大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

続いて平ら!(研ぎについて) - 2015.06.28 Sun

今しばらく、平らに関わる話しをさせてください。
研ぎの平ら。

専門的な話しばかり…申し訳ありません…が。
いや、とにかく刃物研ぎは木工の基本であり、永遠のテーマ、奥深く、まあ…簡単じゃない。
夕焼け空

研ぎの難しさの1つは、
研ぐ過程で砥石も削れてしまうところにあります。


平らな砥石で研ぎ始めても、すぐに平面は崩れる。
だいたいはまず中間部が凹みます。

なので、
出来る限り、砥面の平らを維持しながら研ぎ進めることが肝要、と。


特にその砥石から次の番手の細かい砥石へ移る時点、
つまり、研ぎの終盤に向けては、より平らな面で研ぐことが求められます。
フィニッシュは平らな所で迎えたい。

というものの、研ぐほどに砥面の平らは崩れて行くもので、
刃物研ぎには初めから矛盾するテーマが与えられている 
というわけです。


     ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


このことを踏まえつつ、自分が考える基本の動きの幾つかを記しておきます。

手前の端から向こうの端まで一気に研ぐ。

これは、第一の基本とも言えますが、
ひとストロークで安定させながら研ぎ進むには慣れを必要とします。
特に初歩段階では難しい。

また、
端から端までを同じ力で研ぐことは実際には(論理的には)無理
なので、この動きを基本の第一とするものの

こんな動かし方も基本の手立ての1つと考えてます。
砥石 使い方

砥石の向こう側ばっかりを使う。
(矢印のように前後動させて研ぐことを表しています。)

そのストロークの長さも変えたりしつつ、研ぐ。
砥石 使い方

当然左右に移動させながら、研ぎます。

こうすることで、
砥石上部を、平らに維持しながら研ぎ進め、
かつ、終盤には砥石をひっくり返して反対側の未使用の平ら部分を使う、という作戦です。

左右の端、向こう側の端もやや越えて、しっかり使うこともポイントになります


また、自然に研いでいると減りにくい端ばっかりを使って研ぐ。
砥石 使い方

この動きも、間に織り混ぜながら研ぎます。



また、研ぎの動きとは別に、
最初の面直しの時点で、砥石の中間部をやや高くしておく
ということも1つの手法になります。

砥石が減りやすい部分をあらかじめ高くしておこうという算段です。


         ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



などなどなど、これらの手法は一般的なもので、オリジナルではありませんが、
おざなりにされがちであったり、特に初めのうちは見落とされがちでだったりします。

新人さん向け、ということもあり確認の意味もあり、こまこまと書いています。

さて、すっかり長くなってますが、じつはもう少し研ぎについて続けたいのです。
が、今日はこのへんで
         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

砥石

砥石は、産地により良質な物だと数百万というものまでありますよね
日本は,日本刀が、発達していたので余計需要があったんでしょうね
江戸時代からは、大工・町人までひろがり研ぐ時には、なくてはならないものに
なってきました それによりいかにして切れやすいように研磨するかが研究され
ました しかし結局使用する人が自分の思い通りに研磨すればいいではと思いますが
最初は、熟練した人から教えてもらうのがいいでしょうね 

Re: yoreyoremanさん、こんばんは

またまたの、お久しぶりでございます。
2か月ぶりで失礼しております。

そう、砥石といのはなかなか理解し切れないもので、その数百万などという値段がつくのも天然の砥石ならでは、奥の深さの現れと言えるのかも知れません。
廉価な人造の砥石も数多くありますが、これもピンからキリ、その性質はじつにさまざまです。

でも、今こうして振り返ってみると、研ぐ、ということは先輩にはあまり教わることはなかったなあ、と。
自己流でやっている人が多かったせいだろうと思うのですが、ダメ出しをしてくれる先輩というのは、じつにありがたいものだ、とも思うものです。

ほんとうに。教えてもらえるのであれば、技の習得は短時間で済みますから。

コメントありがとうございます。
次の記事も、また何だかさっぱり分からん?という内容になってしまう予定ですが、よろしくお願いします。

今は雨降ってますが、そちらもでしょうか?
これから、だんだんと夏は向かって行きますねえ。。

こんにちは。
お忙しそうで何よりです。
専門的なお話し、畑違いの者ですが楽しみに拝読してます~。

わたしも講習用に説明書を作ったりしてますが、
日頃は、身体で覚えた動きを無意識的にやってるもんで、
それを文字に置き換えるのって難しいことですよね。
特に手順よりも技の部分は、言葉では説明しきれないことが沢山あって、
結局、写真や図などを添えることになります。
それでも伝え難い事は、実演して見せるしか無く、
手とり足とり、細かくダメ出ししつつ。
伝統的な技は、口伝が多いのも頷けますね。
でも、口伝だと伝え忘れてるということもあり、、、。
何を伝えるべきかが頭の中で整理できるので、
やはり文書にしておくべきだなと痛感してます。

桐たんす職人さんも、技を伝え残していってください。
応援してます(*´▽`*)/ガンバレー

Re: 髪結ひ辰乃さん、こんばんは

毎度毎度のごぶさたしております。
なんとも日々の仕事の中で、相変わらずグルグルしてます。

ほんとうに、書くことには難しさ、ジレンマみたいなものがあるけれど、
その試みは周りの人のためという以上に自分のためなんだよなあと思います。
整理して確認、で、発見する。
気張って言えば挑戦、になるのかな、と。
大事ですよねえ。

こちらも、辰乃さんの伝承、楽しみにしています。
そして、実にコマコマコマの作品。
ほんとこれは実際に目の前で見ねばと、いつも思ってます。

技を受けた皆さんが各々の作品という形でそれを表現して、またブログなんかを書いたりする。。。
楽しみですよねえ。

辰乃さんのガンバレーを受けて、また明日も工場に入ってきます^^
コメントありがとうございますー

ご無沙汰しています。
よーいどん、見てる最中です。
桐ダンス、本当に素晴らしいですね!
手が出ませんが、感動します。
これからも頑張ってくださいね(^.^)
面白い社長さんですね(^◇^)

Re: *yoshimin* さん!

^^ああー、ありがとうございます!
見ていてくださったのですね。
コメントまでいただいて、嬉しいかぎりです。

いやいや、でもほんとにお久しぶりで・・こちらも長~いことごぶさたしてしまって・・
・・お懐かしゅうございます(泣)・・

ところがじつは放送を見れてないんです。
知らされないうちに終わっていまして・・
いい感じに写ってましたか?
まあ社長に関しては、やかましかったであろうことは想像できているんですが(汗)


ブログの充実ぶりからしても*yoshimin*さんはお元気にお過ごしのことと・・
自分のほうはすっからかんになってしまってますよね・・

時々この記事には一言コメントしたいなあ、などと思いつつ、どうも腰が重くなってます。
でもお楽しそうで、密かにはほっこりさせてもらってます^^

ほんまにコメントおおきにです!
がんばります!

まぁた忘れたころになってしまうと思うんですけど、そちらにもおじゃましますー!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/202-3284fe36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さらに続いて 研ぐ!(平ら) «  | BLOG TOP |  » 平坦じゃない平坦への道のり

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる