大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに続いて 研ぐ!(平ら) - 2015.09.06 Sun

せっかく砥石の平らがキープされていても、
手の動かし方がまっすぐでなければ、しのぎ面の平らは実現できません。

刃物を保持して砥石の上で平行に動かす。
そのために意識していることの幾つかを書きます。

夏の終わりの空

1.押す時にだけ研ぐということ

砥石には方向性はありません。
ノコギリのように引く時に切れるという方向性は無くて、
押す時も引く時も研ぐことは可能です。

でも自分は、引く時は戻すことだけに専念して、
押す時にだけ刃物を削るようにしてます。

一般的な研ぎのシャカシャカやってるイメージのそれじゃなくて、
ギューー・スッ、ギューー・スッ、ギューー (押す) スッ (引く)

こういうイメージのビートです。強弱があります。

何故か?
押す時のほうが安定していると考えているからです。

引く時はブレが生じやすい。
ブレることで、しのぎ面の平面、特に刃先を良くない形で削る危険性が高いからです。
研ぎ

ノコギリなどは引く時の方が安定しているのですが、
鉋の刃は頭でっかちのものが斜めになっているので、
どうしても、引く時には不安定になります。

また、
2.その引くときは、
押すべき方向の真反対に引くように意識しています。
これも大事なポイント

コツと言っていいかも知れません。
2次元でなく3次元的にまっすぐ引いてまっすぐ突く。


言葉では伝えにくいですよねえ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


もう1つ大事なことは、
3.ゆっくり研ぐ。ということです。

ちゃんと刃物をちゃんと砥石面につけて、ゆっくり移動させる。

つまり、刃物を浮かさないということです。
特に刃先は浮きやすい。

砥石の凹凸はとても小さく
ガラス砥石 シャプトン
この砥石にも書かれてますが、
砥石の粒はわずか数ミクロン。

そこに刃物を引っ掛けなけりゃいけないわけです。


さらにポイントは
4.少ない水で研ぐ。
砥石の上にかける水をあまり多くし過ぎない、という言い方になりますか。

これも、上滑りしにくくするためです。


5.砥石の高い位置で研ぐ。
平らな所で研ぐ、というこれまでの話の繰り返しとも言えますが、
砥石はなかなか完全な平らにはしにくいもの。

なので、わずかな凸凹がある場合へこんでいる所は避けて、
高い所高い所を選んで使うようにします。
定木をあてて、より確実に低い所を避けることが肝要と思ってます。

夏の終わりの空


ネットを見ると、ノミを引いて研いだり、
鉋の角度をキープするのに治具を使う手法、
2分、3分という短時間で研ぐ、など色んなやり方に出会います。

いくつか工場を見てきましたが、
砥石面の平らをほとんど修正せずに仕事をする人。
全く違うやり方で日々の仕事をこなす人。

様々なスタイルがありますし、とらえかた、考え方も様々です。

なので、こんなん書く必要ないか?とも思ったりしますし、
そもそも、口で説明しても伝えるのは難しいしことです。

ふた月も間あけていましたしねえ・・・
・・・まあ、それでも書いてます。
書いたりなんかしています。

         にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ   

       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは

お仕事毎日お疲れ様です もう2ヶ月もなりましたか 忙しそうで何よりです
職人さんには、道具が命ですよね そして自分にあったようにメンテナンスを
するが、一番重要ですね 出来上がった作品を左右しますからね そして日々
創意工夫しながら自分の技を磨く姿勢がいいですね 和風総本家に紹介される
ようになってください

Re: こんばんは!yoreyoremanさん

あははっ、和風総本家ですかぁ。
がんばります!

そうですよねえ、ほぼ毎日yoreyoremanさんとは行き来しているので、ずいぶん間あいたー、という感覚はないですよねえ。

自分は今年の盆休みには再び信州へ行っていました。
ほんとはそんな記事を書けたら、yoreyoremanさんにももっと楽しんでいただけるんでしょうけど・・

好きな仕事ができるというのはほんとうにありがたいものです。
道具に没頭できるというのは。
けれども、まだまだやらねばならないことはたくさんあって、しばらくはこんなペースが続きそうです。

コメントありがとうございます!
これからは秋の気配、になって行きますねえ。

こんばんは~

なんだか涼しくなりすぎて寒いですね

秋は早足で通り過ぎそうですね。

Re: wakasaママさん、こんばんは

ですねえ。
朝晩は季節の進むのを感じますねえ。
特に奈良は大阪以上に感じる機会があるのではないでしょうか。

お孫さん、お見舞い申し上げます。
当然こういうことはそちらにうかがってコメントを残すべきものと思うのですが、申し訳ありません。

昨日から、上本町の近鉄の催事に出ています。
ブログでの宣伝もせにゃいかんと思いつつ、なかなか思うようにならない日々を送っています。

コメントありがとうございます。
wakasaママさんにおかれましても、風邪などお召しになりませんようにお過ごしくださいませ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/203-cb0cd506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伝統工芸・高岡 «  | BLOG TOP |  » 続いて平ら!(研ぎについて)

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。