大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲 散歩 - 2014.10.27 Mon

東京、吉祥寺に行ったら、ぶらりと立ち寄るお店
その名も『散歩』です。
散歩(コーヒー)

ここへは、豆を買いに行きます。
注文を受けた生豆をその場で焙煎してくれる。
『散歩』の最大の売りです。
散歩(コーヒー)
もちろん、コーヒーも飲んでくつろぐんですが、
必ず豆を選んで買う。
それが楽しみです。

店内は、コーヒーの香りに満ちてます。
散歩(コーヒー)
なにせマスターはずっと豆を煎ってますから。
コーヒー職人!
手前には豆の袋らしきものが積まれてますねえ。
マスターのコーヒーへの愛を感じます。


世の中に、自家焙煎をうたってる店は多いですが、
焙煎してからずいぶん日にちの経っているものを売ってる店も少なくない。

『散歩』のような店はなかなかありません。
煎り具合もオーダー出来ます。

『自家焙煎 珈琲 散歩』のホームページ

電話やFAXでの注文もできます。
とにかく香り、味、おいしさが違います!
ほんとのコーヒーに出会えるお店です!
       

          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


で、この9月に買ったのがこれ。
農園の名前も書いてあります。
散歩(コーヒー)

もちろん挽いてもらうことも出来ますが、もちろん豆のまま。
散歩(コーヒー)
飲むその時に、粉に挽く。
コーヒーをおいしくいただく基本です。

うちには一応、こんなポットもあったりして、
散歩(コーヒー)
新鮮な豆はお湯を注いだ時の粉のふくらみが違う。

焙煎してから日にちの経ったもの、粉に挽いてから時間の経ったものはこうはいきません。
散歩(コーヒー)
鮮度が一番。

店内でのコーヒー写真がなくて、自宅で煎れた時の写真ですが、
そこいらの喫茶店のコーヒーよりもはるかにおいしい。(と、自分で言っておきます。)
散歩(コーヒー)

本当においしいコーヒーは、ミルクも砂糖もお菓子もいらなくて、
コーヒーそのもので味わえるもんです。
ほどよい苦みがあるけれど、いやな感じで残ったりすることはありません。

そんなコーヒーと出会えるのが『珈琲 散歩』
お気に入りの場所です。

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    




スポンサーサイト

『ウ・アルブル』のケーキはおすすめ - 2014.04.25 Fri

皆さんこんにちは。ごぶさたしております。

少し前、近所に出来たケーキ屋さんなんですけどね、
泉州の田舎の店とは思えぬ上品さ‥
「遠くて行けないやん!」のは、ごもっとも、
でも、ホント!おすすめなんです。

例えばこんな。
モンブラン470円              フランボワーズ440円
ウ・アルブル ウ・アルブル

オランジュ450円              ヘーゼルショコラ460円
ウ・アルブル ウ・アルブル
見た目にもきれい!
(ちなみに、クリックでいずれのケーキも大きくなります。大きくなるだけ、ですが。)

ここのケーキの特徴は、濃厚!
なのに、後からぜ~んぜんもたれたりしない!
きっと材料も新鮮、厳選されてるんやろなあって話してます。

その他には
くまさん430円               蜂蜜ロール360円
ウ・アルブル ウ・アルブル

クッキーシュー200円            レミーマルタン460円
ウ・アルブル ウ・アルブル

で、プリン250円
ウ・アルブル
などなどなど。どれもおいしい!
けっこうはやってるんじゃないかなあ‥
ついリピートしてしまいます。

patisserie HOUX arbre
パティスリー ウ アルブル
072-465-7633
営業時間 10:00~19:00(売り切れ次第閉店)
定休日 火曜日
〒598-0092
大阪府泉南郡田尻町157-1



大きな地図で見る

大阪方面から、りんくうのプレミアムアウトレットまで来たら、ちょい少し足を伸ばしたあたり。
ぜひ!のぞいてみてくださいまし!

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    












かあちゃん家(や) - 2013.08.25 Sun

信州と言えば何を思い浮かべます?

そう「おやき」ですよねぇ

今回の旅でヒット!次も必ず行きたいと思ったのが
「和田宿農家レストラン かあちゃん家」のおやき。
かあちゃん家(おやき)
見事に、ビニールがかぶったまま

素朴な作りのようですが、皮にジャガイモが入っていてもっちり。
おやきとしては初めてのタイプ。

うまい!

もちろん具も文句なし!
味付けが絶妙です。
かあちゃん家(おやき)
これは切干大根
ひかえめの素朴な味付けとでも言ったらよいでしょうか。

場所は?、というと山の中!
中山道の和田宿にあります。

大きな地図で見る

前の日に泊まった宿のオーナーさんに教えてもらいました。
「松本への抜け道の途中にあるから、ぜひ、寄って!」

現地情報に乗っかるのが、わたしらの旅のスタイル

車を走らせ、到着。
昔ながらの建物に期待してみると、
かあちゃん家(おやき)

なんと!本日お休みのハリガミが!

迷わず(?)くぐり戸を入って
「ごめんくださーいここのおやきがおいしいって聞いたんですけどー」
無理を言って、おわけしていただきました。
ひとつ100円!

昔話の中に出てきそうな信濃のおばちゃん、そんな印象のお母ちゃんが営んではります。
かあちゃん家(おやき)
なぜだかフラッシュがたかれてる上に、全くきれいにちぎれてませんが、カボチャと野沢菜。
これもまたいい頃合いの味付けが美味でした。
皮も楽しめますからねえ。

食べ比べの予定がなけりゃ全種類試すところでした‥
かあちゃん家(おやき)


ところで、(←長いっ→)じつはこの日は、松本にある有名おやき店に行く予定をしてたんです。
ここらでは有名な、さかた菓子舗(「さかた 菓子舗」食べログのページ)

そこへ偶然、同じおやきのオススメを受けました。
こうなると、選択肢は一つ。
食べ比べです。

こちらはこんな感じで。
さかた菓子舗(おやき)
またもやのビニール

「なす」と「ひじき胡桃」です。
さかた菓子舗(おやき) さかた菓子舗(おやき)
これもいける!
こちらは味しっかり、です。

けど、イロイロ食べてきた私らには具だくさん過ぎました。
まるで目の前にそびえ立つ山のよう。
さかた菓子舗(おやき)
場所は帰りの新幹線。2人で2個食べたらそれで晩御飯終了でした。


いずれも普段口にすることのないおやきで大満足。
でも、どちらを選ぶ?と聞かれたら?

迷わず、「かあちゃん家」
あのお母さんにまたお会いしたい!
今度はレストラン通常営業の時に行きますね。
他のメニューも試してみよう。

このブログはどこへ行こうとしてるのか?次はいつ出るのか?
自分でも分からない、そんな私に応援よろしくお願いします。

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    


奈良でゆったりと 心樹庵 - 2013.06.16 Sun

オススメの日本茶、中国茶のお店

  奈良にある『心樹庵』 です!

お茶を追い求めたオーナー夫妻の、選りすぐりのお茶を堪能しました。
煎茶、中国茶はもちろん、岩茶、白茶といった馴染みの薄いものなんかもイロイロとあります。
どれにするか迷う。。

ほんとうに居心地のよい空間です。
雰囲気はこんな!
心樹庵

と言うものの、完全にくつろぎ後の写真ですね。(汗)  (いつぞやのプリンと一緒で‥)
想像力を働かせて、この雰囲気を感じ取っていただけたらな‥‥と。

こだわりを感じるといえば、写真に写ってる黒いテープ状のもの。温度計です。
湯冷ましをして、それぞれのお茶のベストの温度でいただけるという配慮。
もちろん、何せん目かによってその温度や時間も違いますから。

そんな目安を記した紙がついてますし、簡単な説明もあります。

心樹庵

おのおの、4杯ほど味わいましたかねぇ。
器も楽しみます。

富田の水

嫁は茶葉と一人用の急須を買いました。
心樹庵

その中で、オーナー夫妻にイロイロと楽しいお茶の話をうかがいました。
産地ごとの急須の歴史やら、同じ産地のお茶でも年によって出来は違う、などなど。

そして、この店では富田の水を使っているということも。

じつはうちでも愛飲していた水。
心樹庵

言わずと知れたモンドセレクションで12年連続大金賞(最高金賞)受賞しているという水。
これもオススメです!

日・祝日は休みで、何度も前は通っていたものの 初めて入った心樹庵
ゆっくりお茶を楽しみたい方いち押しの場所です。

通信販売もしていますので、ぜひホームページごらんください!

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    

知る人ぞ知る 京都スイーツ - 2013.03.05 Tue

その名も『百年プリン』
京都・北山で、たまたま入った『東洋亭』という洋食屋さんのプリン。
   東洋亭 百年プリン
ちょっと食べたら「こりゃおいしい!ネタに使わねば!」
お皿をスルスルスルと。。。(半人前ブロガーの証!)

タイプとしては「パステル」タイプではなく「モロゾフ」タイプですね。
名前の通り、熟成された(!?)おいしさ!
お取り寄せはしてないようですが、お持ち帰りはあります。
キャピタル東洋亭のHP




こちらはお取り寄せ可能。
京都・祇園のレストラン『よねむら』のクッキーです。
     よねむらクッキー

こんな店構えの、敷居の高そうな高級レストランなんですけど、
(もちろん、クッキーだけを買って、すぐ出てきました。)
     よねむらクッキー
「なにゆえクッキー?」

これが全体図です。
高級レストランならではの、こだわりに満ちたクッキー
     よねむらクッキー

同封の案内図。
変わった味があるでしょう。
   よねむらクッキー

詳しい説明は
お店のHP『よねむらオリジナルクッキー』におまかせすることにしますが、

 今までに味わったことのないおいしさ!  なのです。



     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。