大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2014-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲 散歩 - 2014.10.27 Mon

東京、吉祥寺に行ったら、ぶらりと立ち寄るお店
その名も『散歩』です。
散歩(コーヒー)

ここへは、豆を買いに行きます。
注文を受けた生豆をその場で焙煎してくれる。
『散歩』の最大の売りです。
散歩(コーヒー)
もちろん、コーヒーも飲んでくつろぐんですが、
必ず豆を選んで買う。
それが楽しみです。

店内は、コーヒーの香りに満ちてます。
散歩(コーヒー)
なにせマスターはずっと豆を煎ってますから。
コーヒー職人!
手前には豆の袋らしきものが積まれてますねえ。
マスターのコーヒーへの愛を感じます。


世の中に、自家焙煎をうたってる店は多いですが、
焙煎してからずいぶん日にちの経っているものを売ってる店も少なくない。

『散歩』のような店はなかなかありません。
煎り具合もオーダー出来ます。

『自家焙煎 珈琲 散歩』のホームページ

電話やFAXでの注文もできます。
とにかく香り、味、おいしさが違います!
ほんとのコーヒーに出会えるお店です!
       

          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


で、この9月に買ったのがこれ。
農園の名前も書いてあります。
散歩(コーヒー)

もちろん挽いてもらうことも出来ますが、もちろん豆のまま。
散歩(コーヒー)
飲むその時に、粉に挽く。
コーヒーをおいしくいただく基本です。

うちには一応、こんなポットもあったりして、
散歩(コーヒー)
新鮮な豆はお湯を注いだ時の粉のふくらみが違う。

焙煎してから日にちの経ったもの、粉に挽いてから時間の経ったものはこうはいきません。
散歩(コーヒー)
鮮度が一番。

店内でのコーヒー写真がなくて、自宅で煎れた時の写真ですが、
そこいらの喫茶店のコーヒーよりもはるかにおいしい。(と、自分で言っておきます。)
散歩(コーヒー)

本当においしいコーヒーは、ミルクも砂糖もお菓子もいらなくて、
コーヒーそのもので味わえるもんです。
ほどよい苦みがあるけれど、いやな感じで残ったりすることはありません。

そんなコーヒーと出会えるのが『珈琲 散歩』
お気に入りの場所です。

     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。