大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐箪笥の修理・再生(洗い替え) - 2011.06.27 Mon

ご存知のかたも多いと思いますが、桐箪笥は長年使ってきたものを修理し、
色を付け直し、再生させることが出来ます。

 桐たんすの再生(洗い替え)  拡大 桐たんすの再生(洗い替え) 拡大
        こんな感じです。とてもきれいになります。

この再生のことを桐箪笥の洗い替えと言っています。
おばあちゃんの使ってた桐箪笥を洗い替えて、孫娘が嫁入りに持っていったということがよくありました。


作業の流れとしては、まず文字通りに箪笥を洗います。お湯を沸かし表面の汚れを落とします。
 桐たんすの再生(洗い替え)   桐たんすの再生(洗い替え)  熱湯
写真は私自身ではありません。   あまり目にすることのない釜、でしょう。


充分に乾かした後に
キズや欠けた部分を補修し、鉋がけをします。
桐たんすの再生(洗い替え) 拡大 桐たんすの再生(洗い替え) 木目に合わせて
桐をふくらますアイロンは必需品!  これも私自身ではありません。

木目に合わせてさりげなく別の桐の木を埋めて行きます。

欠損のひどい箇所はスッパリと新しい木に入れ替えることもあります。

背中(裏板)が外れていたり、木が縮み空いてしまったすき間も木を埋め込んで行きます。

桐箪笥を一から作るのと同様、技と根気を必要とする作業です。

家に眠っている桐箪笥、思い出のつまった桐箪笥をよみがえらせたい、とお思いのかたはぜひ一度お気軽にご連絡ください。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

え~わー

これから立ち寄らさせてもらいまーす。

いちざえもんさんへ

コメントありがとうございます。

コメントまで入れてくだすったのに、地区連合会の後に申し訳ないことをしてしまいました。

この場も借りておわびします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/16-0746880d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伝統工芸士 大阪地区連合会 «  | BLOG TOP |  » 桐箪笥選びのポイント その1 色

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。