大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐たんすを組む時に気を付けること - 2012.08.05 Sun

言わずもがな、ですが、桐たんすというのは、密閉度大事です。

特に、前面のすき間は出来る限り少なくしたい。

そのために引き出しの入る部分の奥、
つまり、本体の奥は入口よりも僅かながら広げてあるものなんです。


そして、その本体の途中の部分が盛り上がったりなどして、
引き出しを入れた時、つかえないように
注意して、
本体組み立てをします。




   これが、組み立て中の本体の図ですが、
     桐箪笥 組み立て



             赤のまるの部分の拡大がこちら。
             定木を当てて、道中が盛り上がったりしてない?
             確認します。
               桐箪笥 組み立て

この動きを「通りを見る」と言ったりしています。
引き出しが通って行く道がスムーズなのか?
真っすぐになっているのか?


また木を真っすぐにすることを「通りを取る」などとも。



  もし、中が高い(道中に盛り上がってる所がある)なら、
  薄い刃のノコギリでこんなふうに切り裂きます。

   桐箪笥 組み立て


            ノコギリ1枚分のすき間が生まれるので、
               桐箪笥 組み立て



ここを、もういち度叩き締めると、ピタとついて
その分地板が上に上がり、
引き出しの入る部分の入口を少しせばめることができます。

  桐箪笥 組み立て

出し入れする引き出しは、途中でつかえたりすることもなく

かつ、引き出しが入りきったところでは
すき間の限りなく少ない桐たんすにすることができるという狙いです。



   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちわ

良いたんすは密閉度が大事なんですね~
凄い技ですね~ノコギリ1枚分ですか~
先日娘のゆかたを縫いました
1針1針は和の心ですね~
おも~いゆかたが出来上がりましたよ~
ちょっと職人さんに近づいた感じ~(笑)

シビヤー

なんかスゲーシビャーな世界ですね 桐は湿気には強いのかな
その為に遊びの隙間が必要なんですかね
聞いた話なんですが引出をしめると他の引出が飛び出てくると
良い箪笥というのは嘘ですか

Re: Coucouのいくこさん、こんにちわ~

あぁ、そうでしたねー、ゆかた。縫ってはりましたよねえ。
「思~~いゆかた」ですよね^^

使う人のことを思い描きながら、という、まさしく、「職人いくこ、ここにあり!」ですね。


桐たんすは密閉度を追求しています!

この所、ちょっと時間なくお話しに行けずすみません。
またボチボチと伺うつもりですー。
ありがとうございま~す。

Re: シビヤーですねえ、yoreyoremanさん

本文ではうまく説明できていませんが、
桐たんす湿気に強いのですが、
よりその効果を高めるために表面のすき間を出来る限り少なくする工夫があります。

そのために、中ではいくらかの遊びを作ります。

引き出しが出て来るというのは、誤りではありませんが、
それだけが重要ではないと考えています。

引き出しが出て来る要因は、表面の密閉とは必ずしも関わりないと思われるからです・・

まあ、ちょっとこれも上手く説明できていませんが・・
ありがとうございまーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。
正にミクロの世界!
ここまでこだわった仕事しないといい桐箪笥はできないんですね。
今回も職人の技見させていただきました!

ポチッと♪

こんにちは。
う〜〜〜む。手仕事日本!!
昨日も拝見させていただきながら唸ったマダムです。
先日、手描きで、すごい似顔絵を描く人達とお話してきたのですが、やっぱり手を使うことの感覚の大事さを改めて感じた次第です。
う〜〜〜む。

おぉ
ノコギリ刃一枚分で微調節
いんや美調節ですね。
見えないところにも細やかな気配り。
こうして美しい箪笥が出来上がっていくんですねぇ。
お仕事を拝見するたびに職人の心得を学ばせていただいてます。
感謝。

なるほどね。このようにして微調整するんですね。
さすが職人技術の粋ですね。

桐たんすは湿気を吸わないと言いますが、
桐材そのものは湿気や乾燥で膨張収縮はしないんでしょうか。
湿気によって桐材が膨張し、引き出しが開けにくかったり、
逆に乾燥でゆるゆるになったりすることはないんですか。

何年も使っていると開けにくくなるんですよね。
タンスを削ることによって開け閉めがスムーズになることが
あるんですよ。

微細加工!

微細な加工ですねー!
さすが「巧の技」て感じで、参考になります。

DEN

Re: 鍵コメさん。こんばんは。

全て収まりましたか?
自分も嬉しいですねえ。

こうして、たんすを使ってはる方の声を近くで聞けるというのは、やっぱり貴重だなあと、あらためて思います。
ありがとうございます。

仕事場は半分は暑いのですが、たんすを組み立てて行く場所はエアコンが入っています。
まあ、自分は暑さ寒さには強いので、大丈夫です。

じつは、少し前に態勢がかわって、今月からは少しムリをして行こうと考えています。
と、へんな言い回しですが、レベルアップをして行こう、と・・

鍵コメさんのほうも、この後のいろいろのことが順調に進みますように!祈ってまーす。
また、いろんな話も聞かせてください!

Re: まときちさん、こんばんは。

こだわりではありますが、寸法的には全くミクロではないんですねえ、じつは。
もっと大きなものです。

ただ、木工は数字通り、計算通りに行かない揺れみたいなものがあるので、悩まされます。

また、明日もがんばります!
ありがとうございまーす。

Re: マダム猫柳さん、こんにちはです。

パソコンを使うこのと良し悪しですね。
手描きの技も駆使できたら、また、幅が広がりそうですもんねえ。

また、コメント残しに行くつもりですが、
マダムのオリンピック選手並みの似顔絵アップを見ていると、
似顔絵への並々ならぬ思いがあるんやなあ、と感じたりしております^。^

Re: 髪結ひ辰乃さん。こんばんは。

「美調節」これはどっかで使えそうですね。

一般にするブログにはちょっと無理のあると思われる技術ネタは、自分のために書いてると言えますよね。
知識のない方にもなんとなく分かってもらえるように、噛み砕いてみることで、
その技を再確認し、筋が通っているのか整理する。

公にすることで、逃げ道を作らないということにもなるかなあ、と。

とまあ、なんや偉そうなことを書きましたが、このブログも挑戦の一つなんでしょうねえ・・

Re: matsuyamaさん、こんばんは。

こんな作業をしています。

桐は十分に感想させてあれば、膨張・収縮は少ないということになっていますが、
もちろん、膨張・収縮はします。

桐たんすの置かれた場所の湿度が、作られた場所よりもあまりに高いというような場合には、きつくなってしまうことはあります。

その場合には、お客様のところへ、削りに行くということがあります。

また逆に、そのいくらかの、きつくなったり、ゆるくなったりというのが、中に収められているものの保存状態を良好にするための動きであるとも言えます。


ですので、「桐そのものが湿気を吸い、桐たんすの中のものへの湿気の進出を食い止めている」
というような言い方になるでしょうか。

Re: DENさん、こんばんは。

表面に刃を入れるので、やはり慎重さが要ります。

でも、DENさんも、微細な加工をしておられますよねえ。

ちょっとこのところおじゃましに行けず、すみません、なのですが、
DENさんのもの作りには、ほんとうに作る楽しさがあふれてますよねえ。

こちらも勉強になります!

こんにちは

毎日時間がなく素どうりしてしまってました

職人さんがお気を使って作られる分

使用する方も大事に使って下さって、

和の世界の暖かさを感じます~

昔からよく聞いてましたわ、下の引き出し閉めれば

上のがサアッ~と出るそのようなタンスを見つけましょう、ってね。

「トンと閉めてサアッと出る」のが、匠の技なんてすね。

Re: wakasaママさん。こんばんは。

素通り歓迎です!っていうのはおかしいですけど、
自分もちょいと時間がなくて、顔見せだけが増えてますから、お互い気楽に行きましょう!
せっかくの楽しいブログが負担になってしまっては・・ですから。

そうですよねえ。
逆に、作り手は使う方のことを思い浮かべて大切に作らねばなりませんねえ。

ここ2,3日はやや過ごしやすかったですが、そちらはどうでしょう?
とにかくまだまだ暑い日が続きますねえ。
畑作業ではくれぐれもお体に気をつけてくださーい。

ありがとうございまーす^o^。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/130-bee54bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京に帰ると、いつも立ち寄るお店 ジークレフ «  | BLOG TOP |  » 【初音の家具ホームページ】 と 『明けだんす』

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。