大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧風の桐たんす!? - 2013.11.17 Sun

  このような桐箪笥もありまして、
     桐箪笥 オイル仕上げ
(この記事の写真は、コップの画像以外、全てクリックで拡大します。)

伝統的な桐たんすの着色は「との粉仕上げ」というものですが、
これは、天然オイルによるものです。

桐箪笥 オイル仕上げ

一番うえの引き出しの白は、言うなれば北欧風、のよう。
それ以外はクリア、いわゆる透明の仕上げです。

開けて見ると、
 桐箪笥 オイル仕上げ
真ん中は左右の引き出しの開け閉めにより引き出す仕組みです。

   金具も洋家具のものですが、マッチしています。
         桐箪笥 オイル仕上げ
(この記事の写真は、コップの画像以外、全てクリックで拡大します。)

この中は棚になっております。
 桐箪笥 オイル仕上げ



 天然オイル塗装の特徴は、水ぬれに強いということです。
     桐箪笥 オイル仕上げ

 また、色のバリエーションが豊富にあります。
 こちらは、スタンダードな茶系統。
 桐箪笥 オイル仕上げ
(この記事の写真は、コップの画像以外、全てクリックで拡大します。)

 金具は「吉祥」という名前の和洋折衷、オリジナルのものです。
         桐箪笥 オイル仕上げ

     wasou1.gif  
  
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ブログの更新、待ってました!\(^o^)/
急かしてしまっていたなら、ごめんなさい。
さて、和風のスタンダードな型も素晴らしいですが、北欧の雰囲気を取り入れたものも素敵ですね。
服を入れたり出したりするのさえ、ひとつの楽しみになりそうな逸品!

Re: ^^ ありがとうございます!はにふみさん

いえいえ、ほんとに、早く出さねばならなかったのです。
むしろ、急かされることのありがたさよ~(感)、です!

北欧風というのは、自分が勝手に言っているのですが、きっと、お求めになられた方はウキウキしながらお使いでしょうねえ。
伝統工芸にも多様さが求められる現代、です。。

和洋折衷

これまた斬新な桐タンスですね 金具がまたタンスにベストマッチしています
それに合わして実用面でも天然オイル塗装とは感心しますね
ワンポイントの白が目立っていですね そういえば黒い桐たんすってないんですかね
全体が淡い黒で 白黒 白黒というふうな感じもいいなと思ったりします

Re: yoreyoremanさん、こんばんは

これはいいヒントをいただきました。

黒と白!さらにシックな印象になりそうですね。
yoreyoremanさんがお使いになってピッタリのイメージでしょうか。
衣類を入れるのではない小さな箪笥なんかにも応用できそうですし。

自分には決定権はありませんが、いつか形にしておひろめしてみたいですねえ。
コメントありがとうございます!

だんだんと寒くなってきましたねえ。

こんばんは

このような仕上げも素晴らしい出来ですね

好きな色合いですわ。

Re: wakasaママさん、こんばんは

お好みですか?
ありがとうございます。
最近は色々と新しい試みもして行かなけりゃなりません‥

紅葉も拝見させてもらっておりますが‥ごぶさたで失礼しています。
自分のほうはこの秋は全然出かけられずにいます。
wakasaママさんの所で紅葉気分に浸りつつ、
コメントありがとうございます!

うむ。今風な桐たんすでありんすなぁ。
私としては先のたんすのように金具がいっぱい付いた時代風のほうが好み。
好みは様々ですからねぇ。カジュアルな感じも人気が出るかもね。
伝統の技術を活かしつつ、時代を読む難しさ、わかりますよ(^^

Re: こんばんは!髪結ひ辰乃さん

ですよねえ。
残念ながら、まだこの手の仕上げをした箪笥はスタンダードになりえてはいません。
まだまだ改良、熟考の余地があるんでしょうねえ。

ただ、自分の今、は、時代を読む難しさより、いいブログネタを探す難しさにあっています^^;
して、おかげさんで技術に浸る毎日です。
辰乃さんも充実した毎日が続いているようですね~^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/178-9ffdffdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

90度もしくは直角 «  | BLOG TOP |  » からくり箪笥!!

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。