追加します
屋根に乗り、吠えているのが、そうです。
去年のは太っていたけど、今年はやせたから、この写真にしてくれ!と。(笑)

いずれにせよ、きまってます、よねえ。




     だんじり祭り 筋海町
(写真は去年の筋海町のだんじり・屋根に乗り、うちわを持っているのはわが社の木村クンです。)


「だんじりは沢山走ってるやん!」ですよねえ。

「1つだけやない」というのは、だんじりが走ってる
地区が2つに別れてる、という事なんです。
いわゆる岸和田地区とは別に春木地区というのがあるんですねえ。

     案外知らない人が多いかも知れません。
     なので、やや、人出も少なく見物の穴場となっています。

岸和田から2つ目の駅で、
私の毎日通ってる所でもあります。

     わが社の面々が所属している「春木旭町」
     この春木地区を走り回っているんです。


       だんじり祭り 平成24年 弥栄神社
そして、各町のだんじりの宮入り
春木地区のだんじりは、この「弥栄(やえい)神社」に入ります。
で、なにやら土嚢が・・



表の道路から「やり回し」して、鳥居をくぐって行きます。
     だんじり祭り 平成24年 弥栄神社

そう、土嚢は鳥居の足元などに置いてガードするのに使うそうです。




  境内に入って行きましょう。

とても気持ちのよい場所です・・

だんじり祭り 平成24年 弥栄神社 だんじり祭り 平成24年 弥栄神社

「だんじり小屋」もあったりして・・


そして、なにを隠そうこの神社は「カーネーション」に9回も登場しているという所なのです。

      だんじり祭り 平成24年 弥栄神社

この松の前で、糸子と勝さんが、かき氷を食べました。(映像を残していないので・・残念!)



ちっちゃい糸子が、泰蔵兄ちゃんに乗せてもらったのが、
この「大国町」のだんじりなのです。

また、戦争で若者がいなくなり、年配者の面々が「わしらで曳こう」
と、言ったのもこの「大国町」のだんじりです。
                    右は、わが「春木旭町」のだんじり小屋。
だんじり祭り 平成24年 弥栄神社 だんじり祭り 平成24年 春木旭町

悲しいかな、じつはこの「大国町」今年からだんじり曳行が出来なくなったそうです。
理由は、曳き手の数が少なくなったから、ということのようですが・・ねぇ。




そして、ここで思わぬ人に会いました
「何してんや~?」

だんじり祭り 平成24年 弥栄神社

亡くなられた先代の会長「田中稔」の御神燈でした!

皆さんご存じのことと思われますが、自分は、フラフラと自分勝手な行動が多いんです。
会長は、たいがいそんな時に現れて、よく、こんなふうに言われたものです。
「何してんや~?」


まさか、この日も現れはるとは!
偶然だったんです!名前を見つけたのはねえ。



これは、去年ものせましたけど、
写真向かって右が、同僚の粟田クン(粟田敏幸のフェイスブックへ)ですが、
今年は「春木旭町」の組長に。

今年は曳き手ではなく、だんじりの上に乗っての曳航だそうです。
楽しみですねえ。
だんじり祭り 春木旭町

というものの、写真左の私は、当日、桐たんすの販売へ。
ので、だんじりは見られずです。

皆さん、岸和田地区だけでなく、
春木地区のだんじりも見どころ多いですよー!


くわしい情報は岸和田市のだんじり祭のHPをごらんください。


ブログランキングに参加しています! いつも応援ありがとうございます!
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    

も一度こりずに ^.^; 『カーネーション』 - 2012.03.19 Mon

やはり、「糸ちゃんチェンジ後」について触れないわけには行きません。
(「カーネーション」をご覧になって無い方、毎度毎度ですみません)

   

そうなんです・・
皆さんは、どんなふうに感じてはるんでしょうか、

        カーネーション
        今コシノアヤコさんの生家は、ギャラリーとお土産スペースなっています。
        2階から外をのぞいてます。

んー、あまり批判的なことは言うべきでなし。
と、思うんですけど・・

残念!やなあと。
どーにもしっくりしません。

尾野真千子さんは、ドスが効いてました。
あっ、いやいや、
恐~いとかいうことでなくて、
完全に岸和田人になってました。
     カーネーション
     随分前のものですが、「浮気に怒る糸ちゃん」です。

言葉て大事なんやなあと、つくづく思いますねぇ。

夏木さんは岸和田弁ではない。泉州弁でもありません。
いわゆるイントネーション、言葉の流れが違うんです。
ゆっくり過ぎるし。

なもんで、どうにも「芝居をしてます感」があって・・
感情移入できまっせん。

他地方のかたなら、そんなに違和感なく受け入れられてるんでしょうか?

        カーネーション
        ギャラリーの2階、部屋の一つを見ることができます。


3姉妹らが「こないしたい!」てな事を言い出した時「何っ?」てな顔してましたやん。

「んなあ"っ」
文字には表せませんが・・尾野真千子さんのあの顔。

小林薫さんのお父ちゃんもほんまもんでした。
「んなあ"っ」
これが、よかったんですよねー
     カーネーション


筋金入りのネイティブの岸和田人である「いちざえもんさん」をして、

「なんで知ってるん?」と言わしめた、岸和田人らしい雰囲気

それがありました。

尾野真千子さんは演技でなく、糸ちゃんになってました
コシノアヤコさんをモチーフにした『小原糸子』になりきっていましたよ。

『グレ糸!(Great!)』

ま こんなシャレも出るってもんですわ。


「また100反かいな~」という時の夏木マリさん、
優しさが見えてしまってるんですよねえ。
     カーネーション

おのまちさんなら、あの若造トリオ「けんもほろろ」の応対やったんやないかなあ~。
「せや、せや!あんなん追い返したれ!」と応援したくなるよな。


ところで、
今の岸和田の雰囲気というのは、2月までのものに近い、
そんなふうに感じます。

裏通りに入れば、昔の町並みも残っています。

        これは、去年の「だんじり祭」です。
        カーネーション

だんじり祭の宴のシーンなどは、完全に今の光景です。
祭の夜、ウロウロすれば表を開け放った所から、家の中の楽しげな姿を目にすることができます。

この場面は感動的でしたね。
     カーネーション
「祭と別れ」ですよねえ。
脚本の「渡辺あやさん」も、ほんまにええ脚本を書いてはるなあーと、ずっと思ってました。


カーネーションは面白いというだけでなく、
人が人生の中で直面する共通のテーマが、強く、感動的に描かれてました。


濱田マリさん扮するおばちゃんが、病院で、
息子である勘助の戦地での様子を思い描く場面、

お義母さんである、そのおばちゃんが亡くなった時、
八重子さん(田丸麻紀さん)が「ホッとした」とつぶやいた場面。
これまでの色々のことがありましたからねぇ。


ほかにも、名場面がたくさんありましたよね。
周防さん、北村とのからみ。


こんな感動的な場面に流れてくるBGM
それが、3月に入ってからは、
取って付けたように聞こえて来ています・・

笑えるはずの場面も、もひとつ笑えません。

新聞の1面を取られて
「春太ろー!」
カーネーション
尾野真千子さんやったら、もっと笑えたんちゃうかなー。


ブランドを起こすと決心して
「おもろいからしたいねん!」に、
見ているこっちが、もっと元気なれるのになあ~って。

ここでも「おもろい」のイントネーションが違ってて、
ほんまにおもろいて思ってはる気がしないんです・・



3月分の尾野真千子さんバージョンを撮って欲しーぃ!
などと勝手なことを思っているのは自分だけでしょうか?

いずれにしても、夏木マリさんが悪い、というのでなしに、
『おのまち礼讚!』ということで、お許しを。

長々とここまでお付き合い下さったみなさま、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています!
  バナーをクリックしていただけると、嬉しいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

  こちらもよろしかったら、^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ

カーネーションのなかの岸和田弁 - 2012.03.01 Thu

いよいよ糸ちゃん、今週までですねえ。
さみしいですねえ。

いやいや『カーネーション』は3月までですけど、
今週には『おのまちさん』から『夏木マリさん』へとスイッチ。

『夏木マリさん』は小篠綾子さんと親交があったということで、
チラリと見た感じではなかなかいい雰囲気のようですが。

いやー、尾野真千子さんはこの糸子役で、たくさんのファンを得てますからねえ。

ほんまに役に入り込んでますよねぇ。
笑って、怒って、泣いて、とぼけて、ね。

カーネーション カーネーション

どちらの場面も笑いましたね~。

ところで、岸和田といえば『桐たんす』が有名!
あ、いや『だんじり』が有名ですねえ。

荒っぽいというイメージですが、実際の人々はといえば・・・
その通りですね。


いえいえいえ、『カーネーション』でごらんのように言葉がね、
あらくたですわ。

俗に、河内の言葉が汚いなんて言われたりしますけど、
明らかに岸和田の言葉のほうが・・・上・・

『け?』
はい、聡ちゃん
カーネーション
はあ、でも、これは昔の話しではなく、
今でも女の子がフツーに使ってます。



岸和田は丁寧語を使わないという特徴があります。

まあ状況により、人により使うこともありますが、
年上の人、例えば、その相手が社長さんだったりしても
(も~ちろん、その社長さんが岸和田の人である場合に。ですけど)

関西の他地域なら「明日行きますん?」てな感じ。

それが「明日行くん?」だったり。
いわゆる、ため口ってとこですか。

もひとつ進んで、「社長、明日行くんけ?」

それが普通で、逆に、丁寧過ぎるほうがムズムズしたりします。
こんな場面がありますね。
カーネーション
「いらっしゃいませ」の何があかんねん!
と言いたいですよねー、普通は。


自分は、そういうのが好きなんですよね。
自由さ、とでも言いましょか。
ルーズさといいましょうか。

関西に限らず方言ていうのは、なんか好きですねー。

子供が方言で話すのっていいですよねー。
表でゴソゴソしてると
「おっちゃん、なにしてーん?」
なんて聞かれます。

普段、標準語で話している人が、その人の昔から使っている言葉でしゃべると、
とても親近感を感じたり。


その岸和田を含む泉州の気さくというか、
「ルール無用」というか、
その象徴みたいなんが『北村』かなあと。

周防さんのことやらで、さんざ迷惑をかけておきながら、
深く結び着いていて、
子供らには『北村のおっちゃん』と慕われています。

カーネーション

この場面もケッサクですけど。



これは、ドラマの話でなく、実際のことですけど、
スーパーに買い物してると、時々
「こんなんアカンさかい、こっちにし!」
とか言って、全く知らない、いちお客さんが、商品を勧めてくれたり、

動物病院で順番待ちしてたおっちゃんが、
先に呼ばれたんで、立ち去り際に「これ読むかー?」って
読んでたスポーツ新聞を置いて行ってくれたり。
(その時まで全く会話すらしてなかったのにね・・)


優子と直子の係わりもおかしいですよねー。
よう、取っ組み合いをして、仲が悪いのに
互いを意識し合って、強く結びついてる。

カーネーション カーネーション

『だんじり』がある岸和田的なところかなあと。

ここにも岸和田独特の言葉がありますねー。
「持ってきちゃあった」
つまり、「持って来ていた」ですね。

「言うちゃら」
つまり、「言ってやる」ですね。

同じ「ちゃる」にも違いがあって、
ただ単に「持って来ていた」という時と、
「持って行ってやる」という、意味合いのある時と。

ここでは、「物件を直子自身が持って来た」、ですね。
例えば「直子が物件を、優子のために持って来てやった」、という場合は
『あんたに持ってきちゃあった話ちゃうんか?』
と、なりますね。

あ、文字にすると同じですか?・・・

そう、『カーネーション』を見てはる方は分かってると思うんですが、
東京の女の子が「持ってきちゃった!」というのとは違うんですよね、
文字にすると、誤解されそうですけど。

(なんや、語学講座みたいになってますね・・・)




同じ関西の中でも、他の所では使わないものが、ほかにも幾つかありますねえ。

カーネーション

『食べりー』『はよ寝りー』
どうにも、田舎くさいでしょう。
まあ、こんなんも、自分は何故か好きで、使ってますけど・・

柔らかな感じですよねえ。

あとは『じょ』
カーネーション

これは、もちろん大阪市内や堺の人も使いません。
なんか面白いですわねえ。
「じゃ」ならまだ分かるんです。
なんかアニメキャラの言葉みたいやし。


まあ、切りがないですね~。
全て今現在の岸和田でもこのままです。
もしくはもっとかも・・
多分全国の方々は驚きをもって見てはるんやないかなあ。

とにもかくにも『カーネーション』は面白い!最高です! よね。



時間はないのに、記事は書かにゃならね。
書き始めたら、ダラダラと長くなる。
はて、こんな中身で良いのか否か?
まあまあこんな日も。


色々勝手を書いてますが、あくまでも「岸和田讃歌」なのです。




ブログランキングに参加しています!
  バナーをクリックしていただけると、嬉しいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

  こちらもよろしかったら、^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ

カーネーション - 2012.01.14 Sat

みなさん、『カーネーション』は見てはります?
いいですよねー。
笑って、泣けて。

岸和田らしさがよーく出てます。
言葉も、キャラクターも。
カーネーション(NHK朝ドラ) 
疑問の「け?」は、今でも女の人でも使いますし・・

カーネーション(NHK朝ドラ)
年上の人にも敬語、丁寧語を使わなかったりしますもんねー、岸和田では。

根っからの岸和田の人には、たまらないようですねー。

このブログに時々登場の「いちざえもんさん」
すっかり、ヒロインの『糸ちゃん』の大ファンになってしまってます。
カーネーション(NHK朝ドラ)


『糸ちゃん』の怒る時、泣く時、ニッコリする時、
ジーンとしてしまいますねー。

そしてまた、「とぼけ」が面白いんですよねー。
カーネーション(NHK朝ドラ) 

その「いちざえもんさん」の奥様が、じつは『糸ちゃん』に似てはります。

尾野真千子さんに似た、かわいらしい方ですが、
子供たちを叱ってる姿が『糸ちゃん』に、ごっつい似ていると・・・

「いちざえもんさん」は思わず奥様に
「糸ちゃん!」と呼びかけてしまう事があるらしいんです。





いや、いやー、岸和田生まれでなくとも、
ごっついおもろい!ですねー。

その『糸ちゃん』と記念撮影です。
カーネーション(NHK朝ドラ)

また笑顔ナシですねえ。

「なんで笑わないん!」と嫁さんに怒られました。
「普通、こういう時には笑うやろう!」と。



お父ちゃん役の善ちゃん(小林薫さん)もよかったですよねー。
ほんまよかった。

某社の副社長さん!
4人の娘から「お父さん、善ちゃんそっくりやわー!!」と言われていたそうな。

どうそっくりなのかは、あえて、ここでは控えておきますが・・・
とにかく、岸和田人が見事に表現されているんですねえ。


こちらも記念撮影。
カーネーション(NHK朝ドラ)
たまたまNHKのBKプラザという所に行く機会がありまして・・



その他の俳優さんもいいです。

お母ちゃん役の麻生さんものほほんとしてて、いいですよね~。
おばあちゃん、近所のおっちゃん。
『糸ちゃん』と「なっちゃん」のからみもいいですねー。


とりとめのない記事になってますが、
笑って泣いて、元気がでるドラマだと思います! ので、

まだ、見てない方には見ていただきたいなー、と。
これから戦後になり、『糸ちゃん』は、どんどんと飛躍していきます!
カーネーション(NHK朝ドラ)


ただ、もしやすると、あまりの岸和田っぽさに眉ひそめてらっしゃる方もいるのでは?
と思ったりも・・・

どのくらいの人に、どんなふうに受け入れられているのでしょうか。


桐たんすからも、木工からも離れた記事が続いておりますが・・・

     バナーをクリックしていただけると、ありがたいです。 
      wasou1.gif


  こちらもよろしかったら、ぜひ ^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。