大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2013-05

桐たんすの 引き出しを 仕込む! - 2013.05.24 Fri

桐箪笥の引き出しは密閉度が大事です。
桐たんす 引き出し

引き出しと本体とはピッタリ接しているか、すき間があってもごく僅か、です。

仕込みの時は、こんな感じでのぞき込んで、きつい所を見つけ、
桐たんす 引き出し

慎重に、少しずつ引き出しを削って行きます。
桐たんす 引き出し

これを『削り込み』と呼んでます。

いわばギリギリの所を攻めるわけなので、
しばしば、どっかきついんやけど、よく分からん!てなことになります。
箪笥の内部でつかえているのです。

そうならないように、あらかじめ本体の奥のほうは少し広げて作ってありますが、
どうしてもそんなふうになってしまう事があります。

そんな時の一つの手立てが、
あらかじめ本体に塗ってあるロウ
(滑りを良くする為のものです)
桐たんす 引き出し

きつくてこすれた所はそこだけ光って見えます。
桐たんす 引き出し 桐たんす 引き出し

触った感触も、他の所と比べてサラサラ度が強いです。
桐たんす 引き出し
その部分を鉋で、少しずつ削って行くのです。

引き出しの前の部分を横からのぞいていますが、
一部分、光具合がより強くなっているのが見てとれますでしょうか?
桐たんす 引き出し

こんなところが、桐箪笥作りの最も手仕事的な作業と言えるかなあと、思います。

   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
スポンサーサイト

大塩正史さんの赤膚焼・おちょこ特集 - 2013.05.06 Mon

     大塩正史 赤膚焼 おちょこ

ブログで親しくさせていただいている
『イミュウと私の Small Town Talk』 Coucou の いくこさんとのやり取りの中で、
(かーなり前のことですが・・)
大塩正史さんの赤膚焼のおちょこ特集をという話がありまして、

     おちょこ特集です!

いずれも愛らしいおちょこなのですが、全て載せるわけにもいかずピックアップにてのご紹介です。
  クリック拡大にてごらんください!
大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ 大塩正史 赤膚焼 おちょこ

見せるだけ?なの?と言われそうですが・・・

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ  

以前の赤膚焼の記事です。
・女性の方からの注文が多いそうです
・やさしいマグカップ(赤膚焼きの)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる