大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも売れ筋です!(桐たんす 15段盆) - 2012.09.01 Sat

着物の数が増えて行くと、みなさん、ここに落ち着かれるようです。

       桐たんす 15段盆

    15段盆! (今回の記事も全て、クリックにて拡大します。)

    衣装盆だけが15杯入っている桐たんすです。


   その、制作中。
       桐たんす 15段盆

  お盆の側板をひもで巻く、の図。
   桐たんす 15段盆 桐たんす 15段盆
                      投入中です。

1杯に2枚の着物を入れるとすると、30枚
3枚づつ入れるとすると、45枚入る計算になります。



   して、時代仕上げにて、完成形です。
       桐たんす 15段盆
     (今回の記事の写真も全て、クリックにて拡大します。)

もちろん、別注で、との粉仕上げも可能ですし、
柾目の時代仕上げ
衣装盆の数の変更もお受けできます。

     金具はこのようなものが。
       桐たんす 15段盆

今回は、サラサラさらっと更新ですが・・

よろしかったら、ランキングのクリック、お願いします。

wasou1.gif  
  
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ほぅっ

衣裳盆がキリリっと収まっていて
それでいてお盆はするりと出てくるんでしょうね(^^)v
想像するだけで んふぅ~ と幸せな気持ちになります。
お着物が30~40枚も入れることが出来るなんて
幸せの扉ですね~♪

Re: こんにちはー、髪結ひ辰乃さん!

「幸せの扉」
なるほどー。女性ならではの表現ですねえ。
販売トークメモにチェックさせてもらいます。^。^

通常の扉に比べて重さがあるので、合わせる時には、ついつい「えいやっ!≧≦」ということになるんですけど、今度からは「幸せの扉、幸せの扉」ってリフレインしながら、ニッコリ笑顔で仕込んで行こうと思います。

ありがとうございまーす。

毎度ですよ

お着物沢山お持ちだと こんな箪笥欲しいでしょうね 
女優さん 演歌歌手の方なら一杯おもちなんでしょうね
一般の方でも 着物お好きな方は、持っていそうです
時代仕上げというですね 重厚感ありそうです ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

数枚しか持ってない着物だけど
探す時に楽だろうなぁと納得。。
うちはごちゃごちゃに入ってます^^;あ~整理しなくちゃ。。
15段盆も欲しいけど着物も負けちゃうし
ばぁちゃんのお古箪笥で我慢しとこ。。
目の肥しで毎回楽しみです!!

Re: 毎度です!yoreyoremanさん!

そのようですねえ、どうしても増えて行ってしまう、ということらしいですね。

そう、その女優さんや演歌歌手さんに、うちの桐たんすを使ってもらったりすれば、知名度も上がったりするのかなあと思ったりもするんですが・・

いつも、ありがとうございます!!

時代仕上げは洋風の部屋にも合いますよねえ。

Re: こんにちは^^ 鍵コメさん

はい!HPのほうで、ぜひ、よろしくお願いします。
ありがとうございます。

さて、この引き出し一つに5枚入ります、という生の言葉(情報)は、とても大きいです。
説明をする時に確信を持って「これだけ入れはる方もいてますよ。」と、言えますから。
対抗意識、おおきにです。(笑)

信州記事も今回のものも、楽しんでいただき、ありがとうございます。
だいたい旅の方向性は嫁の主導なのですが・・^^; じつは。
「フムフム」っていう言葉は、こちらも嬉しくなりますねえ。

またまた、お待ちしておりまーす。



Re: まん吉さん、こんばんはー

ありがとうございまーす。

ほうほう、そんな感じなんですねえ、着物事情。
自分らは着物を着ることに関しては素人なので、着物の収納事情を聞かせていただけるのは勉強になります。

ばぁちゃんのお古箪笥も、いつか、ちょいと見てみたいですねえ。

コメントしに行きます!
(と、言いつつ明日になってしまうかも知れませんが・・)

おはようございます

衣装盆ばかりのキリダンスなんて素敵やね

衣装持ちのお人さんでしたら嬉しいタンスでしょ

東京から帰って参りました~

広い大都会でした~

何箇所か駆け足で回って来ましたよ。

こんにちは。
いやあ、機能美を感じますよ。
なんか、「どうよ!!」ってくらいの風格を感じちゃいましたです。

Re: こんばんはー、wakasaママさん。

おつかれさまですー。
けっこうwakasaママさん東京方面行ってはりますねえ、自分より多いかも・・
東京紀行、楽しみに読ませてもらいます^o^

15段全てに着物が入ったら、ほんまに輝かしいでしょうねえ。

コメントありがとうございまーす。

Re: こんばんはー、マダム猫柳さん

あー、機能美ですかー。
これだけ盆が揃うとそうかも知れませんねえ。

自分も箪笥の風格に負けない仕事ができるように、o^o^o ガンバリます!

おはようございます

たくさんの衣裳盆を見て 「和紙  入れたい・・・」
と 思ってしまいました。(ごめんなさい!)

金具の意匠にも 興味があります。
どんな金具を付けるかによっても お顔の印象が変わるのでしょうね。

“和”の モノ 技術 心 ・・・守り伝えていく人の お一人なのですよね。
私も その端っこでいいから 入れるように 頑張ろう!
 

おはようございます。
着物、我が家にも嫁さんのがあります。
こういう箪笥にキレイにしまわれたら着る機会も増えるかもしれませんね。
良く似合うんですけどね、すっかり着なくなっちゃいました。。。

ポチッと♪

和服を着ることを職業とされる方にとって、15段盆という
桐箪笥は重宝でしょうね。
1段の深さを多めにしたり、少なめにしたり、
あるいは一番上を二分して小物入れにしたり、
いくらでもアレンジできそうですね。
ちなみに写真の15段盆クラスだとおいくら位するんですか。
企業秘密ですか(笑)。失礼なことをお聞きしました。

Re: おっしゃる通りです、ちあきさん

いえいえ、「ごめんなさい」、どころか、和紙を入れるのに、桐たんすはうってつけですよ。
もちろん、これまた最高の贅沢、かも知れませんが。
なんといっても古文書やら巻物なんかは全て桐箱に入ってますからねえ、和紙やその作品の保存には最適です。

で、これまたおっしゃる通り!金具のウエイトは大きいですよねえ。
一応ちなみに、極々一部のものですが、金具の記事を書いたページがこれです。
http://104shu24ma.blog100.fc2.com/blog-entry-117.html

「守り伝えていく人の お一人」というような呼ばれ方をされると、より気持ちがシャキッとして、気持ち新たに力が湧いてきます。
ありがとうございます。

ちあきさんの作品も、楽しみにしていますし、いつかは生、目の前で見ねばなりませんよねえ^^

Re: まときちさん、おはようございます

あー、やっぱりそんなのが現代の着物事情なんですねえ。
勉強になります。

で、さりげなく嫁さん自慢をなさいましたね^^
はい、あの奥さまですからねえ、より美しさが・・

たしかに、このタイプの桐たんすは、ドンドン着る方のためのものかも知れません。

ポチ、ありがとうございます!

Re: 残念なんですが、matsuyamaさん

ここではお値段はお伝え出来ないんですねえ(苦)
もちろん店のほうにご来店いただければ、お伝えします。
お値打にて!(笑)

おっしゃる通り、アレンジは様々にできますねえ。
仕切りをたくさん入れて、帯締め専用のお盆にされた方もいらっしゃいます。

こういうのは作るほうも手間はかかりますが、やりがいのある仕事です。

コメント、ありがとうございます。

どうかしら?

いつも拝見させてもらっています。迷っていますが、今年母が亡くなり、彼女の嫁入り箪笥、桐ですが、使いたいのですが、後板が壊れ、下の置台も外れている状態、なんせ75年もの時間を経過したもの。捨ててしまうのももったいないし、修理してもこんな古いもの 修理代高くつくだけか?...と、思案していますが、こんなに古いものだめでしょうか。。。

プロの腕は素晴らしい!

素晴らしい、さすがだなーと思うし、われわれアマチュアには、
大変難しい(と言うより作れない)作品です。
でも、大変参考になりますね!
小生がこんなの出来たら、DIYじゃなく成ってしまいますね。

DEN

Re: あずはさん、はじめまして。

いつもごらんいただいているのですねえ、ありがとうございます。
嬉しいです。

実物を見てみないと分からない、というのが率直なところですねえ。
年数が経っているからだめ、ということではありません。

持ちこまれるものには、後ろの板が割れたり、外れたりしているものも比較的多く、後ろの板のみ新しいものに総入れ替えという修繕の方法を取ることもあります。(その分費用はかさみますが・・)

台の部分も傷みやすい個所ではありますが、修理は可能です。

洗い替えをオススメするかどうかの判断基準として、引き出しの前板(表面の板)と、本体の表面の作り方や傷み具合を見ます。

お近くでしたら、見積もりに伺います。(もちろん無料です。)
遠方であるなら、メールで部分の写真をお送りいただいて判断する、というような流れになるでしょうか。

会社には伝えておきましたので、会社宛てのメールに連絡先をお伝えいただくか、このグログのコメント欄に、非公開のチェックを入れて、ご連絡いただければ、追ってご連絡差し上げます。

ちなみに、金額の目安として、10万円~20万円くらいという範囲になっています。

こちらが会社宛のメールフォームです。
https://www.onion-web.jp/ssl/hatsune-kagu.com/

思い出の桐たんすであれば、修理・洗い替えをして使いたいですよねえ。
ぜひ一度、お気軽にご相談させてください。

このようなお問い合わせ、たいへんありがたく思っております。
   岩本 学(大阪の桐たんす職人)

Re: いえいえー、DENさん

DENさんのDIYなんて、プロ顔負けのものでしょう。
知識もジャンルも幅広いですし。(そうなんやー、と感心するとこ多々です。)

ノウハウと慣れはあるでしょうけど、多分、DENさんがうちの工場に入ったら、ちょっとの間に桐箪笥もマスターしてしまうと思いますよ。

職人もDIYも要は同じもんですもんねえ。
ありがとうございまーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

いえいえ、こちらこそありがとうございます。

その場所でしたら、いつでも見せていただくことが可能ですね。

ご連絡お待ちしております。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/135-688da9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

だんじりは1つだけやない! (平成24年度だんじり祭) «  | BLOG TOP |  » 信州番外編(十色屋・安曇野絵本館・諏訪湖花火)

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。