大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀・伝統工芸ふれあい広場 - 2014.11.28 Fri

先週末、佐賀に行っておりました。
年1回の伝統工芸の集りです。

その中のイベント「ふれあい広場」では全国の伝統的工芸品の製作体験ができます。

宮島細工の「お盆彫り」(クリックで拡大します)
伝統工芸ふれあい広場

京友禅の「手描き友禅ハンカチ」  伊万里・有田焼の「ロクロ成形」(クリックで拡大します)
伝統工芸ふれあい広場 伝統工芸ふれあい広場  

などなど今年の佐賀大会では20産地の伝統工芸の製作体験がありました。

ちなみに、来年2015年は11月初旬、富山で開催します。


   ∞∞∞∞∞∞∞


佐賀と言えば、有田。
有田の橋の欄干には有田焼。
江戸時代に作られた「古伊万里」でお茶をいただける喫茶店などもありました。
有田  有田
(クリックで拡大します)


そして、これは佐賀県武雄市で出会った「塚崎の大楠」
上のほうは消失していますが、人と比べるとその大きさが分かります。樹齢2000年。

木の内部は鍾乳洞のようです。
塚崎の大楠 武雄 塚崎の大楠
(クリックで拡大します)


そして、こちらは、チラチラ紅葉している道を進んだ先にある「武雄の大楠」
樹齢3000年と言われているそうです。
武雄神社  武雄の大楠
(クリックで拡大します)
こちらは神木であり、近づくことはできません。


武雄という所は初めて訪れたのですが、良い天気のおかげもあり、のんびりとした空気のただよう心地よい町でした。
武雄の紅葉
(クリックで拡大します)

よろしかったら、応援のクリックお願いします!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       


スポンサーサイト

伝える? 伝わる? - 2014.03.30 Sun

人の技「盗み」もしますけど、「表玄関からノックして入る」こともよくします。
ちょっと離れた所からコソコソ見てる、なんてせんとその人に聞いちゃう。

「これ、どないしてますん?」
なら、「そんなん教えるかい!」というのが職人!

てな人に出会ったことはないですねえ。
聞いたらいいんです。
昔の職人さんにはそんな人もいたのかもしれないですけど‥‥たいがい皆教えてくれるもんです。


で、自分は教えるのも好き。
おせっかい。関西で言うところの「いっちょかみ」かな?

でも、職人は、何より自分の仕事が第一で、人のことをとやかく言うのは本分じゃない!
まぎれのない真実。‥でも思うんです。
パンジー ビオラ

桐箪笥はじめ、伝統工芸っていうのは「伝えられて来たもの」。
どういう形であれ、それは「教える」ってことじゃないの?

踏み込んで言うと、後輩に教えるのは伝統工芸の本質で、
職人は自分のことだけしてりゃいいっていうのは、じつは誤りなのかもしれない、って。

そもそも、人に伝えるってことは楽しいもんです。
SNSはその楽しさの集まりですよねえ。
自分だけの技、なんてつまらない!


「伝える」「教える」というのは自分の時間を割くってことでもあります。
でも、伝えることで自分自身の気付きがある。
けして、「教えてやる」ってなもんじゃないですよね。


このあいだ、前にいた会社で教わった手法を 今の会社で紹介する機会がありました。
その前の会社が廃業してしまったことを考えると、これはまさしく伝統やなあと。
教わった時の思い出に浸りながら思ってました。
皆どないしてはるやろかなぁ?


また、技術に限らず、「伝える」ってことには難しさがありますよねえ。
「この方法がいいよ!」と言っても相手はに伝わらないことが、まま あります。
同じ話しをしても 受け取り手によって伝わるものがおのずと変わってくる。
その人の個性もある。

逆に、伝えようとしなくても伝わること、残って行くものもあります。
淘汰。

パンジー ビオラ

そして何より大事なのは機会です。チャンス!
仕事を任せる、託す。
言うだけじゃ伝わらないんです。
どんな小さなことであっても 自らする、考えることで伝わって行くんです。

三振でもいいからバッターボックスに立つ、立たせることが伝統工芸です。


伝えるのか?伝わるのか?
いずれにせよ、伝えて行くことの大切さを感じる今日この頃です。
日本には、いい事 喜ばしくないこと、伝えにゃならんことがたくさんありますから。

被災した子供達が100年後の人に この地震を伝えようという話しに、頭の下がる思いがします。


よろしかったら応援お願いします!

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    



職人は人の技を見て盗め - 2013.10.16 Wed

  誰にでも、気の合わない人っているもんです。
  合わないというか、気に食わんっ!て思う。

  自分は性格悪いので‥徹底してます
 その人とは話しなぞ、ぜーんぜんしません。

秋の空

  でも、その人の仕事は、こっそり見てます。
  で、いいやり方があれば、即採用!
  もちろん勝手に
  いかにも「技を盗む」って感じですよねえ。


    そんな感じなんで、その人も喋りかけてきたりなぞしません。

    けどこの間のこと、ふと見たら、
    その人が、それまで私だけがやってた手法で作業してるじゃあありませんか!
    
    これ。
桐たんす 加工
    盗まれた!

    人のやり方真似するな、って文句!、は言いません。
    むしろ、
    自分のやり方への評価って事でもあるので、悪い気はしないし、
    心の中で、おぬしやりよるな、なんて思ったり。

  もちろん、
  その後でも全く言葉も交わしやしません
  職人ぽいですかねえ?こんな緊張感て。

  尊敬、とは言いませんが、一目は置くべしって思うんですねえ。
  合わない人からも多いに学ぶべし、って。

  これはきっと、どんな所ででも大事ですよねぇ。
  たいそうに言うなら、国どうしの関係にも当てはまるのかもしらんなあ、って。

バラ

   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       

こんなテレビボードはいかがでしょうか? - 2013.06.27 Thu

開催中の『浪花の技 と 大阪ええもんバザール』に展示販売中のテレビボードです。
桐のテレビボード
〈幅1530㎜ 奥行き500㎜ 高さ500㎜〉

桐の木目を活かしつつ、シャープに切り取られた紫檀をアクセントにしたテレビボード!
というような解説になるんでしょうか。

ナナメから近寄るとこんな感じ
桐のテレビボード

もちろん引き出しにはレールがついていて楽に引き出せます。
仕切りもついています。
桐のテレビボード

金具もオリジナルのもので、和と洋のはざまにある雰囲気でしょうか。
桐のテレビボード

ちなみにこのタイプもあります。
桐のテレビボード
〈幅1600㎜ 奥行き500㎜ 高さ535㎜〉


7月2日(火)までは阪神百貨店浪花の技と大阪ええもんバザールでごらんになれます。

それ以降のお問い合わせは、
松本木材産業株式会社
TEL 06-6722-0194

へよろしくお願いします。

携帯写真で説明も簡単ですが‥

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ  

大塩正史さんの赤膚焼・おちょこ特集 - 2013.05.06 Mon

     大塩正史 赤膚焼 おちょこ

ブログで親しくさせていただいている
『イミュウと私の Small Town Talk』 Coucou の いくこさんとのやり取りの中で、
(かーなり前のことですが・・)
大塩正史さんの赤膚焼のおちょこ特集をという話がありまして、

     おちょこ特集です!

いずれも愛らしいおちょこなのですが、全て載せるわけにもいかずピックアップにてのご紹介です。
  クリック拡大にてごらんください!
大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

見せるだけ?なの?と言われそうですが・・・

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ  

以前の赤膚焼の記事です。
・女性の方からの注文が多いそうです
・やさしいマグカップ(赤膚焼きの)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。