大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のつえ - 2014.06.18 Wed

   こんな棒がありまして、
          桐たんす つえ

 桐箪笥の設計図。
  というほど大げさなもんでもないんですが、箪笥を作る時にまず準備するもので、
「つえ(杖)」と呼んでます。
      桐たんす つえ

高さ方向の、棚やら引き出し、扉などの割り振りが書かれたもの。
これに合わせて本体を切りますし、各部材の準備(木取り)の時にも使います。


桐箪笥のような一点一点手作りする物の性質として「実測的」ということがあります。

つまり、「この部分は何尺だから」という『モノサシ』『寸法』を使って作業するよりも、
「これ!この長さで切る。」という感覚です。
実際の長さのもので考えたり、作業するほうが通りがいい。
(もちろん寸法で作業することもあります。)

桐箪笥に使う尺寸の「さし」。
桐たんす 木取り


桐箪笥屋で「つえ」と呼んでいるのは高さ方向のものなのですが、
当然、横方向にも応用できます。
桐たんす つえ

桐箪笥には定番の大きさがあり、
3尺3寸(約100cm)
3尺5寸(約106cm)
3尺8寸(約115cm)
4尺(約121cm)などです。

別注で、これ以外の長さのものがあれば、「横ヅエ」を作ります。

上の写真の衣装盆。
仮にその部材の端に節やらキズがあるとき、ここを切り落としても長さが足りるのか?
パッとその「つえ」を当てて確認します。
もし長さが足りないのなら、より間口の小さい桐箪笥に使う、ということになります。


手仕事、桐箪笥の実測的なやり方としては、
「落ち」というものがあります。
桐たんす つえ
寸法に切り揃えた時の切り落とし部分。

「落ち」各種。
桐たんす サシ


これを割り振りに使います。
引き出し部分なら「棚板の落ち」を置いて筋を入れる。

この時に、「引き出しの高さのつえ」も用意しておいて、
桐たんす つえ
「引き出しのつえ」と「棚板の落ち」をじゅんぐりにして、ズレがないか?の確認を
あらかじめしておきます。
桐たんす つえ
引き出しが4段あれば1厘(0.3㍉ほど)やそこいらのズレは出てしまうので、
「引き出しのつえ」より1厘ずつ長い所に印しを入れておこう、等など。

もちろんモノサシでもできます。
ただ、桐箪笥にう使うモノサシは単に筋があるだけのものなので、
「つえ」を使うことで目盛りの見間違いを防ぐことが出来ます。

なあんだ、と思うかもしれませんけど、
そう、実際わずかの違いのようですが、スムースさがあるんです。



同様に「引き出しの3ッ割りのつえ」も作ってあります。
桐たんす つえ
これも同じ使い方ですが
こちらは一つが、1尺1寸7分3厘なんていう寸法なので「引き出し3ツ割のつえ」は、より有効です。


「上戸のつえ」はさらに機能的です。
同じ大きさの引き戸2つがあって真ん中で3cmほど重なってます。
桐たんす つえ
こんなふうに2本のつえで確認して、長さを切る。
これは寸法管理ではしにくく、実際の大きさの棒があれば一撃です。

こんなふうに木取りの場面でも、
木の節やらキズやらをかわしつつ、無駄のないように木取りをするのに使えます。
桐たんす 落ち

そのほか
桐たんす つえ
3通りの奥行きの寸法が一つになったもの、箪笥の中央を印したもの、など
まだまだイロイロ持ってます。
桐たんす つえ


なんでもない棒、
でも使い方次第で、なくてはならない『魔法の杖』になる。
そして何より、間違いをなくすための『転ばぬ先の杖』なんです。


         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

あああ、
定規目盛りの読み間違え~~~ありますありますっ!
って、自慢するようなことじゃないけど(^^;

紙を裁断してから「なんか歪んでる?」と気付いたときには既に遅し。
ま~紙ならいいんですけどねぇ。
布を裁断する裁縫だと、困る~特に古布。
で「型紙」を使うのよね。
「転ばぬ先の杖」わかるわ~

「つえ」って言うんですね。
同じ寸法をいくつも測るとき魔法のように便利そう^^真似したい。
「職人の知恵と技」って感じの道具ですね。

こんにちは

お久しぶりです いつもご訪問感謝しております
今回の話題は、ちょっとカルチャーショックですね
タンス作成時に、設計図というものが使われていないですね この魔法の杖だけで
作成するんですね 凄い職人技ですよね 後はとにかく数をこなし覚えるでしょうね
もう神業ですね 凄すぎるタンスさん

こんにちは

難しい手仕事にはいろんな道具が入用なんですね

立派なタンスが出来るはずですわ。

Re: 髪結ひ辰乃さん、こんばんは

「転ばぬ先の杖」への共感、ありがとうございますー!
ああっ、読み違えますよねえ、などと言っていたらいけませんね。

そう!そうですね、まさしく「型紙」
つまり「型棒」!‥‥ん?

長くなるので割愛しましたけど、「厚みのつえ」もあります。
2分から5厘刻みくらいで4分まで。
これもなんでもないもんですけど、ないと流れが悪いですからねえ。

じつは、この記事は木取り担当になった若人君を意識して書きました。
(話が細かいですからねえ^^;)

いやいや、それよりもドールフェスですよね!
もう明日!
こんな忙しい時にコメント、すみませんです。
^^盛り上がってますよねえ。
気持ちとしては、土曜は無理やけど、日曜には伺いますーって感じなんですが・・・

返信などしたのちにコメントしにおじゃましますー!

Re: yoreyoremanさん、こんばんは

「カルチャーショック」のコメントありがとうございます。
自分が文中でうまく言えてなかったのですが「いわゆる設計図なしで、このつえのみ」
そうなんです!まさしく!
この解説をブログ内に入れる必要がありましたねえ。

yoreyoremanさん、いつもポイントをまとめてくださる^^

でもこれは基本ともいえるようなことかもしれません。
神業などとはとんでもないのですが、おっしゃられる通りその基本を積み重ねて行くと、それなりの高みに登って行けるのかな、と考えるものです。

こちらこそ、訪問からコメントまで、感謝感謝です!
ありがとうございます!

Re: wakasaママさん、こんばんは

実際はなんてことのないもんだったりするんですけど、そのちょっとが大きな違いを生む、ということがありますねえ。

お褒めの言葉に恥じない仕事をしていきます!
コメントありがとうございます!

今年は空梅雨のようですねえ。
暑さはまだまだこれからですけど、体調など崩しませんように。
菜園記事からの癒し、いただいてますー!

つまり、型紙ね、と書こうとして、辰乃さんがすでに書いていらっしゃいましたね。
昔、母が裁縫をするとき、古い型紙を出してそれを元に、何やら作っていましたっけ。
襦袢の半襟付けすら面倒で、安全ピンですまそうとする今の私。
なあんにも作らない生活が長いなあ、と変なことに気が付く始末。

Re: takako.t.maruさん!

そう、型紙やん!という話なんですが、これでなかなか、簡単なようでいて奥深いもんかと思われます。

「安全ピン」
タカ子さんらしい(?)とも思いつつ(そんなタカ子さんをお慕いしておりますが^^)、はてこれは、自分が「つえ」でひょひょいとやるの同じやないの?と。
合理的手法。
つまりは「つくってる」・・・かな?

いえいえ、まあそれはそれとして、習い事をしそれを披露する、これも作ることかなあと思ったりするものです。
パフォーマンス。
自分は桐箪笥作りにもパフォーマンスと思ってあたることがあります。
ユーザーの方がそれを見、使って、いかに満足や豊かさを得ることができるのか?

さてさて、辰乃さんといえば、フェスは残念でした。
自分は勝手に(ホントに余計なお世話ですが(笑))お二人の邂逅を楽しみにしてましたので。。
きっと楽しく、かつ強力な磁場みたいなもんが出てる空間がありそうやなあ、なんて思ってましたので。
ま、それはいつか、自分も合流しての3者オフ会などがあったらさらに不思議なことになるかなあ、などと思いつつ、コメントありがとうございまーす!

広い意味で言えば、生きてるだけでパフォーマンスですから、
個性もわざわざ出そうとしなくても、生きてるだけで、人は千差万別。
ただ、それだとなかなか人様には伝わりにくい。
わかりやすくアピールするのが創作活動やいわゆるパフォーマンス、なのかなあ。
私はここにいますよ、ということの発信ですかね。

三者邂逅、いつかありかもですね。


三者邂逅、きゃぁ~素敵すぎます♪

「私はここにいますよ、ということの発信」
あぁ~私また何か始めちゃいました(笑)
桐たんす職人さん、ありがとう♪
 って、内輪の話ですみません(^^;

Re: takako.t.maruさまそして 髪結ひ辰乃さま

集合場所はうちの桐箪笥展示場ということで^^
あっ、東京のいずこか?作品展か発表の場でか?
いつの日か、ですねえ。

そう、タカ子さんも以前はアカウント持ってはりましたよねえ。
でも140字にタカ子さんの「わたし」は収まり切らなかったんやろなあ、などと勝手に思ってました。

個性豊かなお二人の発信にいつもピリリととした刺激を受けております。
でもさらに直接にお会いしたならば、ほんと教わることが沢山あるやろなあと。

その日を楽しみにしつつ、それまではこのブログでお二人の「私はここー!」に触れつつ、
お二人に遅れをとらぬよう、、ブログももうちょっとがんばりつつ、コメントももう少し残せるようにしつつ、生きそこねぬようにしたいと思っております^^

コメントのやり取り、ありがとうございまーす!

お久しぶりです、CHACHAです。
色々な「杖」に驚きましたが、毎回測るより合理的ですね。
お写真の桐箪笥、アールの部分が見える度に「はぅ・・・」となります。
綺麗・・・。
(この度、「やるやる詐欺」から足を洗うことができました。まだまだリハビリ中ですが、よろしくお願いします。)

Re: CHACHAさん、こんばんは

お久しぶりです!
お元気でしたかー。

合理的は合理的なのですが、ブログにはそぐわない話ですよねえ。
自分もこんな感じで、毎月毎月骨折してリハビリを繰り返してるような感じの更新です。
でもでもこんなペースでも続けることは大切ですよね。

やはり切り絵が見たし、です^^
コメントありがとうございまーす。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/191-087fede4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浪花の技展 2014 «  | BLOG TOP |  » 「動物シリーズ」の母写真

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (11)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。