大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのんでいた鉋 - 2011.07.31 Sun

頼んでた鉋が、出来上がってきました

kannna1.jpg

手持ちの鉋の刃を、台(鉋の木の部分のこと)に入れてもらったのです。
新潟の小吉屋さんに頼みました。


ところで、桐の木は柔らかいので、力はいらないけど、きれいに削るのは難しいんです。

ちょうど、ふんわりしたパンを切るイメージです。
ナイフの切れが悪いと、パンを押しつぶしてしまって、切り口がきれいになりません。


そこで、桐箪笥屋は刃物の切れも追求しますが、刃の角度を変えるということもします。
寝かせた「勾配」で、注文します。
kannna2.jpg
ちがうでしょう。

ちょっと難しい言い方かも知れませんが、鉋で木を削るのは、木を「すくい取る」ようなものです。
写真を見たら、分かってもらえると思うのですが、
「すくい取る」というのを「差し込む」というイメージに近い感じにします。

ただ、まだこのままでは使えません
kannna4.jpg
刃先が、台から出るところまで行ってないのです。

表なじみと呼ばれる面をすこしづつ削り調節して行きます
kannna5.jpg

さっそく仕込んで、ドンドコ削ります

    関連記事
《鉋の台打ち - 2011.06.18 Sat》 手持ちの刃の記事です。
スポンサーサイト

トールペインティング - 2011.07.28 Thu

「浪花の技展」でお向かいのブースには、トールペインティングの角井博子さんが入ってはりました。

かばんやポーチなどに、花などの絵を描いておられます。
その他様々の物に描くそうですが、今回は、我々の体験用の桐箱に、花の絵を描いていただきました。

トールペイントの桐の箱

まず全体に柿渋を塗り、その上にクレマチス、です。
トールペイントの桐の箱

柿渋を施さず、木地の色を活かすことも出来るそうです。
トールペイントの桐の箱

箱作りのお客さんの中にも、「持って帰って、箱の上に絵ーかくねん!」という方がおられます。

淡い色なので、こんな使い方も桐の木の特長のひとつですねえ。

小学1年生 - 2011.07.27 Wed

「浪花の技展」箱作り体験も最終日。
早い時間帯でお客さんもまばら、私は他のブースでウロウロしてました。

戻ってみると、ちっちゃな男の子が、職人さんと相対して、なんも言わんと、チンマリ座ってます。
箱作りなのですが、自分で作ってるというよりは、早く帰りたい、てな感じですわ。
職人さんまかせです。

おじいちゃん、おばあちゃんに連れられて、しゃあなしなんかなあ?
聞けば、小学1年生、夏休みで東京から来てる、と。



私は、ここから割って入ったんです。
「鉋で削ってみる  ?(^ゝ^)?」
イヤと言わなけりゃ、年なんて構わずに、私はドンドンさせます。

これをこないしてな、と説明したら、けっこう上手に削るんですわ。
箱作り体験

ほな、だんだんと、自分でもいい感じて思ってきたらしく、ニンマリし出してます。
こんなんは、こっちも楽しいですねぇ。
調子づいてきたら、鉋を離しません。

仕上げのペーパーでも、かなりはまり込んでました。
箱作り体験
嬉しいですねぇ。

「下でする!」てな言葉も出ました。
箱作り体験
何度か手を削られそうになりながら。


目立ちはしないけど芯の強いタイプ、あの子はきっと物作りする人か研究者か、そんな大人になるんやろなあと、こちらは独りごちてるあいだに、
男の子は、また無口に戻って、帰って行きました。

楽しい一日でした。

浪花の技展 - 2011.07.24 Sun






浪花の技展の初日の様子です。
平日にもかかわらずけっこうな賑わいでした。

あまりにお客さんが引っ切りなしやったので、いつもやってるクイズができませんでした。(>ω<)
伝統工芸をもっと知ってもらうというのが、このイベントの狙いなので、マイ桐箪笥クイズを用意してます(^O^)

naniwa3.jpg
写真の中に私はおりません。

これがけっこう盛り上がるんですわ(^O^)。 (て、いつも自分で言うてるんですけど)

実は、体験の1番人気は桐の箱ではなくて、唐木指物の箸、箸箱作りなんですよね~・・
隣のブースで対抗意識を燃やしてます。

土日もたくさんの方が来場してくださり、ありがとうございます。

関連記事

《大阪の桐たんす - 2011.05.28 Sat》

添い寝 - 2011.07.22 Fri






記事をねる時間がなく、フォトライブラリイから、おもしろそうなのを引っぱってきました。

我が家の2階からのひとコマです。


にゃんこ&わんこ クリックで拡大します
クリックで拡大します

おとなりのニャンコと、おむかいのワンコです。

「コテツ」と「サクラ」です。

仲良しってわけでもないけど、うららかな日差しのなかで、知らな~いうちに、一緒に眠っちゃいました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。