大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2012-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圓通寺の紅葉&高台寺をちょっと - 2012.11.25 Sun

   紅葉がまっさかりですねえ。
   おととい、京都へ行きました。

 圓通寺
   (写真は全て、クリックで拡大します。)

   圓通寺(えんつうじ)です。
   知ってはりますか?

   カメラではとらえられていませんが、比叡山を借景にしたお庭なのです。
   いやいや、見事でした。
 圓通寺 紅葉
   
   何を隠そう、自分もおとといの昼ごろまで、知りませんでした。
   朝から訪ねた『高麗美術館』の受付の方に教えていただきました。

   「この近くで、紅葉のきれいなところはありますか?
   旅の楽しみですよねえ。

   
                  緑と黄色のコントラスト!ですよねえ。
                 圓通寺 紅葉

           面白く配置された石に色とりどりの葉が落ちているのが、また・・
          圓通寺 紅葉

   けして有名ではない(?)ぶん、ゆっくりと見ることができます。 
  圓通寺 紅葉

                   お庭だけが撮影可です。
                   これはおもての鐘。
                  圓通寺 紅葉
            撮影不可のところに「ええなあー」という景色がいくつもありました。。

     
大きな地図で見る



  所かわって、こちらは大賑わいの高台寺の夜間拝観。
  入ってしばらくは渋滞がおきます。

    けど、お月さまも出ていたり・・ 
   高台寺 紅葉 ライトアップ

             自分のカメラでは、全く手に負えてないですが、
             池に写り込む紅葉は一見の価値あり!でした。 
            高台寺 紅葉 ライトアップ
           影絵を見るようですねえ。。歩いている人まで景色の一部のような。


  最後はちょろっと、鴨川です。
  川べりの桜の紅葉もベストでした。
 圓通寺 紅葉

で、さらに紅葉では、ブロともさんのもので、自分のものよりももっと素敵なものがありますので、
よろしかったらぜひ!ということで、ご紹介を。

*yoshimin*さんの、言わずと知れた京都の『永観堂』
京都 永観堂禅林寺の紅葉2012です。
右の欄にある【期間限定】のスライド写真がとてもいいので、こちらもおすすめです。
   
もうひと方は、naraspaさんの奈良の紅葉です。
奈良雑記 古き都の四方山の・・
こちらは、幾記事にもわたって素晴らしい景色、素晴らしい写真を見ることができます。
ぜひ、拡大をしてごらんくださーい。

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    
スポンサーサイト

ノーベル賞の山中伸弥教授に。 - 2012.11.18 Sun

みなさん、こんにちは。
いつも、このブログをのぞいて下さってありがとうございます。


「今ごろ、山中教授って、乗り遅れてるやん!」なのですが、
こんなニュースを、最近知りまして・・
   産経ニュース
   『府民の誇りや! 山中教授に感動大阪大賞』(リンク)

ノーベル賞を受賞された山中教授に、大阪府から、桐たんすが贈られたという記事です。
そう、大阪の桐たんすといえば、わが「大阪泉州桐箪笥」です!


   その桐たんすに関する『大阪府知事の記者会見』(リンク)

桐たんすと言っても、着物がおさまる大きさのものではなくて、
30センチ四方の3段の小引き出しなのですが、
わが社の桐作品を、大阪府を通じてお贈りさせていただいた、という記事です。



       この形の、時代仕上げの物。 です。
        和装小物入れ 拡大
        (準備不足の写真違いにて、失礼をば!)
        (クリック拡大します。)

じつは、これは、自分が少し前に作ったものだったんですねえ。
知らないうちに・・

自分が何かした、というわけではないですけども、ちょっと嬉しいですよねえ。

この小引き出しにノーベル賞関連のものなんかをしまっておられるかも?
などと、想像してみるものです。
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    

「週1更新でこれだけかい!」という小ネタで恐縮ですけど・・
その分、次回はもうちょいと早めに、出そうかな?ともくろんでおりますので・・
ご容赦を。



手仕事と機械 - 2012.11.11 Sun

桐たんす作りは手仕事。
もちろんそうなんですが、機械も使います。

といっても、電気で動いてる機械を手作業で使うレベルですね。

例えばこんなふうに木を90度に切るものであったり
木工機械 

板を一定の厚みに削るものなどです。
木工機械 

昔の職人さんはこんな作業も全て手作業でしてました。
印しを付けて、手ノコギリで切り、手鉋を使って合わす。




ところで、桐たんすに納められている衣装盆
たいてい角が丸くなっています。
桐たんす 衣装盆
内側も当然のことながら丸。


この部分は、厚みのある木から、中間部をすくい取って作ります。
(注:違う作り方をしている衣装盆もあります。)
桐たんす 衣装盆 桐たんす 衣装盆
                      赤で囲った部分を落として右のように。


すくい取る部分の中間部分(赤で囲った所。)は機械で落としてますが、端に近い所はムリ。
(この写真では、もう既に加工されています。)
桐たんす 衣装盆 桐たんす 衣装盆の細工
                       丸ノコでこんなふうに上下から刃を入れます。


どうするのか?

これまでは専用の鉋で(端が丸くなっている鉋)ガリガリと削ってました。
鉋
(これも、写真は加工済みで、その部分にイメージ的に鉋を乗せた状態です)

この方法は時間もかかる上に、きれいに行きにくいんです。


これをちと、変えたれーという試みです。


ホームセンターで、こんな刃物を探してきて・・先端のガイドを切り落します。

(シールの図を見てもらうと分かるのですが、元々はガイドが付いています。
本来とは違う使い方をするので、じゃまになるんです。)
ルーター ルーター
                      ルーターというこんな道具に刃をセットして、
                      すくいとります。

はしっこが、いい具合の丸になってます。
これを4回。
ルーター ルーター
                      4回目は台が外れてしまうので、
                      同じ厚みの「木」を置いて走らせます。

という工程です。


言ってみりゃあ、なんてこともない、僅かのことでけどねぇ。
でも、自分で考えて、工夫をします。

仕事って、案外、こんなもんかなあと。
ごくごく、些細な、ちょっとしたことが大事で、
そのちょっとを変える事、ややもすると、気づくことそのものが、案外難しいのかもしらん。。


この後は45度に切り、形にします。
この後はいつもの作業ですなんです。
桐たんす 衣装盆 桐たんす 衣装盆

                      最後にこんな鉋でならして仕上げます。



   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       

ポンポンポンと石川・富山 - 2012.11.05 Mon

       今回の旅行は、石川からお隣りの富山のそこかしこ、
       「けんぱ」で、ピョンピョンと回ったもんで・・・
       まとまりなく、風景のスライドショーになってます。

金沢市、「しいのき迎賓館」2階からの紅葉です。
金沢の紅葉
緑の丸がちょっと面白いかな?と。(今回の写真はクリック拡大します。)


庄川温泉郷(富山県)のクルーズ船からの山々・・
庄川温泉クルーズの紅葉
ですが、例年はもっと鮮やか!だそうです。


富山県、井波の瑞泉寺(ずいせんじ)。山門の彫り物です。
雨も降り、暗く、写真はなしですが、瑞泉寺の堂内は井波彫刻が随所にしつらえてあります。
見事!の一言。
ここも短い時間滞在だったので、今度は個人でじっくりと見て回りたいですねえ。
    井波彫刻 瑞泉寺 井波彫刻
この町の表札は干支の彫り物がついています。
伝統ですよねえ、ほのぼのとしていて、かわいらしい。
ウサギなんかもいますし。     (今回の写真はクリック拡大します。)

    井波彫刻 井波の表札
井波の町では、表から職人さんの仕事を見ることができます。
そう!同行のMさんが、右上に写り込んでました。
んー!真剣な眼差し! 心霊写真のようで、ちょっと面白いですよねえ。


メインの工芸品フェスタ in 石川の会場です。
ここも、我々は30分ほどの滞在でした。
 kanazawa16.jpg kanazawa19.jpg
    (今回の写真はクリック拡大します。)
 kanazawa17.jpg kanazawa18.jpg
                    体験コーナーも、まだ始まってませんし。。


ここは、三方五湖(みかたごこ)(石川県) ⇒(ここは福井県でした。)
ロープウェイを上がった、見晴らしのいい所でした。
      三方五湖

映画のオープニングのような、雲間からの光がぁ。 (今回の写真はクリック拡大します。)
      三方五湖


金沢でも、2重の虹に遭遇したり、 ⇒ちょっと前の2重の虹の記事
  二重の虹


小松駅には「コマツ」の公園があり、
タイヤが4メートルもある、巨大なダンプを見たり、
   コマツ コマツ
足長の巨人も写ってますねえ   (今回の写真はクリック拡大します。)


九谷焼美術館で、九谷焼の傘立て。
館内の作品の写真は撮れませんから、これだけでも。。
 九谷焼

そして、紅葉をながめつつ、
        石川県九谷焼美術館の紅葉  
ちょっと露出を下げたほうがよかったかも知れませんねえ。  
(今回の写真はクリック拡大します。)
でも、ほんのりした気分は伝わるかと・・

てなことで、ポンポンと。

写真はなしですけど、八尾(やつお)の曳き山も見たり、
足早にあちこちと行き、美味しいものをいただくという旅でした。

そして、他産地の伝統工芸士さんとの親睦の宴席がありました。
これが、一番の目的でしょうか。
偶然にも、「加賀友禅」と東京の「村山大島紬」の工芸士さんの間の席で、楽しい話をうかがつつ、
大阪の桐たんすも売り込んで来ました。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。