大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

平坦じゃない平坦への道のり - 2015.04.25 Sat

この4月、2人の新人社員さんが入り、桐箪笥修行に励んでます。
あらためて、道のりは平坦ではないなあ、と思うものです。

自分の時など思い出しつつ、
彼らのためにもなる、であろう記事を。

「まっすぐ」、です。
いたってシンプル‥でも深い。

まっすぐ、平ら、というのは全ての作業の基本となるものです。
でも、長年仕事をしてると、案外なおざりにされてるんじゃないの?って感じるテーマです。

例えば、
鉋 桐 鉋 桐

ひき初めのうちはいいのですが、最後は鉋の台が部材を外れるので‥‥
勢いをつけてシャッとひく。

鉋というのは、均一な厚みの鉋くずが出るもの
これが基本ですが、横から見たとしてみると‥
鉋 桐 鉋 桐

この引き抜きぎわ、鉋の重さのまま下向きにひいてしまうとガクッとなって、
木の端がだれる、丸まるという状態になります。

だから、まっすぐ引く。

ただ、この記事の一番初めの写真のように、上から押さえて鉋を引いていると
まっすぐ引いてるつもりでも、やや上に向かって引っ張りがちなもんです。
(ついビビッて。)

横からのイメージで言うと、こう。
鉋 桐

ひき終わりがどうなっているか?
この意識が大事だと思っています。





さらに、鉋をまっすぐひくためには手の動きだけでなく、
鉋の台が平らさ、つまりはまっすぐになっている必要があります。
これに関する記事もありますが、かゆい所に手が届く!【台直し鉋】

台が凸凹で、歪んでいたらいくら小細工しようとしても、まっすぐ進みません。

これも、色々あって一言では言い表せませんが、普段の仕事では、完全平らにするのではなく、ポイントを押さえた平らにします。

       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

また、砥石

これも平らにして使いなさい、というのが基本
これも記事にしたものがありますが「砥石も研ぎます」
研ぎの場合も砥石の端の使い方というのは難しいものです。

砥石の平らを維持しながら研ぎ進めるには、理屈で言うと、
砥石全体を使いつつ、ストロークの始めから終わりまでを同じ力で研がないといけない。
鉋 研ぎ

でも、自然と、最初と終わり(つまりは砥石の端)では力もゆるむので、中間部がえぐれてしまう。
可能な限り(ガクッとならないように、怪我などしないように)上下の越えて研ぐ。
鉋 研ぎ 鉋 研ぎ

同様に左右の端も力がゆるみます。
だから、なるべく長いストロークで砥石全体を使う。
左右にも移動させながら研ぐ。


(もちろん刃物の種類、砥石の状態によって全体でなく、一部を使うこともありますが‥)

ただ、一般的に斜めに保持する鉋の刃であれば、
始めから均一に使うことを放棄してるとも言えます。

なので、刻々と変形して行く砥石の中で、いかに平らを保つようにしながら、
変化の少ないうちに研ぎあげるか?
が研ぎのポイントと言えるのだろうと思っています。




またまた、刃物のしのぎもまっすぐ、が求められます。
鉋 研ぎ
これも簡単ではありませんが、

砥石は、段階を追って細かい凹凸のもので研ぐもので、
刃先が丸くだれていると、その凹凸が刃先にまで触れない、触れにくくなる、
ということがあるからです。



長々話してきましたが、
基本でありながら、すぐには感覚がつかめないものかも知れません。
少しも新人向きの内容じゃないのかも知れません。

そしてこのまっすぐ話、じつはまだまだ続きがあるんですが‥今日の所はこのくらいで。

何より皆さんにとっては分からん??という話で申し訳ないのですが、おゆるしあれ。。

         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは

お忙しくてなによりでございます 鉋は、木工関係の職人さんにとって
凄く大切な道具ですよね かんなの削りかすが薄ければ薄いほどよく途切れず
削れば一人前だそうですね そして砥石で刃が綺麗に研げればいいらしいですね
大分前にTVで砥石がいいのは、数百万円するらしいですね 奥が深すぎますね
それではこの辺で、頑張ってよい仕事をしてください 応援してます

Re: こんにちは、yoreyoremanさん

ごぶさたしておりつつ、返信も遅くなりすみません。
どうもなんだか忙しいというのか、時間がとれずに‥

木工関係でも、鉋という手道具を使う時間は業種によってまちまちですが、桐箪笥はかなりの量を使います。
そして、その上達に応じて見えてくる世界が違ってくるなあ、と感じる今日この頃です。

桐箪笥の場合、途方もなく薄い鉋削りが要求されるものでもないのですが、それでもやはりそれなりの探求は必要だと思っています。

ようよう仕事の一区切りがついて、今日から休みに入りました。
一応明日から東京に行ってきます。
また、この次のブログがいつ出るかは不明なんですが、いつもいつもお付き合いありがとうございます。

そして、どうにもコメントの入れにくい内容の記事で、すみません!
ありがとうございます!

まっすぐ

ご無沙汰しております。
「伝えること」も仕事のひとつだと、教わったことを思い出しました。
わたしにもやっと伝える相手が見つかりました。
伝えることの難しさも実感してます。
と同時に自分も育てられているのだと感じます。
手作業は実技体験しないと解らない、
それをどのように伝えていけばよいのかと考えると、
結局、自分自身が背筋を正して良い手本となるしかないのだと。
伝えたいことがまっすぐ伝わるといいなぁと思いながら…。

こんばんは

カンナさん難しいですものね

うちらは平面取りはカンナさんよう使えませんでしたよ

職人さんだから難しい事が出来て素晴らしい技術ですからね

これからの新人さん頑張って手に職をつけてもらって下さいな。

うちらは手押し砲盤で片面取り反対側はプレナーをして

最後にスクレッパーでカンナ削りしてその後でサンダー通しでしたわ

職人さんみたいにカンナ削りの技術があれば

無駄に機械で削ってカンナ屑をたくさん捨てなくても

済んだのにと思うと勿体無い毎日でしたね。

Re:髪結ひ辰乃さん、こんにちは。遅くなりました。

いやあ・・辰乃さんのおもい、必ずまっすぐ伝わりますよね。
その様子、拝見しています。

ほんと、素晴らしいことですよねえ。
会社に入って来た後輩を一社員として教える、というのとはわけが違います。
広く、というかポンと打って出て、どうですか?で、つながった人に伝えている、
あらためて凄いなあ、の感がありますし、心意気とでもいいましょうか・・
こちらこそ、負けちゃあおれん!と教わっているものです。

でもそう、おもいはまっすぐに伝わっても、技は確実に(またもや変な言い方ですが、)そのまま伝わらないですよね。
まあ、最近はそれがミソなのかなあと思ったりしてもいますが・・
伝えた相手は少しずれる。いい方にも、悪い方にも。
だからこちらも相手を越えようと出来るし、別の伝え方はないか?を模索する・・

こちらもほんとごぶさたしていて、ゴールデンウイークに入って、そろそろちょいとコメントすべし、と思ったのですが、東京など行って、結局、返信がえらーく遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

伝えることもひとつの仕事と、いいながら、
じつは、2人の新人さんの直接の指導は同僚に託し、自分はその任を外してもらっているんです。
もちろんフォローはしますが。
今はもっと自分の技にいそしむ期間という気がしていて・・意識的に口を出すことを控えている感じです。
まあ、彼らにその気があれば見ることも。聞くことも出来るんですから。

ちょっと長々なりましたが、コメントありがとうございます。
ほんとに。「背筋を正して」ですよねえ。

ほんとはコメント返信なんかよりも、その講習の日におじゃまして、風景を見させてもらいつつ、仕事のお話などするのがよろし、やなあって・・・

Re: wakasaママさん、こんばんは

返信遅くなりすみません。

うちのような所でもスクレッパーまでは一緒の流れです。
ただその後に手鉋がいくらか活躍します。
なので、おがくずの量はそうは変わらないんじゃないでしょうかぁ。

サンダーも砥の粉で色をつける部分には使います。
で、このサンダーもあんがい技のいるもんです。

まあカンナにせよ何にせよ前進したと思ったらまた、壁が控えてる。
不器用な自分はそんなことを繰り返してます。

そんななんともウネウネした記事ですが、もう少しとりとめのない事を書こうかなあと思っているんです。
こんな話は少しも面白くないとは思うのですが、新人さんのためなどと言いながら結局は全て自分のために書いてるんやなあ、と。

コメントありがとうございます~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/201-6f385e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続いて平ら!(研ぎについて) «  | BLOG TOP |  » けびき!

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる