大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイライト - 2011.05.31 Tue

 今日のハイライトは何と言っても「シタンを曲げる」という作業だ。
 
これは今回が二回目で、初回のときには丸一日かかっても出来ずに、
翌日、ベテランの助けを借りたという悪夢の作業だ。
shitann-1.jpg
シタンという木はとにかく固い。桐とは正反対の木だ。
その固さゆえに加工しにくく、すぐに割れてしまう。
しかし桐たんすに使うと桐とのコントラストが豪華で上品な雰囲気を出す。

shitann-2.jpg
前回は何枚割ったか・・・
ぐったりして家に帰ったことを思い出す。
その因縁の作業。
shitann-3.jpg

結果としては三時間かかってどうにか曲げました。
shitann-4.jpg

まだ予断は許せない。
明日は天板にこのシタンを貼り付けねばならない。
これも難作業だ。
スポンサーサイト

がんこ - 2011.05.30 Mon

岸和田にある五風荘という歴史のある建物で、「がんこ寿司」さんがお店を営まれています。

  その玄関を入ったみやげ物コーナーにて。

            gannko-kadai.jpg


岸和田「初音の家具」にて体験制作していただいた「桐の花台」を  いい雰囲気に飾ってくだすってます。

カクテル - 2011.05.29 Sun

少し前のようすですが、わが玄関にあるつるバラの映像です。
 kakuteru-zennkei.jpg
な~かなか。見事やと家族では自画自賛しているのですが・・・
 これでも満開手前の時期ですね。

「カクテル」という名前の一重のバラで、あまり世話のかからない丈夫な種類です。
  咲き始めの濃い色から、だんだん色が淡くなり、ほろ酔いのカクテルを連想させるところからその名が付けられたそうな。

  四季咲きなので年に3回くらいは楽しめます。
    香りもよく、花びらを集めてバラ風呂にもします。
 kakuteru-gennkann.jpg
ガーデニングの話題もちょこちょこ載せようと思ってます。

大阪の桐たんす - 2011.05.28 Sat

 自分は大阪、泉州の岸和田で桐たんすを作っています。

着物をお持ちの方にはその説明はいらないかもしれませんが、桐たんすというのは主に着物の収納のためのたんすで、日本では昔から使われてました。
  江戸時代からです。

そして当然のことながら、全国には数多くの桐たんすの産地があります。
その中でどうも、大阪、泉州の桐たんすは分が悪い。知名度が低いようなんですね。
  品質は高く、家具業界の人には名が通っているようなのですが。

遅まきながら、このブログ、ホームページを通じて「大阪泉州桐箪笥」、そして岸和田の「初音」、伝統工芸の良さ、おもしろさ、深さのようなものの情報発信をして行きたいと考えています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。