大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

洗い替えの魅力 - 2011.07.13 Wed






桐たんすの修理・再生(洗い替え) 拡大します
左から右へ洗い替えしています (やや暗い部屋での撮影でベストの写真とは言えないのですが・・・)
桐たんすを修理すると、このように美しくよみがえります
以前の色(着色)は灰色がかったもので、長年の汚れも重なっています。
それが明るい色になりました。


もちろん、きれいになること自体が魅力なのですが、それ以外にも楽しみがあります。
そう、写真を見てお気づきになられると思いますが、金具を変えることができるのです。

桐たんすの修理・再生(洗い替え) 拡大します
引き戸の取っ手を細長いものから、丸いものに変えています。
そうするために、以前の金具の形に空いてしまっている木地部分も補修しています。
ほとんど分からないでしょう。

よく見たら、分かりますか


引出しの取っ手も変えています。
桐たんすの修理・再生(洗い替え) 拡大します
ただし、ここがミソなのです。
鍵を差し込む鍵座(かぎざ: 取っ手の上にある丸いもの)はそのまま使っています。
拡大してご覧になってみてください。

きれいな桐の柄の入った鍵座はオリジナルのものです。
愛着もあり、二つとないものですので、メッキをし直して、再び箪笥につけています。

桐たんすの修理・再生にはこのように選ぶ魅力がありますね~。

この一連の仕事も私自身の手によるものではなく、木地の修理が若手のエースふじたかさん、色付けが大ベテランのきむやしゃさんの仕事です。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

すご~い!

これほどまでにきれいになるのですね。
伝統的な技術ってすごいですね。

現在社会は、使い捨てのものがあふれていますが、
昔のものは、再生して使えるものが多く、
見習いたいものです。

ありがとうございます。

miyakokikaku_mk さん、おほめの言葉、ありがとうございます。
この変化は、実物をお見せしたいくらいです!

伝統的なものも、捨てたものではないですよね。
こんな時代だからこそ、かえって、見つめ直されていいですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/28-ad875823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たぬき «  | BLOG TOP |  » ニコちゃん椅子(桐の椅子)

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる