大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・エンピツ削り - 2016.09.04 Sun

今年のお盆休みには、
高校時代の友人宅に行き、懐かしい時間を過ごしていました。

ずいぶん長居させてもらった中で、このブログも開いてもらったりして、
奥さまが「エンピツ削り、すごい!」と、ほめてくださいます。
ちょいといいに気分になったりして。

で、おっしゃるのには、5年生の娘さんが「この小さくなったエンピツを喜ぶに違いない!」と。
鉛筆削り

さきちゃん!
自分の娘じゃありませんが、
笑顔をのせて、かわいいやろう!って自慢したいくらいの娘さん!

帰宅すると色エンピツ、筆箱を出してきて、しばしのエンピツ削りタイムに。

「筆箱のエンピツはいつも削ってあるから残念」と言ってましたが、
そこからさらに尖らせられるのが手の削り。
チョイチョイチョイ

これで喜んでもらえるならお安い御用です、てなことを言ってましたが、

じゃ、削ってみて。
鉛筆削り
そうなりますね。


持ち方の基本を話します。
右手でカッターを持ち、左手の親指で押して削る。

「初めてエンピツ削り教えてもらうのが伝統工芸士ってすごくね!?」
友人も上手いこと言っててくれます。

右手はむしろ持つだけに近く、しっかり角度を決める。
その時言葉にはしなかったけど
大事なのは、両手でより安定せて削るということですね。

あらためて、刃物研ぎに通じるなあと心の中で感じながら、

削り進み、芯だけを削る段になると、右手だけで軽くちょっとずつ進みます。
左手はエンピツを回している。
鉛筆削り

その時のカッターはもちろん替え立てのはずはなく、切れ味はけして良くない。
こういう時は力を入れ過ぎず、少しずつ進む必要があります。

ややヒマ食ってるなあと感じてるところへ、
さきちゃんが「きれいで速い」と言ってくれます。
家族一同気分よくしてくれる‥‥


いやそれより、はた!と気付きがありました。
『刃物研ぎもこれでいいんや!』



そう、自分は前回書いているわけです、エンピツ削りは刃物研ぎの参考になるって。
だから分かっているはず。
でも、さきちゃんの言葉にさらに気付きが。
「速いとは思ってないのに速いと言われた」ことで、ボタンの掛けかえがされたような感覚です。

我々は常に速くということを念頭に置いています。
刃物も短時間で研ぎたい。

でも、きれいな仕上がりにするためには、ゆっくり、数をかけることが必要な場合がある。
もちろん、このことも分かってはいるはずのことです。
でも、分かりの度合いが変わった、いうのでしょうか。



自分の休み明けの仕事は明らかに変化がありました。
(誰もそんなこと知りはしませんけどねえ・・)
「じゃ、今まではどうだったの?」って言われちゃいそうですが、
この仕事ってそんなもんやでなあ、っていうのが自分の実感なんです。


言葉で前に進む。
伝えることの面白さというのは日々感じるものです。
さきちゃんに教わったというのではないかも知れませんが、そのやり取りの中で発見があった。

       ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

友人宅にはもう一人の友人と訪ねたのですが、
「また会いたい!」と言ってくれるかわいいさきちゃん、
その時までにエンピツ削りをマスターすると約束してくれました。

何より積極的なところがいいなあと。
自分のやりたいことにスッと入って行ける。
そういう素直さのようなものを大切にして欲しいなあ、と。

遠く離れた所にかわいい弟子ができたと勝手に思って、
次の出会いを楽しみにしているんです。


             ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
         ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします
            にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは 大阪の桐たんすさん

お久しぶりです タンスさん お仕事相変わらず忙しそうで何よりです
今回の記事は、人に教えていてふと自分の仕事の改善点が見つかるということは
凄い事ですね 確かにしっくりいかなかったことが、教えるころにより 見つかることが
ありますよね 友人の娘さんも今までになかった事が体験できてなんか感じた事で
しょうね お互いGOOD JOBですね

Re: こんにちは!yoreyoremanさん

そうなんです。
言葉にしたり、誰かに伝えたりすることって1つのテーマとも言えますよねえ。
きっと一般のオフィスや日常の中でも。

でも、いつもこんな風に記事へのお付き合い、ありがとうございます。
ある意味特別でもなんでもない、また全く個人的なことですが、
yoreyoremanさんにコメントをいただくことで正当性を与えてもらったように感じられます。

とりわけ「GOOD JOB」っていう言葉はとても嬉しいものです。
ニッコリしていました。

朝晩はいくらか涼しさも出てきましたよねえ。
爽やかな時間帯もありますし。
お互い仕事に旅に精力的になれる季節になって行きますよね。

またいつかの次の記事の時にお会いしましょう。
ありがとうございます!

突然のフェードアウト

こんにちは 昨日から更新をしています ご心配を
おかけしましてすいませんでした
ちょっといつもの北海道にぶらりと行って来ました

 

Re: yoreyoremanさん、こんばんは!

そうですよねえ、きっとそうかなあとは思ってもいたんですが・・

こちらこそフェイドしてしまって、返信遅くなりました。
バタバタと実家、東京に行っていました。

そーろそろと季節の変わり目ですねえ。
風邪などもはやっていますので、お気をつけください!
ありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/207-07673862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伝産旅行記2016 (非公式版!) «  | BLOG TOP |  » 鉛筆削り

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。