大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2011-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 パソコンデスク - 2011.06.30 Thu

パソコンデスク 拡大
740mm 365mm 453mm
桐のパソコンデスクです

なんといっても軽い!
上質国産の無垢の桐材使用!
体に優しい天然オイル仕上げ!
天板は伝統工芸士の手による精緻な組み手技法(蟻組み)!
シンプルゆえの美しさがあります!

パソコンデスク 拡大パソコンデスク 拡大パソコンデスク 拡大

というのが、今現在のこの机のデータですが、要望に合わせて、どのような大きさにも作ることができます。

桐は着物の収納という所から離れつつも、桐のよさを生かした家具の第1号です。
スポンサーサイト

レディ・ガガ - 2011.06.29 Wed

レディ・ガガのCDを買いました。

ニューアルバムが出て、来日で注目を集める中、当然その新譜を手に入れたのかと言えば、そうではなくて、前々からあるベスト盤を、です。

 まだガガ・ビギナーなので。

  GAGA.jpg

知る人にとっては何の説明もいらないレディ・ガガですが、知らない人は代表曲として

BAD ROMANCE(バッド・ロマンス)
POKER FACE(ポーカー・フェイス)

を、まずは聞いてみてはいかがでしょうか。

声よし、音よし、ビートよし、です。 圧倒されます。

伝統工芸士 大阪地区連合会 - 2011.06.28 Tue

昨日、日本伝統工芸士会の大阪地区連合会なるものがありました。
簡単に言えば、大阪の工芸士の集いです。

年に一度、活動報告と懇親会を行います。

メンバーは唐木指物、欄間、刃物、錫器、仏壇とわが桐箪笥です。
伝統工芸士 大阪地区連合会


他の産地の工芸士さんとの語らいは、思わぬ発見もあり勉強になるものです。
今回は自作名刺を持参し、このブログの宣伝もさせていただきました。

これを機に、桐箪笥以外の大阪の伝統工芸についても紹介して行こうと考えています。

 大阪唐木指物
 大阪欄間工芸
 堺打刃物
 大阪浪華錫器
 大阪仏壇
 大阪泉州桐箪笥

関連記事

《大阪の桐たんす - 2011.05.28 Sat》

桐箪笥の修理・再生(洗い替え) - 2011.06.27 Mon

ご存知のかたも多いと思いますが、桐箪笥は長年使ってきたものを修理し、
色を付け直し、再生させることが出来ます。

 桐たんすの再生(洗い替え)  拡大 桐たんすの再生(洗い替え) 拡大
        こんな感じです。とてもきれいになります。

この再生のことを桐箪笥の洗い替えと言っています。
おばあちゃんの使ってた桐箪笥を洗い替えて、孫娘が嫁入りに持っていったということがよくありました。


作業の流れとしては、まず文字通りに箪笥を洗います。お湯を沸かし表面の汚れを落とします。
 桐たんすの再生(洗い替え)   桐たんすの再生(洗い替え)  熱湯
写真は私自身ではありません。   あまり目にすることのない釜、でしょう。


充分に乾かした後に
キズや欠けた部分を補修し、鉋がけをします。
桐たんすの再生(洗い替え) 拡大 桐たんすの再生(洗い替え) 木目に合わせて
桐をふくらますアイロンは必需品!  これも私自身ではありません。

木目に合わせてさりげなく別の桐の木を埋めて行きます。

欠損のひどい箇所はスッパリと新しい木に入れ替えることもあります。

背中(裏板)が外れていたり、木が縮み空いてしまったすき間も木を埋め込んで行きます。

桐箪笥を一から作るのと同様、技と根気を必要とする作業です。

家に眠っている桐箪笥、思い出のつまった桐箪笥をよみがえらせたい、とお思いのかたはぜひ一度お気軽にご連絡ください。

桐箪笥選びのポイント その1 色 - 2011.06.25 Sat

桐箪笥を選ぶ時に、おもて面の着色がきれいかどうかは、もちろん皆さんご覧になるでしょう。

そこがポイントですと、言ったら
当たり前やないかー、と言われてしまいますね。

でも、実はその着色は産地によって個性があります。
新潟、東京は白い色がやや強く、西のほうは黄色がかっているといった具合にです。

その中で、大阪泉州はやや赤みが強い色合いをしています。


    【色付け】桐箪笥の世界では、おもて面の着色のことを「色付け」と言ってい
ます。「との粉」という、自然の土を砕いたものを水で溶いて塗ります。
    との粉 桐箪笥の色付け との粉 桐箪笥の色付け

桐箪笥の前で、あれとこれどちらにしようかと迷う時、材料、作りの良し悪し、箪笥の大きさを検討するのはもちろんですが、その色もじっくりと見てはいかがでしょう?

この桐箪笥は、どの産地のものなのか
全国には大阪、春日部、加茂、名古屋、和歌山、東京、広島、大川などの桐箪笥の産地があります。

その中では大阪の泉州のものが、すっきりとしていて一番ですと言いたいところですが・・・、それぞれの好み、フィーリングに合うものはどの産地の色なのかを探してみてはいかがでしょうか
桐箪笥の色 大阪泉州 桐箪笥の色 ある地方のもの
大阪泉州の色         ある地方の桐箪笥の色(修理に来た桐箪笥)

「との粉」は自然のものであるがために、産地ごとの傾向のほかにメーカーごとの違い、時代による違いも生まれます。

「初音の家具」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。