大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2011-08

凹んでるところ(衣装盆と内丸かんな) - 2011.08.31 Wed

桐箪笥にはお盆(衣裳盆)と呼んでいるものがあります。

衣装盆

言うなれば、着物用のトレーです。
お盆ごと引っ張り出して、「今日はこれとこれ、どっちにしようかなー?」
というような具合でしょうか。

衣装盆

そのお盆の表面を繰り込んで、装飾的な曲線をほどこしているものがあります。
機械で形をとりますが、そのままでは、ささくれ立っているので、
表面を一通り鉋がけします。

衣装盆

しかし、このお盆の凹んでいる部分は普通の平らな鉋では削れません。

で、今回は、凹み専用の マイ鉋 を仕立てました。

内丸(うちまる)かんな、という、カマボコをスリムにした形のかんなです。

なんばの道具屋で探してきました。
が、まだ、幾つかの作業が必要なのです。

内丸鉋

まず、鉋の台の丸みを、お盆の凹みの形に、削り合わせます。

ポイントは、お盆凹みよりも鉋の台の丸み若干小さくするということです。
(ピッタリだと、微妙な大きさのズレに対応できません。)

次は、その台に刃の形を合わせます。
荒い砥石で削り落すのです。

内丸鉋

で、こまかい修正をして、完成です。


「削ってる」の図です。
衣装盆と内丸鉋


道具作りは、たんす作りそのものより楽しいですねぇ。 なんて言うと怒られますけど・・・

日々の仕事のアクセントとでも言うんでしょうか・・・その時は、時計なんか気にしません。

少し削って、使ってみる。
で、また、ちょこっと削る。

はたから見たら、「あんた何してんねん?」て言われますね。

でも、道具作りはしょっちゅうあるもんではないので、合わせのひと削りひと削りを、ついつい味わってしまいます。
スポンサーサイト

うちの衣装箱(着物のための) - 2011.08.28 Sun

わが社の衣装箱を紹介させて下さい。

   衣装箱(着物のための)

   着物のワンセット、もしくは、数枚の着物だけしまっておきたい、という時に活躍するものです。

着物ユーザーさんにはおなじみ(?)の収納箱です。

   衣装箱(着物のための)

衣装箱はスタンダードになってますので、今回は価格も紹介したいと思います。
4万2千円です。

高っか~い、でしょうか?

他社さんの衣装箱と比べても、いいお値段だとは思いますが、大切なお着物を長い間守るものですので、けして、高くはないのではないでしょうか。

   衣装箱(着物のための)


うちの売りとしては、

・良質の桐材を使っています
   中国産はいっさい使ってません!
   ごらんの通り、木目のしっかりした、いい桐材です。

・密閉度が高い

  衣装箱(着物のための) 衣装箱(着物のための)

  一つ一つ丁寧に仕込んでいます
  本当は、実際にふたを持ち上げていただきたい!のですが・・・
    この吸いつく感じが・・・中のお着物をしっかり守ります。

・組み手がしっかりしている

 衣装箱(着物のための) 衣装箱(着物のための)

一つひとつ、手作業によるアリ組みです。

いま現在、衣装箱は全てふじたかさんが製作担当しています。

気になる方がおられたら、
お気軽に072-443-8835(工場)までどうぞ^^
「ブログ見ましたー」と、おっしゃって下さい。^。^

会社のホームページは初音の家具です。

もしくは、コメントらんにもどうぞ!

小さな空 - 2011.08.25 Thu

今日は、日本の歌を紹介したいと思います。

sora1.jpg

武満徹の合唱曲です。
     【たけみつとおる :世界的に最も有名な日本の作曲家です】

武満徹は、どのくらいの方が知ってはるのでしょう?

オーケストラの曲はもとより、ジャズ、映画音楽など様々なジャンルの・・・
 いやいや、解説よりも、まず、歌を聞いて下さい。
     ぜひっ!

       


いかがです・・か?

これは「東京混声合唱団」の演奏です。

sora2.jpg

「初めて聞いたけど、いい歌やったわー (^○^)」という方がおられたら、のせたかいがありますし・・・

「もちろん、知ってます (^.^)v」というのも嬉しいですねぇ。



ちょっと近よって((桐たんす選びのポイント) - 2011.08.23 Tue

今回のポイントは、店員さんに頼まなくても、ジッと見たら、すぐに見分けることができるものです。

それでいて、あまり知られてないのでは?・・

桐箪笥・開き戸の両掘り

開き戸を吊る、ちょうつがいを、開き戸と本体の両方に掘り込むというものです。
これがポイントです!

桐箪笥・開き戸の両掘り

おおかたの桐たんすは、開き戸側のかき込みだけです。

両方を掘ろうとすると、深さの加減、前後の出具合にも神経をはらう必要があるので、熟練の技が求められるからです。

桐箪笥・開き戸の両掘り

しかし、こうする事で、耐久性を高められます。

桐箪笥・開き戸の両掘り

ただ、現実には、おそらく、両掘りのものは、現代ではわずかだろうと思います。
きっちりするには、手間がかかりますからねぇ。

ですので、片掘りが悪いというのではありません。

桐箪笥・開き戸の両掘り

ただ、両掘りのものであれば、「より伝統的な技の反映された、質の高いものです」と声を大にして言いたい、ということです。

わが社では、この作業はきむやしゃさんの専門です。

桐たんす業界では、ちょうばんりょうぼり(蝶番両掘り)と呼ばれる技法です。

思い出のアルバム - 2011.08.20 Sat

今回は、わが社のいちざえもんさんの仕事を紹介させて下さい。

アルバム入れ

父であるお客様が、三人のお子さんのために、『末永く残せるアルバム入れ』を作って欲しい、と注文を下さいました。

それを受けて、いちざえもんさんが、いつもにも増して、気持ちを込めて作ったものです。

アルバム入れ カエデ カエデ

必要な大きさ以外は、細かな指定のないものでした。

取っ手の部分にだけ遊びを取り入れて、カエデサクラタモの木で自作しました。

アルバム入れ サクラサクラ

それが、いいアクセントになっています。

「これは、ぼくの!」と子供たちが言えるように、という配慮でもあります。

塗装はあえてせずに、桐そのものの風合いを残しています。

アルバム入れ タモタモ

しっかりしたアリの組み手は間違いのないものですし、密閉度の高いかぶせのフタはアルバムをしっかりと保存します。

桐の木の特性を活かしたものですね。

アルバム入れ


いちざえもんさんは「職人冥利につきるっ!」と、言っていました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる