大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらふらっと、大原美術館 - 2012.07.18 Wed

大原美術館、本館前のロダンの像です。
       大原美術館

岡山に行っている間にも、ブログに来て下さって、応援などもしてくださる皆さん、
いつもありがとうございます。

で、その岡山への搬入終了後、ちょっと時間があったので、
ひと駅電車に乗り、倉敷をぶらっとしてました。

こんなところを、ずいずいと進んで行って、ひょんと見ると、さすが倉敷!
倉敷 倉敷

「たばこ」と「琴」が一緒に売ってます。

で、さらに、ずずいと行き、うねうね道にいざなわれるように、大原美術館へ。
       大原美術館

さて、大原美術館には何があるんやろか?

と見ると「河井寛次郎」の名前が!

そそくさと入り込んで、
「あー」とか「うーん」とか言いながら、
上から見たり、下から見たり、じっくりと。


時間のことなんぞ忘れて・・・

思わぬ展開でしたねえ。
岡山の桐たんす販売にこんな時間が待ってるとは。

大原美術館 大原美術館

作品一つ一つをあらゆる角度から写真に収めたい!
いや、ひとつ持って帰りたい!

2階にもたくさんの河井寛次郎がありました。
階段を上がった時には「あイタぁー!」と唸りました。


東洋館、西洋絵画もササっと見ると、もう閉館時間です。

       大原美術館

もちろん、その後の桐たんすの販売もちゃーんと・・・

いちおう『河井寛次郎の画像検索』を貼りつけておきます。



ブログランキングに参加しています! クリックしていただけたら嬉しいです!
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは^^
ぶらっとされるのが大原美術館ってのが、イカシてますね!!^^!!
お恥ずかしいのですが、河井寛次郎さん存じ上げなくて、画像拝見!!
ふむふむとお勉強なのでごじゃいます。^^ノノ

倉敷

いい街ですよね 私も2度ばかりお邪魔したことがあります
さすが職人さんだは、しっかり工芸関係の美術品見学してますね しっかり知識の肥やしに
してらっしゃるわ 私もマダムさん同様河井寛次郎さんは存じ上げませんでした
陶芸やその他色々作品があるようですね 窯業科卒業して京都市陶磁器試験場で働いて
それから本格的に陶芸をやったかたなようですねちょっと異色です

Re: いつも、ありがとうございます、マダム猫柳さん!

こんにちはー^o^! イカシてます、か?

今回の記事はちょっと乱暴だったかなあと、あとで思ったりしていたんです。
河井寛次郎がどんな人か?の説明が全くなし、でしたからねえ。

見ていただいて、ありがとうございます。

彼の作風である、自由な形、色はマダムの似顔絵にも役に立つ?
かどうかは分かりませんが・・・
のんびりした時間でした^^。

Re: いつも、ありがとうございます、yoreyoremanさん!

あー、やはりyoreyoremanさんはいらしてましたかー、倉敷。
静かで、雰囲気がありますよねえ。

今回の見学は何かのためになる、というよりも完全な気晴らしでしたねえ。
ふっと湧いたゼイタクな時間でした。

来歴についても簡単な説明もなし、でしたからねえ。
失礼しました。

楽しい話題の続いているyoreyoremanさんのところにコメント残さずですみませーん。
暑さの実況中継も面白かったです~。

倉敷か~、行ってみたいですね~。
街並みがとてもキレイ。
大原美術館、雰囲気ある建物ですね。
思わぬご褒美になりましたね。

ポチッと♪

こんにちわ

たばこと琴ですか?良い所に目が付きましたね~(笑)
琴って販売してるんですかね~
大原美術館一度行ってみたいです
最後のお写真素敵ですね~
倉敷に桐たんすっていい感じ~

倉敷、10年ほど前に行ったきりですねぇ
夏だったんですが、サンダルで靴擦れして写真の商店街で薬局探して
絆創膏を買ったのを思い出します^^;

河井寛次郎氏は大好きな陶芸家です!!
どっしりした重厚感がなんとも素晴らしい!!
一つくらい作品が欲しいです。。。
山崎の山荘美術館にも沢山展示されていますよね。

西洋絵画はササっとしかご覧になってないんですね。
天上画は観られました?天国と地獄の怖い絵ですが・・・
これの印象がかなり残ってます(~_~;)

Re: いつも、ありがとうございます、まときちさん!

そうですねえ、建物の内部も雰囲気のあるところでした。
ぜひ訪れて見て下さい!

ところで、コメント残さずすみません、なのですが、初登場の娘さん。
もう少し年は下に思っていたのですが、本当に感じのよい娘さんですねえ。
お父さんと一緒にブログに出てくれるなんて!!
いやいや、ほんまにええ子やなあ~。
感心しきりです。

Re: いつも、ありがとうございます、Coucouのいくこさん!

良い所に目が付いたという以上に、このネタに触れてくださり(笑)ありがとうございます。
これはもう、いくこさんしかコメントしてくれない部分かも知れませんし・・

また写真も!
何か言ってほしいなあという所へのコメント、嬉しいです!

いくこさんは大原美術館がまだなら、倉敷そのものもまだ、なのでしょうか。

桐たんす、倉敷のお客さまのところに納めに行ってみたいですね~。

Re: いつも、ありがとうございます、*yoshimin*さん!

ちょっとホッとしました^^河井寛次郎が好きというコメントが入って・・
あれだけの重厚感がありながら、けっして重苦しくもなく、やぼったい感じもないというのが、河井寛次郎の不思議さですよねえ。
ほんとに魅力的!

五条の家には行きましたが、山崎には行ったことがないので、今度行ってみます。
情報おおきにです!

天上画。多分あれのことですねえ。ササっとしか見なかったですぅ。
閉館案内が流れてましたから・・・
西洋画でじーっと見てたのは、モディリアーニとクレー、ゴーギャンあたりですねぇ。

商店街写真が*yoshimin*さんのそんな思い出を彷彿とさせるとは!^Д^

出て歩く

桐たんす職人さんがロダン♪?と思ったら工芸展のほうだったのですね。
ふらふらっと行った先で好きなモノに出会えるなんてラッキーでしたね。

河井寛次郎って私も知りませんでした。
ちょっとググってみたら、詞も書かれているそうで、
いいものみつけちゃいました。

---------------
どこかに自分がいるのだ-出て歩く

人は目的を持って出かける事がある。持たないでも出かける事もある。
しかしそんな事は問題ではない。ぼんやりしていようが、はっきりしていようが、
しん底には何処に自分がいるかを見たいのだ。無数の自分が見たいのだ。
-そうした以外に吾々は歩かない。』

----河井寛次郎 『自解』より----

いい詞ですね。
桐たんす職人さんの「ふらふらっと、」につながる感じがして、
で引用ということで貼らせてもらいました。^^♪

Re: いつも、ありがとうございます、髪結ひ辰乃さん!

ああー、髪結ひ辰乃さんに、ふらりとしてたところを見られてたみたいですねえ^。^
ほんまに!なーんかそんな感じでした。
やっぱり河井寛次郎が好きや!というのを確信した時間。
吸い寄せられるようにラッキーに行きついたような・・

「自分」ですねえ。

書物に関しては全く読んでいないので、紹介していただいて、とてもよかったなあと思っています。
やっぱり言葉も河井寛次郎のものは自分の心に響きます。

こんなことも、ブログのつながりの楽しみですねえ^^
伝え、伝えられという。

たぶん、関東圏でも寛次郎を見られるところはあると思うので、ぜひ!
人形の参考になることはないのかも知れませんが、必ず見ておくべき!と、自分は勝手に思ってます^^

倉敷

この写真を見ても倉敷はいい街だなあと思います。まあ、公共事業がやりづらくて困る、とか言う人もいそうですが。
倉敷には一度行ってみたいのですがなかなか実践できません。
たばこと琴を売る店がなんか気になります。

Re: いつも、ありがとうございます、かめさん!

旅行好きのかめさんも、倉敷は未踏でしたかあ。
まあ、かめさんにはもっと噛み応えが欲しいと思われるかも知れませんが・・

たばこと琴。そこではたぶん自然にどちらも売っていたんでしょうねえ。
時代。おもしろいですねえ。

ところで、河井寛次郎はかめさんは?
好みではないかな?と思ったりしていたのですが・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/127-0095c991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九谷焼のアロマ・ディフューザー «  | BLOG TOP |  » 第35回 『伝統工芸展』 (2012) コンベックス岡山にて

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。