大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

やはり けなげな コチョウラン - 2012.10.07 Sun

6月にご紹介した1輪咲いていたコチョウラン。
    その時の、コチョウランの記事へ

本体はふらふらの状態でした。
今にも取れそう。
  コチョウラン コチョウラン






   そうこうしているうちに、下のほうから、何やら小っさいもんが。


       コチョウラン




            で、じょじょに。



            コチョウラン
           妹が成長してきました。

       植物の生命力・ランの性質なのでしょうねえ。

       こうなると、お姉さんの方を、別の鉢に植え替えてやらねばなりません。



引き抜いた状態です。

 コチョウラン


根の先はアメ色のような緑をしています。
ちゃんと水分を取って、成長していることが分かりますね。
 コチョウラン コチョウラン
                       ミズゴケを巻き付けて、


      移動完了です。
       コチョウラン


まだ、屋外でもいいのかも知れませんが、朝日に微笑む姉妹です。

 コチョウラン

来年は、はたして咲いてくれるんでしょうか?
咲かせることはできるんでしょうかねえ?

ブログランキングに参加しています! いつも応援ありがとうございます!
        にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ    
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あぁ、なんとけなげなコチョウさん。
ふらふらしてたのは下に妹さんが生まれていたからなんですねぇ^^

植物の生命力には励まされます~。
わたしもいつかは弟子ならぬ妹子をとれるくらいになりたいものです^^;
そのためにも今を頑張らねばなりませぬなぁ…

と、そんな風に思わせていただけるのも
桐たんす職人さんが
何気ない日常にも愛情をもって接していらっしゃる証拠でしょうね^^
元気をもらいました~ありがとう♪

会社でお中元に必ず蘭をくれる
下請けさんがいて。。毎年ダメにしてしまうのです。
真は蘭が苦手なんだけど水苔買ってきて
がんばって真似してみようかなぁと思いました!

Re: こんばんは、鍵コメさん

やり方も色々あるようですが、ミズゴケというのが一般的です。

なるほど、そんな事情があったんですね。
なんともつらいことですよねえ。
近しい人であるがゆえに、余計にそれがつらいものになってしまいますよねえ。
今はそうするのが最善の選択なのでしょうね。きっと。

少しでもいい方に転ぶことを、祈っています。

植物にもきっちりしたお仕事!
ここにも職人気質が出ますね、さすが。
きっと咲いてくれますね!

ポチッと♪

Re: 髪結ひ辰乃さん、こんにちはー

いやいや、きれいにまとめつつ、ほめていただいてありがとうございます。^^
妹子ですかあ、その作る喜びを分かち合いたいというところでしょうねえ。

ほんまの話、ふらふらしていたのは、自分が「もうアカンやろーと思って引っ張ってしまったからなのでして・・^^;
けっして「愛情」などと呼べるものではない、どころか「おいおい!そらないやろ!というもんでして・・
コチョウさんは、そこから「凛」と体を伸ばしてきたものなのです。。
感心しますよねえ。


この姿をみならって、お互いがんばりましょう^o^、ですなぁ…

Re: まん吉さん、こんにちはー

そうですよねえ、実際は自分も似たようなもんなんですけど、
なんかの加減で、家族の一員になる草花がいて、そうなった時には園芸本を立ち読みしたり、買ってきたりして、手をかけて育ててみる。
けっこう極端なんです。

このコチョウランも特に力のある株やったんでしょうねえ、他のはダメになりましたから。

「蘭が苦手」とは、花がきらいの意味ではないですよね?
一口に蘭と言っても、様々ですよねえ。
贈答のよく使われるシンビジュウムやデンドロビウムは寒さにも強く、育てやすいものですしねえ。

その気になったら、真さんもきれいな花を咲かせるタイプではないですか?

コメントありがとうございまーす。

このところコメント控えてますけど、まん吉さん、カッ飛ばしてますねー!
^σ^ 笑い逃げ・・・
また、おじゃましまーす。

Re: まときちさん、こんにちはー

スイレンの時も、まときちさんの太鼓判で咲きましたから、
今回も、来年まで長ーいですけど、咲いてくれそうな気がしてきました。^^

コメントありがとうございまーす。

仕事ぶりは、まときちさんにはかないません。
このブログには現れない、その他の草花の手入れはおざなりなので‥


こんにちは

またまたお花が咲いたのが見せてもらえますね

楽しみに待たせて頂きますよ。

あの美しく咲き誇る胡蝶蘭。
この花の性格なのかもしれませんが、
なんだか庇を貸して母屋を取られるような
気がしちゃいますね。
こうしてどんどん増えていくんでしょうね。

Re: wakasaママさん、こんばんは!

そのように言われるとプレッシャーですが、

「wakasaママさんのために」って思いながら、この冬も育ててみようかと、
そんなふうに思いました^^

コメントありがとうございます!

Re: matsuyamaさん、こんばんはー!

そうなんでしょうねえ。
胡蝶蘭に限らず、蘭はどんどん増えて行くものですが、
胡蝶蘭は初めてでしたし、「育てにくい蘭」という頭があったので、
次のが出てきた時はびっくりしました。

次のに譲ったんですねえ(笑)

ほんとうに、こんな所で皆さんに見てもらうことになると、頑張って育てないといけないようになりますねえ。
おかしなもんですよね。

コメントありがとうございます!

おはようございます

胡蝶蘭は難しい と聞きますけど、やはり 愛情 ですね。
生きていくのですよね。

会社のあの娘・・・どうなってたかな・・・ 
見てみます。

こんにちわ

健気って漢字はあまり良くないですね
けなげな胡蝶蘭さん職人さんの手にかかりましたか~
お子さんじゃなくて妹さんなんですね!(笑)
来年はきっと姉妹で咲いてくれますね。楽しみですね~
我家も強い子がいたんですが今はいません
胡蝶蘭涼やかで上品で美しいですね~

いいなぁ(^^♪

職人さん、羨ましすぎます!
私、胡蝶蘭大好きなのに枯らしてしまうんですよ(>_<)
毎年、買ってきては花が終わった後、株分けまでするけど枯れちゃう・・・。
こんな元気な子が羨ましいです。
職人さん、ひょっとしてグリーンフィンガーだったりして(*^_^*)

妹君がお生まれになったんですねぇ(*^_^*)
姉妹とも綺麗に咲くといいですね♪

去年お正月用に買った葉牡丹を踊り葉牡丹にしてみたくて
鉢植えで頑張ってくれてます。
涼しくなってどんどん葉が成長してくれているので楽しみです(~o~)

Re: ちあきさん、おはようございます

そうですよねえ、難しいと思います。
いただいた株が2年越しにちょろっと咲いただけでして・・
その株が2つに分かれた、と。

まだまだこれから愛情を注がねばなりません!
いい報告ができるとよいんですけど・・

コメントありがとうございまーす。

Re: Coucouのいくこさん、こんにちわー

そうですね。その漢字だと、けなげな感じがしないですもんねえ。

でも、いくこさん、相変わらず鋭い!
うちの嫁さんも言ってました。母娘ではないのか?と。

えー、ちょっと解説しますと・・
このどちらの株も出所は一緒なのです。
母です。

つまり、お姉ちゃんは大学生になって、ひとり暮らしを始めた。
小学生の妹は、まだお母さんが恋しい。
こんな家族のありようですねえ、分かりやすく言うと。
分かりにくいかな?(笑)

おじゃまするっていいながら、先に来ていただいてしまって、
すみませんけど、ありがとうございまーす。
また、おじゃましまーす。(笑)

Re: アイさん、こんにちはー 

グリーンフィンガーですかー。初めて聞くことば・・
植物に力を与えたりもする園芸の達人?ハンド?みたいなもんでしょうか?

いずれにせよ、まだ、喜ぶのは早すぎます。
今年はたまたま、おそらく購入時の株のパワーが残っている状態での開花だったので、
来年咲いて、初めてその「グリーンフィンガー」の称号は手に入るものだと思います。

取りあえず、お楽しみに、です。
ありがとうございまーす。

Re: *yoshimin* さん、こんにちはー

はからずも、誕生しました^o^
妹君と呼べるような花が付くとよいのですが・・はて?

ほうほう、こんなのんですね。「踊り葉牡丹」
楽しそうですねえ!華やかやし!

ちょうど正月ごろに踊った状態になるんですかねえ。
ブログでのアップ、期待して待ちます!

コメントありがとうございまーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさんへ

ほんまに、ありがとうございます!

^^すみませーん。
遠慮するようなふうでいて、かえってずいずいと押し出て行ってましたねえ。

また、記事にしてみたいと思います!
楽しみにしていまーす!

胡蝶蘭

元気な胡蝶蘭ですね。
一株儲かったような気になりますね。
我が家の胡蝶蘭には花茎が伸びだしました。
これから寒くなるのでうまく開花してくれるかどうか・・・・。

こんにちは。
じっくり拝見にやってまいりました。^^
いやあ、やさしいお別れというか。なんだか拝見していて嬉しくなる記事ですね。^^
勝手に私も来年楽しみにしちゃいますですよ。^^ノノ

Re: kazさん、こんばんは。

得しましたかねえ。

デンドロならだいたい分かっていて、高芽なんてこともありますが、
胡蝶蘭は初めてなので、こんなふうに増えるとは思ってなかったんです。

そちらでは、もう屋内か温室に入れる時期なんでしょうかねえ。
楽しみですよねえ。

このところkazさんの所へおじゃませず、すみません。
kazさんのところならではの興味深い記事が続いているのに・・
楽しく読ませてはいるのですが・・

また、ぼちぼちとおじゃまします。
コメントありがとうございます!

Re: マダム猫柳さん、こんにちは。

コメントありがとうございまーす!
というよりも、無理しないでくださいねー。

このコチョウランは皆さんに期待というか、見守られていることを感じているのでしょうか?
なんだか、そんな皆さんのオーラが伝わって、花が咲くのではと思ったりしてきますねえ。^^

「やさしいお別れ」
嬉しいお言葉です。
ありがとうございまーす。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/140-45c77ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桐箱作りと秋の空 «  | BLOG TOP |  » 桐たんすの おもて面は大切!ですよね

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる