大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2015-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平坦じゃない平坦への道のり - 2015.04.25 Sat

この4月、2人の新人社員さんが入り、桐箪笥修行に励んでます。
あらためて、道のりは平坦ではないなあ、と思うものです。

自分の時など思い出しつつ、
彼らのためにもなる、であろう記事を。

「まっすぐ」、です。
いたってシンプル‥でも深い。

まっすぐ、平ら、というのは全ての作業の基本となるものです。
でも、長年仕事をしてると、案外なおざりにされてるんじゃないの?って感じるテーマです。

例えば、
鉋 桐 鉋 桐

ひき初めのうちはいいのですが、最後は鉋の台が部材を外れるので‥‥
勢いをつけてシャッとひく。

鉋というのは、均一な厚みの鉋くずが出るもの
これが基本ですが、横から見たとしてみると‥
鉋 桐 鉋 桐

この引き抜きぎわ、鉋の重さのまま下向きにひいてしまうとガクッとなって、
木の端がだれる、丸まるという状態になります。

だから、まっすぐ引く。

ただ、この記事の一番初めの写真のように、上から押さえて鉋を引いていると
まっすぐ引いてるつもりでも、やや上に向かって引っ張りがちなもんです。
(ついビビッて。)

横からのイメージで言うと、こう。
鉋 桐

ひき終わりがどうなっているか?
この意識が大事だと思っています。





さらに、鉋をまっすぐひくためには手の動きだけでなく、
鉋の台が平らさ、つまりはまっすぐになっている必要があります。
これに関する記事もありますが、かゆい所に手が届く!【台直し鉋】

台が凸凹で、歪んでいたらいくら小細工しようとしても、まっすぐ進みません。

これも、色々あって一言では言い表せませんが、普段の仕事では、完全平らにするのではなく、ポイントを押さえた平らにします。

       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

また、砥石

これも平らにして使いなさい、というのが基本
これも記事にしたものがありますが「砥石も研ぎます」
研ぎの場合も砥石の端の使い方というのは難しいものです。

砥石の平らを維持しながら研ぎ進めるには、理屈で言うと、
砥石全体を使いつつ、ストロークの始めから終わりまでを同じ力で研がないといけない。
鉋 研ぎ

でも、自然と、最初と終わり(つまりは砥石の端)では力もゆるむので、中間部がえぐれてしまう。
可能な限り(ガクッとならないように、怪我などしないように)上下の越えて研ぐ。
鉋 研ぎ 鉋 研ぎ

同様に左右の端も力がゆるみます。
だから、なるべく長いストロークで砥石全体を使う。
左右にも移動させながら研ぐ。


(もちろん刃物の種類、砥石の状態によって全体でなく、一部を使うこともありますが‥)

ただ、一般的に斜めに保持する鉋の刃であれば、
始めから均一に使うことを放棄してるとも言えます。

なので、刻々と変形して行く砥石の中で、いかに平らを保つようにしながら、
変化の少ないうちに研ぎあげるか?
が研ぎのポイントと言えるのだろうと思っています。




またまた、刃物のしのぎもまっすぐ、が求められます。
鉋 研ぎ
これも簡単ではありませんが、

砥石は、段階を追って細かい凹凸のもので研ぐもので、
刃先が丸くだれていると、その凹凸が刃先にまで触れない、触れにくくなる、
ということがあるからです。



長々話してきましたが、
基本でありながら、すぐには感覚がつかめないものかも知れません。
少しも新人向きの内容じゃないのかも知れません。

そしてこのまっすぐ話、じつはまだまだ続きがあるんですが‥今日の所はこのくらいで。

何より皆さんにとっては分からん??という話で申し訳ないのですが、おゆるしあれ。。

         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。