大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京に帰ると、いつも立ち寄るお店 ジークレフ - 2012.08.11 Sat

ジークレフ(G clef)という紅茶専門店がありまして。

     ジークレフ 紅茶専門店

嫁さんが紅茶好きでして、
吉祥寺(じつは実家)に行ったら、必ず立ち寄ります。


でもってその紹介なのですが、
勝手に特徴をまとめますと、

なんと言っても、まず、「こだわりの仕入れ」です。

  ジークレフ 紅茶専門店

紅茶・烏龍茶がありますが、
原産国も様々(インドやらネパールやら)、品種もいろいろ、

また葉を摘んだ時期、「初摘み」やら「秋摘み」など

どの農園の紅茶なのか、というのも選ぶ楽しみがあります。

どれも、香り良く、厳選された上質の紅茶で、
その中から、自分の好みのものを探すことができます。


直接農園と交渉もされるらしく、
他の店では手に入らないものが多く(もしくは、ほとんど?)あると思います。



もうひとつの特徴は
  ジークレフ 紅茶専門店

徹底的な試飲をさせてもらえるということですね。

気になる銘柄をお願いすると、
それぞれカップ一杯分、しっかり淹れてもらえます。

なので、3、4種類ほど頼むと、2人で飲んでも、かーなりお腹たっぷりに・・


また、一緒に茶葉を持って来てもらえるので、その広がり具合、香りを味わえます。


で、さらにプリザーブという、いわゆるジャムも売ってまして、
そちらも試食させてもらえます。



もうこうなると、十二分に楽しんでますので、
自分らは、ジークレフの喫茶店のほうには行ったことがありません。

もちろん、紅茶もプリザーブも買っては帰ります!が。


また、店員のお姉さま方が、みなさん、
「いわさきちひろ」の絵のような、いかにもやわらかーな方々でして、
いつ行っても癒しの時間を過ごしてしまいます。


他の茶葉と比べると値ははるかも知れませんが、
喫茶店で飲むことを考えれば、安いものです。

たまには、ゆった~り気分で、プチぜいたくするのもいいものですよね。




そしてこれは、家で淹れている写真です。

ちなみに、これは
ダージリン ファーストフラッシュ ジュンパナ農園 ワンダーマスカテルなるもので。
     ジークレフ 紅茶専門店




この紅茶の茶葉はこんな感じですが、
     ジークレフ 紅茶専門店

ポットの中で開いた茶葉はこんなに大きくなっておりまして。
     ジークレフ 紅茶専門店

見た目は、ちょいと紅茶らしくない紅茶かも知れません。




試飲は出来ませんが・・ネットでも販売しています。
好みを伝えて、チョイスしてもらうということも可能かと、思います。

ジークレフ(G clef)のホームページです。

紅茶好きの方は、一度ごらんになってみてください。


何ゆえに桐たんす屋が紅茶屋の紹介か?
という疑問もありますが、
緑茶のほうの紹介はこちらで、『我が家で愛飲しているお茶』



ブログランキングに参加しています! クリックしていただけたら嬉しいです!
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
紅茶美味しいですよね~。
我が家でも一時凝ったことがありましたが、やっぱりこういう専門店が近くにないとダメですね。
美味しい紅茶、飲んでないな~。

ポチッと♪

ダージリン

 紅茶を試飲させてくれる店なんてすごいですね。でも飲んだ後でトイレが近くなって大変そう。

 ところで、私はダージリンとか阿里山とかいった地理的名称を小学校2年のときから知っていましたが、それは鉄道趣味の関係でした。これらの場所がお茶の名産地だと知ったのはだいぶ後のことです。(ちなみに阿里山は烏龍茶の名産地です。天災のたびに大きな被害を受けてます。)

こんにちは

紅茶が余程お好きなんですね

紅茶がお好みとは素敵なお人さんでしょう

私たちは普通のにぎょうさんお砂糖入れるし、

ミルクたっぷり入れるから味オンチみたいなものですよ。

Re: まときちさん、こんばんは

実際のところ、自分はつれられて楽しんでるというところでして・・

1年か2年に1度の楽しみですね。
実家にいれば、足しげく通うのでしょうけど。

自分は休みに入ってしまいましたが、まときちさんはどうなのでしょう?
今見たら、休みの入られるようですね。

思う存分畑仕事ができますねえ。

Re: かめさん、こんばんは

自分が東京にいる時にはなかった店で、弟に教えてもらいました。

たまーに本場の烏龍茶を飲むこともありますが、あれはやっぱりおいしいですね。

さすが博学なかめさん!鉄道から入りつつ、知識を広めて行かはるのですねえ。

Re: wakasaママさん、こんばんは

「素敵なお人」かどうかは分かりませんが、「紅茶は余程お好き」ですね。^^

実際のところ、紹介役をしてはいますが、嫁さんに言わせれば自分は味オンチでして・・
紅茶の味わいの違いもあんまり分かってないんです・・

まあ、雰囲気ですね、雰囲気!

こんにちわ

紅茶素敵!カップも素敵ですね~
試飲でカップ1杯って知りません
私も好きな紅茶専門店あるけど全く及ばないわ!
烏龍茶も奥が深いですね~工芸茶とか。。。
緑茶もやはり違いますよね~
やはり拘って飲みたいですが何でもいい加減な私です
お盆はお休み取れましたか?

Re: Coucouのいくこさん、こんにちわ

そうですねえ、カップも楽しみのうちですねえ。

この一杯というのが、はていいのか?半分くらいでもいいのでは?と思ったりもしないわけではないのですが、
、とにかく実家に帰った時の楽しみの一つです。

盆休み、すでに入りました。
1週間です。後半はちょいと出かけようかと考えてまーす。
これはまた、ブログのネタに、ということで。

まだまだ、暑いですねえ~。

こんにちは。
実は、昨日も記事を拝見したのですが、素敵なティータイムに圧倒されまして、すごすご・・・。^^
いやあ、こだわりがあるのが素敵!!
こういう記事を拝見すると、まねっこしたくなっちゃうマダムです。^^ノノ

こんばんは 大阪の桐たんす職人 さん

たんす職人 さん いろいろ凝ってますね 渋すぎます
でもなんでもこだわりが大事ですよね そうでないといいものは
つくれませんね

Re: こんばんは!yoreyoreman さん

この紅茶は嫁さんのこだわりで、自分はネタを使わせてもらってるという形なんですけどね。
自分はどちらかというとコーヒー党なんです、じつは・・

たしかに、こだわり人間のところはありますねえ。
これはまあ、良くも悪くもあきらめてますけどね・・いや、楽しんでるのかな?

ありがとうございまーす。

夏は暑いので麦茶ばかり飲んでますが(^^;)
久しぶりに紅茶が飲みたくなりました。

桐たんす屋さんが紅茶好きでもいいですょ。
和モダンって感じでありだと思いますです。

「いわさきちひろ」の絵のような方々…
うふふ、すてきな例えですね。
お店にはゆったりとした時間が流れているんでしょうねぇ。
プチぜいたく、したいなぁ。

Re: マダム猫柳さん、こんにちはー

似顔絵展も、オリンピックも終わってしまいましたねえ。
似顔絵にも宴の後の虚脱が待っているのか?・・それともパワーアップされるのか?・・
楽しみにしてます^^

展覧会は土日なしとのことで、のぞきにうかがえずすみません。
なのですが、ぜひぜひ、午後のひととき、アフタヌーンティーをお楽しみくださいませ~^。^

ダージリン鉄道

この辺では、そんな豪華な紅茶を、試飲させてくれる所は無いですわ。
うらやましい限りです。

ところで、紅茶の「ダージリン」と聞いて(じゃなくて、「見て」ですね)、ダージリン鉄道を思い出しました。
小さい蒸気機関車で、時には自転車にも追い越され、人はどこでも乗り降りし、機関車の前には、砂まき人が乗っていて、坂で砂をまいていたのを、NHKの世界の蒸気機関車の番組で見たのを思い出しました。

ゆったりと紅茶を楽しむ事も、良いものづくりには必要かもしれないですね。

DEN

Re: こんにちは。髪結ひ辰乃さん

いやあ、昨日の辰乃さんのコメントリターンには笑わせてもらいました。
まじめってなんで分かったんですか?
(って自分で言ってどうするん!ですけどね^^)

でもって「いわさきちひろ」へのコメント、ありがとうございます。
こういう牽制球に、返しをしてもらえるのは嬉しいもんでして。

他の支店の雰囲気は分かりませんが、機会があったらお訪ねあれ!
いい仕事ができるかも知れませんよ。

Re: DENさん、こんばんは

いやまあ自分のそばにもないんですけどね・・
年に1度、あるかないかの楽しみですね。
なので、嫁さんは吉祥寺の住みたい!と、いつも言ってます。

ダージリン鉄道!
その番組は見ていませんでしたが、あのアジアの辺りにはそういう昔からの鉄道が今でも生活に根付いているんですよねえ。
そして、紅茶を作っている農家の方もそういうところで生活してはるんですよね。
そういう知識もあると、飲むこともより楽しめるのかもしれません。

そうですよねえ、気持ちの持ちようはものづくりには大事ですよねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/131-7eb6aa22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桐の間(けん)たんす、完成形です。 «  | BLOG TOP |  » 桐たんすを組む時に気を付けること

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。