大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

桐たんすの おもて面は大切!ですよね - 2012.09.30 Sun

いつも、ブログを見て下さるみなさん、ありがとうございます。

じんわりと忙しい日々を送っております。(この所、繰り返し言ってますが^^;)
でもこうして、仕事をいただけるというのはありがたいことですね。

で、今回も木工ネタ (とにかく今、こんな事やってますネタ) なのですが、
桐たんすのきれいさ、美しさの一つとして、
柾目を見せるということがあります。

その手立てとして、おもて面には柾目の通った、別の木を貼るという手法を取っています。
       桐たんす 

木地段階で、左のように本体に柾の木を貼り合わせます。  
右が細かい柾目の写真、「面張り(めんばり)」と呼んでいる部材です。
桐たんす 面張り 桐たんす 面張り

ちなみに、うちで使っている桐の柾目は全国的に見ても、細かいものです。


この、貼り合わせの時に使われるのが、「ひも」

これは一年ほど前にも書いた記事があるんですが、『桐たんすの下ごしらえ(ひも)』
かなり古典的なやり方です。

でも、少々のゆがんだ木ならば真っすぐにして、付けることができます。
つまり、
端から端まで、木目の真っすぐなものを作る事が出来るということですね。

桐たんす 面張り 桐たんす 面張り

こんなふうにグルグル巻きにしますが、ゆがんでいた「面張り」がピンとしてます。
桐たんす 面張り 桐たんす 面張り



今、大物の桐たんすに取り組んでいます。

通常の桐たんすと比較すると、
本体の厚みが2倍、幅も5寸大きい(約15センチ)ものです。

こんなものでも、「面張り」はひもで巻いています。
桐たんす 面張り 桐たんす 面張り

通常の桐たんすの隣に置いた写真を見ていただくと、
厚み(まだ、本体よりも大きい面張りが貼られています。)
幅の大きさがうかがえると思います。




これだけの桐たんすを作る機会は、なかなかないですねえ。
おそらく、一生の間にも一度あるかないか?でしょう。
ほんまに、ありがたいことです。

こんなふうに、
どんな注文にも(かなりの大きさのものも)応じた桐たんすを作ることができます。


と、まあこんな仕事もしておりまして、ブログのほうは、ボチボチぼちですが、
ごひいきの程、よろしくお願いします。



   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。
大型の桐たんす、楽しみにしてます!
大阪さんでもなかなか機会が無いと言われるんですもんね。
ワクワクします!

ポチッと♪

こんにちは!

化粧版一つにも細かい拘りがあるんですね。
職人さんの技って凄いなぁと感心しきりです(*^_^*)

そして、「ヒモ」!まさに先人の知恵ですよね。

桐の美しさを強調するために面張という手法を取るんですね。
貼り合わせるのに紐が使われるなんて意外でした。
そちらで使われている桐の柾目は全国的に見ても、細かい
ということですが、南部桐はどうなんでしょうか。

Re: まときちさん!

こんばんはー!

自分は桐たんす屋を渡り歩くことになって、今の会社では最も後から入社した人なのです。
(年齢的には違いますが・・)
なので、ここ最近になって、ようよう大きなものも任せられるようになったのです、じつは。。

まだまだがんばらないといけない事が沢山あります!

応援ありがとうございまーす。

Re: アイさん!

こんにちは!

そう、まさに先人の知恵ですよねえ。
どうやったら、見た目をきれいに、しっかりしたものにできるか?
拘りを体現できるか?
そんな試行錯誤から、出てきたんでしょうね。

しかし、こんな技も他の所では、機械で、ザザッと貼ってしまったりもしています。
前にいた工場には、この「ひも」はありませんでした。
時代の流れもいろいろあります。。

コメントおおきにです! ^o^

Re: matsuyamaさん!

桐たんすはこんな手法を取っています。
ただ、この「ひも」は前の会社では使っていませんでした。
より、昔の手法ですね。

柾目については、説明が不十分でした。

どこかのある地方の桐がいい柾目が取れる、というのではなく、
どの産地ということに限らず、いい柾目の取れる桐を購入している、ということです。
(当然いい柾目の取れる桐は値もはりますので・・)

具体的に、使用している国産の桐が、南部なのか会津なのかは、はっきりは分からないのですが、
アメリカ産の桐も目が細かく、いい柾目の取れる木が多いです。
南部桐もいい柾目の取れる木はあると思います。

コメントありがとうございます!

使うのは「ニカワ」?

デッカイの、作るんですねー!
その「面張り」に使う接着剤は、「ニカワ」でしょうか?
現代なので、木工ボンドですかねー。

DEN

こんにちは

素敵な桐タンス

出来上がり楽しみです。

なるほど!
言われて見れば、たしかにその部分だけ目が細かいですねぇ。
キリっとした表情になるんですね♪
 ↑ あ、駄洒落になってしもた^^;

Re: DENさん!

こんばんはー!

市販の木工用ボンドを使ってます。
昔はニカワだったらしいですが、話に聞いたことがあるだけで、自分は見たことはありませんねえ。

DENさんには、大きさ重さ加減を分かってもらえますよねえ。

コメントありがとうございまーす。

Re: wakasaママさん!

こんばんはー!

けっこうハードなものなので、ブログ用に写真を撮ったりする余裕がないかも知れません。

でまた、出来上がりがけっこう先になりそうなので、ちゃんと記事に出来るかどうか分からないのですが・・・

がんばります!

コメントありがとうございますー!

Re: さすがっ! 髪結ひ辰乃さん!

コメントに洒落を入れて来るとは、辰乃さん、手だれですねえ。

「キリっとした表情」

いやでも、これは、駄洒落どころか、目の細かさをアピールするのに、まじめに使えそうです。ハイ。

このコメントで、自分たちにとっては当たり前になってることでも、ネタとしては新鮮な場合もあるのかも知れないのかな?
という、いいヒントをもらった気がします。

辰乃さんらしいコメントありがとうございまーす。

こんにちわ

そろそろ新鮮なコメントの時期ですか?(笑)
こういう素晴らしい伝統工芸職人さんが忙しいのは素晴しい事ですね
日本もまだまだ捨てたものではないですね~
しかも一生に一度ぐらいの素晴らしいたんすにお取組みですか?
ますます職人さんが素敵に感じますね~
しかしぐるぐる巻きにすると言う古典的な手法って面白いです
時間がかかるんでしょうね~
美しい仕上がりが楽しみですね~
私まで何だか大仕事を手掛けてる気分です~なんでだろう?(笑)

Re: おやっ、Coucouのいくこさん

いくこさんの、予想外の攻め!!
コメントおおきにですー^o^
一緒に仕事もしていただいて。(笑)

そしてオホメのお言葉ありがとうございますー!
今日も1日取組みましたけど、なかなか進みません。
でも、気持ちを切らさずに取組んで行きます!

またもや、ポチ逃げ状態のに入り込んでますが、(汗)
バルデル号の動画、見させていただきました。
一言コメントしたらよかったんですが・・
ほんとうに考えさせられる話です。
人間の勝手な都合で・・

また、おじゃましますのでー・・しばしお待ちを m(_._)m

こんばんわ

桐たんすは縄が命なんですね なにかを作り上げるという
達成感はあるでしょうね

Re: おはようございます!yoreyoremanさん

言うなれば、いのち綱でしょうか。

達成感。そうですねえ、日々の仕事の中では、そういう満足感よりも、次の箪笥、よりよい仕事、という感覚の方が強いのかも知れませんねえ。実際のところ。

昨日のコメント返信がちょっと気になっています。
自分などが、話を聞くなどというのもおこがましいことですが、もし話して少しでも気が晴れる、そんな類の話なら、カギ付きコメントででもお聞かせくださったらなどと・・

ありがとうございまーす。
今日もいい天気のようですねえ^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/139-57b7c4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やはり けなげな コチョウラン «  | BLOG TOP |  » 超☆仕上げ

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる