大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2012-04

スイレンとハイビスカスの植え替え - 2012.04.30 Mon

知っているかたには
「えらい遅っそいやん!」
と言われそうですが^^;

根がパンパンで、かわいそうな事になってましたもんで・・・
ハイビスカスサン。

      ハイビスカス 植え替え

とにかく植え替えにゃあならん ということで

ゴールデンウィーク前半、セッセと植え替え作業に精を出しました。



ふるいなども使い赤玉土。
腐葉土は3割くらいが教科書には書かれてますねえ。

ハイビスカス 植え替え ハイビスカス 植え替え



一方のスイレンちゃん・・

やはり、こちらも根詰まりでしょう。
花はカレンなスイレンですが、土の中はこんな感じですよねぇ。

      スイレン 植え替え


高さは低いものの、大ーきな鉢に移し替えてみます。

スイレン 植え替え

ものの本には、スイレンは根が横に伸びる、ということですんで。




こんな具合に収まりまして・・

スイレン 植え替え



水おけ代りの味噌の樽に投入。

スイレン 植え替え



ハイビスカスも一回り大きな鉢に植え替え終了。

      ハイビスカス 植え替え

落ち着いたら、固形の肥料を施します。
ハイビスカスはまだしも、スイレンのほうは間に合わない・・可能性が・・


は~て?・・どうなるやろかなぁ?




ブログランキングに参加しています!
  クリックしていただけると、嬉しいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
  こちらもよろしかったら、^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

初音の家具 (うちのお店です) - 2012.04.27 Fri

うちのお店の紹介をさせてください。

初音の家具

『初音の家具』といいます。

桐たんす 

桐たんすに関しては文句なしのラインアップです!

桐たんす 

塗りの桐たんすも数多く展示しています。

桐たんす


その他、桐たんす以外の婚礼家具などなどなども多数取り揃えております。

初音の家具 初音の家具

初音の家具 初音の家具 初音の家具

初音の家具 初音の家具

外観はこのように・・
        初音の家具
表にも駐車スペースがございます。


岸和田・国道26号線『荒木町北』の交差点にあります。
(地図上の電話番号が間違っています。正しくは072-443-8835です)

大きな地図で見る

大阪側から来るとこのように・・
初音の家具

交差点を海側に折れすぐ左折していただくと
初音の家具

店の裏手にも駐車スペースがございます。

【初音の家具】
   9:00~19:00 
   火曜 定休

〒596-0004大阪府岸和田市荒木町2-18-5
TEL:072-443-8835 FAX:072-443-8837
です。


みなさまのご来店、お待ち申しあげております!



宣伝にて恐縮なのですが・・・
  クリックしていただけると、ありがたいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

  こちらもよろしかったら・・・
     人気ブログランキングへ

ナナメから桐たんすを見る - 2012.04.21 Sat

   正面からでなしに・・
    ナナメから桐たんすを見ます。

        こんな感じに。
          桐たんす

         扉の部分ですが、仕上げに塗ったロウの具合が見て取れます。
         (写真なので、分かりやすいとは言えませんが。)

         今回の写真は全てクリックで拡大します。



桐たんすでは、最後にロウを塗り仕上げます。
   『ロウ付け』と呼んでいる作業です。





ナナメから見ると
   そのロウきれいに付いているのか、
              塗りムラがはないのか?
              を見ることができます。


「留め(とめ)」と呼ばれる木と木が45度にに合わさるところなどは、さらに技がいりますね。
      上戸の角の部分がそのようになっています。
       (別の桐たんすですが、写り具合で色の印象が違っています。)
         桐たんす


写真では分かりにくいかも知れませんが、
実物を前にして、のぞき込んでみると分かります。

  「塗り残しはないやろか?」

ま、売り場でこんな格好をして桐たんすを見ていたら・・
やや・・かなり?・・あやしいですけど・・ね^^;



     わが社の桐たんすの色付けは、
     全てキムヤシャさん(キムヤシャさんのFace bookはこちらの手によるものです。


     桐たんす製作の工程は、もちろん全て大事ですが、
     特に、色付け・金具付けをする『仕上げ作業』重要ですよねー。
       その桐たんすの印象を決めてしまいます。





簡単にですが  「仕上げ作業」の流れを見て見ましょう。


まず「目(木目)を立てる」という工程があります。
桐たんす

写真に見える「うづくり」というタワシ状のもので、
木目を際立たせるというものです。

冬目(いわゆる年輪の部分)は固く、そのまま残り、
わやらかい夏目(年輪の間の白い部分)は、やや凹むことになります。



次に「とのこ」を塗ります。
桐たんす


そして「ロウ付け」
桐たんす

やや高く残った冬目、1本1本にロウを乗せて行くのです。

力加減も大切で、弱ければ乗りませんし、
強すぎると、ロウが焼けたようになってしまいます。

ムラなく、全面にロウを付けていくのは、やはりですね~。



仕上げ職人の「キムヤシャさん」も、実に丁寧な仕事をする職人さんなんです。




大阪泉州桐箪笥の色付け、
特に、わが社の色付けは
明るさが特徴の仕上がりになっています。

      桐たんす
時代によっても、その色合いは好みがありますが、
特に、近年は現代風の部屋にも合う洗練された仕上げになっていると思います。


   ブログランキングに参加しています!

  バナーをクリックしていただけると、ありがたいです。 
      wasou1.gif
  こちらもよろしかったら、ぜひ ^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ

桐たんすの再生風景  - 2012.04.15 Sun

桐たんす再生木地部分の作業を、かいつまんで紹介したいと思います。
   (写真には別の桐たんすのものも混じっています。)

 わが社に寄せられる桐たんす再生の、ほぼ全ては「ふじたかさん」が手がけてます。


実に丁寧な作業をする職人さんでありまして・・
桐たんすの再生・修理(洗い替え) 桐たんすの再生・修理(洗い替え)

                 破損の大きいものもは、ボンドを入れ、締め直しをします。
                  (別の桐たんすの再生写真です)

  他メーカー、他産地の桐たんす再生する事も多いです。
  修理の程度も様々なものがありますねえ。


背中(背面の板のこと)が割れてしまい、向こうが見えるような状態です。

桐たんすの再生・修理(洗い替え) 桐たんすの再生・修理(洗い替え)
                       木釘を打ち、すき間を別の桐材で埋めます


桐たんすの再生・修理(洗い替え) 桐たんすの再生・修理(洗い替え)
くさび状の桐材を入れます。            このように修復されました。



欠けている角の部分も、木目に合わせ補修します。
桐たんすの再生・修理(洗い替え) 桐たんすの再生・修理(洗い替え)
                      大きくはがれてしまっているものも・・



     引き出しの上端すき間ができていたため、
     これもふさぎます。
        桐たんすの再生・修理(洗い替え) 
      (着物の収納のため、ですよねえ。)



  補修のあとは、削り直しをします。(これは別の桐たんすですね)
  左半分だけを鉋かけした様子です。
桐たんすの再生・修理(洗い替え)
      きれいになって行ってますねー。



     桐たんすの再生(洗い替え)は、
     新品の桐たんすを作るのとはまた違う勘どころがあります。
     なので、「ふじたかさん」お任せなのです。

     この修理であり再生は(リフォームなどと言ったりしますが)
     「新たな命を吹き込む」ということかも知れませんね。

     お母さんの桐たんす、おばあちゃんの桐たんす、その思い出の品が、
     娘さん、お孫さんの桐たんすとして生まれ変わります。




  左の桐たんすが、右の状態にまで再生されています。
桐たんすの再生・修理(洗い替え) 桐たんすの再生・修理(洗い替え)

  この後は、「色付け」と言われる着色仕上げの作業です・・


 完成したら、もう一度アップする予定ですので・・
 よろしくお願いします!



   ブログランキングに参加しています!

  バナーをクリックしていただけると、ありがたいです。 
      wasou1.gif

  こちらもよろしかったら、ぜひ ^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ

お花見日和 ^o^ - 2012.04.10 Tue

関西の先週末、お花見には最高でしたねぇ。

  根来寺 お花見
    今回の記事の写真は全て、クリック拡大対応になっています




    なかなか暖かくなり切らず、猛烈な風がきたりと、モヤモヤしていましたから、

    この土日、唯一最高のタイミングでした!

       根来寺 お花見




    という時に、わたくしは、桐たんすの販売に行っておりまして・・

     花見には行けず





 この桜は

   根来寺 お花見


  嫁さん撮影のサクラでございまして、




     車で40分ほどの和歌山・根来寺のサクラです。

       根来寺 お花見

   固~い記事ばかりでしたから、
   のんびりと静かに、花を愛でることにしましょう

  


ブログランキングに参加しています!
  クリックしていただけると、嬉しいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

  こちらもよろしかったら、^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる