大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2014-08

天川村 洞川(どろがわ)温泉 『奥村宗助』さん - 2014.08.24 Sun

お盆の休みに、我が家でよく行くのが洞川です。
奈良県なんですけど、山の上、水が豊富で、とにかく涼しいところです。

川の流れが速くて蚊がいない。
天川村 洞川 天川村 洞川

(この記事の写真はクリックで全て大きくなります。)

前回訪ねた3年前にも、少し紹介をしていますけど、もうかれこれ4回目のリピート。
風情のある町並みの両側に宿がならんでます。
天川村 洞川 奥村宗助 天川村 洞川
左の写真が旅館「奥村宗助」さん。
ほかの旅館の縁側ではごろ寝の人がいたり・・

「奥村宗助」さんは川の流れている側に立っていて、川を走る風は最高に涼しいんです。
川原では川遊びや釣りする家族連れもいてはります。
天川村 洞川 奥村宗助 天川村 洞川 奥村宗助
また部屋は二間ぶち抜きになっているので、風も通るし、ここでの昼寝は夏とは思えぬ快適さ。
むしろ半袖じゃあ寒くなってくるくらい。

暑い大阪に住む者には夜窓を閉めないと寒いです。

これはアマゴ。
天川村 洞川 アマゴ
その他に、アユの塩焼きも名物です。


左の写真の真ん中にちっさく写ってるのが、吊り橋。
龍泉寺から上がって行く遊歩道の先にあります。
天川村 洞川 天川村 洞川
温泉街から15分くらいもあれば到着します。

左はそこからの眺め。
ちょいとこわい、くらいの高さはあります。
天川村 洞川 天川村 洞川 
右はまた別の面不動鍾乳洞へのトロッコ列車。

その到着点からの眺め。
天川村 洞川

その入り口と、内部。
天川村 洞川 天川村 洞川
絶妙のブレ具合がこれから鍾乳洞って感じです。


グーグルマップの経路で見ると大阪から2時間ほど。

途中で道の駅なんかに寄っても、だいたい3時間くらいの行程でこんな避暑地とも言える場所に行ける。
至福の場所です。



なんといっても天川村から連なる大峯山寺紀伊山地の霊場と参詣道大峯奥駈道は世界遺産に指定されてます。


最後に「奥村宗助」さんのお料理を。

右は自家製味噌の朴葉焼きです。
 天川村 洞川 奥村宗助 天川村 洞川 奥村宗助


天川村 洞川 奥村宗助 天川村 洞川 奥村宗助
名水おぼろ豆腐。これはいつも楽しみにしてるんです。

とにかく、自然につつまれたところで自分らは涼みに、くつろぎに行くんです。
特になにがある、ということもないのですが、まだまだ全然魅力を伝えられていない気がします。
キャンプ、射的、夕涼み、ゴロゴロ水、こんにゃく、コンフィチュール、星空、もう一つの鍾乳洞・・
やっぱりこれは行ってみないことには・・ですねえ。

けど、もうすぐスポンサーも点灯してしまいそうですし・・
ざらざらっとしたまとめですけど、ぜひぜひ一度行ってみて欲しいところです。
宿はいろいろありますからねえ。

    よろしかったらクリックを!

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (11)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる