大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2011-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックな桐たんす - 2011.09.25 Sun

桐たんす
シックというのもピッタリしないんですが、うちで一番、清新な桐たんすのデザインだと思います。

桐たんす
すきっとしていて赤い紫檀のラインが効いています。

桐たんす
さらに、本体のぐるりの内側に一分(いちぶ)(約3mm)の紫檀が入り、

桐たんす
引き出しのある下部はフラット(ベタ面)になっています。

桐たんす
棚板を前まで出さず、引き出しがかぶる形式です。(これは変更も可能)

桐たんす
中味は桐たんすのスタンダードなものですが、
衣装盆は、宮盆と呼ぶ、二つの繰り込みのあるもので、これまた紫檀を上はしに施しています。
桐たんす

金具も雰囲気に合うように四角いシルエットのものにしました。
桐たんす

足元の部分も、こってますね。
桐たんす

いかがですか。
スポンサーサイト

桐たんす職人流だんじりルポ2 - 2011.09.23 Fri

だんじりの彫り物

祭やってる人はみんな「自分とこのだんじりが1番や!」て言うんですね。
1番速くて、きれいにやりまわしをするって。

そして、だんじりの彫り物も自慢ですわ。(全てケヤキの木から掘りだしています)

だんじりの彫り物

もそもそと首を突き出してるのは、龍やら架空の麒麟やら、らしいです。(これは春木旭町のです)
後ろにはそのおっきなんもおります。(これは筋海町のです)

だんじりの彫り物

これはもう町々でユニークなんですけど、だいたいは「大阪はええぞー」っていう彫り物ですね。

春木旭町は秀吉さんがテーマになってまして、
まずは秀吉さん本人。

だんじりの彫り物

賤ヶ岳の戦いが繰り広げられています。
だんじりの彫り物

して、上のほうには千利休さんと同席中の秀吉さん。
だんじりの彫り物
仲睦まじき時の絵ですね~。

ほんまにすごい彫り物ですよねぇ。
おもしろいですしね。


一方、筋海町のだんじりは大阪夏の陣が描かれておるそうで。

だんじりの彫り物
奥には真田幸村や後藤又兵衛もいます。(写真はちと無理でした)

これは加藤清正の九州征伐で、敵味方スゴイにらみ合いです。
だんじりの彫り物

そして前の方には、ほら貝を吹く山伏ですか。勧進帳の弁慶でしょうか?読み物をしています。
だんじりの彫り物 だんじりの彫り物

筋海町も負けてません。

口にこそ出さないものの、いちざえもんさん、キムヤシャさんは「自分の町のほうが上やー!」て思ってますね。

ここまでのものは、物作りの職人ならずとも目をひかれるのではないですかねえ。
だんじり祭りの見所の一つです!

桐たんす職人流だんじりルポ1 - 2011.09.19 Mon

祭をちょろっとのぞいてきました。
ここ数年、たんすの売り出しと重なっていて、二人の晴れ姿は、「久しぶりと初めて」なんです、じつは・・
で、休み時間に「記念写真」なんかも撮りまして、
左が「いちざえもんさん」の春木旭町、右が「キムヤシャさん」の筋海町ですね。

だんじり祭 だんじり祭

だんじりが疾走する商店街の二階は、見物の特等席ですねえ。
その一つに世界的デザイナーの「コシノ」家もありまして・・
この10月から、NHKの朝の連続デレビドラマに登場いたします。

だんじり祭 だんじり祭

夜は、だんじりに提灯をよーさん吊り下げまして、ゆっくり引いて行くんです。
ピンクの看板がドラマの宣伝でして、右の写真にはコシノさんのどなたでしたか・・後ろ^^;を向かれてしまいましたが・・・




でもって、なかなかいい写真は撮れませんわあ・・
移動が制限されつつ、動きも速っいし
で、唯一、屋根の上のかっこいい「キムヤシャさん」(やはり後ろ姿ですが・・・;;)の写真です。
向かって右、うちわをあげております^O^


          だんじり祭



昼休みあと、これから午後のやりまわしに向かう前「あいさつ」をかわす上役と大工方、
屋根の上で準備する大工方です。
やや潜入の写真ですね。
ピリピリ感が伝わります。

だんじり祭 だんじり祭

で、屋台なんかも岸和田らしく、
子供のハッピ姿はかわいらしいですね。
もっと小さな、小学校まえの子どもも夜はだんじりを引かせてもらえて「ソーリャ、ソーリャ」って、おっきな声でねえ。^^

だんじり祭 だんじり祭 だんじり祭

で、おまけは、だんじり当てられたらかなわん!!のでガード、
と、ごくごくわずかですが・・・花代寄付のわたくし「学光」と。^^

だんじり祭 だんじり祭

とまあ、全く迫力も何もない「だんじりルポ」ですが、映像はネットにおまかせして、
もう一回くらい、「桐たんす流だんじりルポ」の予定ですっ。

桐箱・花台作り体験の案内なんですが - 2011.09.17 Sat

今日17日(土)あす18日(日)大阪南港ATCにて、『大阪アート&ハンドメイド バザール』なる催しがあります。

「総勢888人の作家が大集合」というふれこみですので、色んな作品に出合えそうです。

hand1.jpg
  クリックで画像が拡大します。
詳しくはこちらです。

大阪泉州桐箪笥も、まいどまいどの桐箱と花台作り体験を行います。
hand3.jpg

hand4.jpg

桐箱・花台とも、小500円、大1000円です。

入場料当日で600円はかかりますが、アートに興味のある方、桐の箱の欲しい方は(桐箱は額面以上の値打ちのものです!)、どうぞお越しください。

今回、私は担当ではないのですが、ベテランの工芸士がお手伝いをします。

hand2.jpg

その他、大阪の伝統工芸の体験が出来ます。

大阪唐木の「箸」も人気ですよ。

秋のおとずれ。だんじり祭です。 - 2011.09.13 Tue

今週末には、いよいよ、岸和田ではだんじり祭なのです。

夜には駅前の提灯にも灯が入り、

だんじり

仕事帰りには、鳴り物の音が聞こえてきます。
テーンケテン。 。 。テーンケテン。 。 。テンケテン。 。 。

青年団が笛やら太鼓、鉦のけいこですねぇ。
なんか、いいもんですよねえ。

から、いきなり速くなって、ケデンケデンケデン・・・
なんや、つられて速歩きになってますわ。



自分はバリバリの東京生まれ東京育ちなので、祭は参加していませんが・・・

会社はバリバリの岸和田なので、いちざえもんさんが春木旭町、キムやしゃさんが筋海町のだんじりを引っ張ってます。
正確に言うと、キムやしゃさんは、屋根の上ですけどね。

だんじりのタオル

各町ごとのだんじりタオルが出ます。色も幾つかあるらしいです。

やけにかわいいピンクですが・・・



空も秋の気配です。

秋の空

和歌山までは車ですぐなので、よく地場産のものを買いに行きます。

初栗が出ていました。
毎年、ここのを買っています。

秋の栗くり




ところで、半年たった、東北の現状を伝える報道を見ると、生活の復興が全く進んでいないことに、驚きます。

自分は桐たんすなぞ作ってる場合なのだろうか、と思いもするのですが。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。