大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐たんすの 引き出しを 仕込む! - 2013.05.24 Fri

桐箪笥の引き出しは密閉度が大事です。
桐たんす 引き出し

引き出しと本体とはピッタリ接しているか、すき間があってもごく僅か、です。

仕込みの時は、こんな感じでのぞき込んで、きつい所を見つけ、
桐たんす 引き出し

慎重に、少しずつ引き出しを削って行きます。
桐たんす 引き出し

これを『削り込み』と呼んでます。

いわばギリギリの所を攻めるわけなので、
しばしば、どっかきついんやけど、よく分からん!てなことになります。
箪笥の内部でつかえているのです。

そうならないように、あらかじめ本体の奥のほうは少し広げて作ってありますが、
どうしてもそんなふうになってしまう事があります。

そんな時の一つの手立てが、
あらかじめ本体に塗ってあるロウ
(滑りを良くする為のものです)
桐たんす 引き出し

きつくてこすれた所はそこだけ光って見えます。
桐たんす 引き出し 桐たんす 引き出し

触った感触も、他の所と比べてサラサラ度が強いです。
桐たんす 引き出し
その部分を鉋で、少しずつ削って行くのです。

引き出しの前の部分を横からのぞいていますが、
一部分、光具合がより強くなっているのが見てとれますでしょうか?
桐たんす 引き出し

こんなところが、桐箪笥作りの最も手仕事的な作業と言えるかなあと、思います。

   ブログランキングに参加しています!
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは\(^▽^)/!

v-350手間かかっているんですねv-350
でも、手間がかかっているからこそ、
温もりを感じます...

サラ②している素材、私も好きです(*´ω`*)e-266

一番難しい所ですね

桐たんすで 一番難しい工程では 削りすぎてもダメ・残し過ぎてもダメですね
ほとんど感と経験の世界ですよね 引き出しを閉めると空気である程度入り少し
出る感じがいいんでしょうか よく敷居の滑りがよくなとロウを塗りますよね
今日も伝統工芸の職人さんの番組を見ていると凄いワザです この技を残したい
ですね  たんすさん頑張ってくださいね 応援しています


Re: 空野碧さん、こんばんはー^^

ありあがとうございます!
温もり、感じていただけますか^o^

じっさいロウでこすれたサラサラは削り落してしまいますが、
桐の手触りをサラサラ ツヤツヤに仕上げるために、刃物研ぎやら鉋の調整には心を砕きます。
「あくなき探求!」でしょうか。

コメントおおきにですー^^

Re: yoreyoremanさん、こんにちは!

そうですねえ。
湿度なんかでも多少の変化があったりしますからねえ。
桐たんすの桐たんすらしいところですねえ。

感覚。なんだと思うのですが、出来るだけ確実に「ここは削る必要がある」ということを把握したいので、こんな手法をとっています。


いつも気にかけてくださりありがとうございます!
鍛錬の日々ですねえ。
応援していただき、またまたがんばります!!

こんにちは

素晴らしい技見せて頂まして

いつもありがとうございます

これからも頑張って下さいな。

Re: wakasaママさん、こんにちは

コメントありがとうございます!

素晴らしい技というよりも、日々精進という感じでしょうか。。

一気に暑くなりましたねえ。
wakasaママさんも体調など崩しませんようにー。

またこの一週間もがんばります!

仕込み

目で見る、触って確かめる。
う~む。職人の勘。
きめ細やかな心配りでサラツヤが生まれるんですね♪
これは機械には出来ない技ですね。
手仕事ならではのよさですねぇ。

Re: 髪結ひ辰乃さん、 こんばんはー

おつかれさまでございますー!

そう、自分はこれが仕事なので、毎日当たり前のようにやってますが、
このところ、手仕事の意義というか、これが手仕事でなけりゃならない理由ってなんだろう?などと、ふと思ったりする日々です。。

へんな返信になってますが・・
^^コメントありがとうございまーす!

おつかれさまです~

いやいや 人の手の感覚ってすごいですよ。
スベスベとサラサラの違いを機械で検出しようと思ったら…
かなり大変だと想像します。
木は生き物だから人が手仕事で作り上げるのが最良なんだと思いますです。
って、私が偉そうに言うのもなんですが(笑)
着物も、ミシンでは絶対に縫えない箇所があるの。
そして、手縫いの方が生地にやさしい。

手仕事万歳~

Re: あ~あー、髪結ひ辰乃さん、おおきにですー

なるほどなるほどです^^
ふやふやした返信への返信、なんともあったかい気分になりまする。^^
おおきにです。
また、明日からの自分の糧にさせてもらいます!

手仕事バンザーイ!

やっとこれたぁ~^0^
家具屋さんや展示会でタンスの引き出しを
出し入れするとハフぅ~って別の引き出しが動く
あれですね^^
こんな風に調整してくんだぁ♪
毎度技を見れて得した気分になります。
歯医者さんで上の歯と下の歯のかみ合わせを調整する時
色つきの紙みたいなのをギシギシ噛まされますよね
それと同じ~(*´艸`)

こんにちわ

桐たんすの繊細さが良く解ります
ロウのツヤや手触りですか~
ちょっと引き出しを開け閉めしてみたいです(笑)
これから梅雨になって湿気とか関係あるんですかね~
緻密なお仕事大変ですね~
でも上手くピタッと出来た時は嬉しいでしょうね~
ちょっとお仕事覗かせて頂けて嬉しい感じです

Re: まん吉さーん、こんにちはー

ごぶさたしてます~^o^

そうそう、まさしくそのギシギシですよ!
赤く色の付いた所を削る。
さっすがまん吉さん!この例え使わせてもらいます^^

ところで、数日前に甥っ子が来てたんですが、エガちゃん好きって言うので、まん吉さんの話になって、ニコちゃんテンちゃんを見て行きました。
「二人の表情がいいねえ」と。

楽しんでいただいて、ありがとうございますー!
高校生の名前を連呼するまん吉さん、好きです~^ε^

Re: こんにちわー、Coucouのいくこさーん

嬉しいです!(笑)
いえいえ嬉しがっていてはいけませんね、プロですから。。

そう、ピッタリに合わせるので、梅雨や、エアコンなんかの影響も受けることがありますねえ。。

たんすの開け閉めしにきてくださーい!(笑)
コメントありがとうございます~!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/164-c4322492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奈良でゆったりと 心樹庵 «  | BLOG TOP |  » 大塩正史さんの赤膚焼・おちょこ特集

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。