大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-11

時代仕上げの小袖桐たんす - 2011.08.14 Sun

今日は、本来の桐たんすブログに戻っての、「桐たんすにはこういうのもあるんです」、の一例を紹介したいと思います。

伝統的なトノコ仕上げではなく、焼桐ふうの時代仕上げをしています。
引出しのおもて面に使う木も、柾目ではなく、木目の出る木を使ってます。
時代仕上げ桐箪笥

金具は牡丹をモチーフに浮き彫りにしたもので、おもむきがあり、重厚感の感じられるものです。
仕上げの色とも調和がとれています。

時代仕上げ桐箪笥

和室、洋間どちらにも合うものですし、この箪笥があることで部屋の雰囲気をグッと引き締めてくれるのではないでしょうか。

時代仕上げ桐箪笥

桐たんすは着物の収納がメインとなるので、必然的に、奥さま主導で選ばれることになるのですが、この箪笥は一緒についてこられたご主人さまの方が気に入られるケースが、ままあります。

そういう「普遍的」とでもいうような魅力があると思います。

幅1m2cm 奥行き47cm 高さ1mという大きさです。

注文に応じて、引出しの段数を減らしたり、増やしたりすることが可能です。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます♪

すごいですねぇ^^
こういうのを「匠」って言うんですかね?^^
とっても迫力があっていいですね。
たしか昔はウチにも桐ダンスあったのに、いつなくなったんだろう・・・

ゆっきー♂☆さん、こんにちはー

コメントありがとうございます。

ほめていただいて、ありがとうございますー。

おっしゃる通りに、だんだんと桐たんすを使う人は減ってますからねぇ。
匠も奮闘中です p(>。<)p

また、遊びにいかせてもらいまーす(^。^)

うちの桐たんす

偶然このブログを拝見しました。うちには大正八年生まれのおじいちゃんの『おばあちゃん』の使っていたタンスがあります。

引き出しには漢字でそれぞれ数字が書いてあり。

鍵穴にはうちの家紋ではない揚羽蝶がついています。

Re: うちの桐たんす

よっしーさん、コメントありがとうございます!

偶然見てのコメントというのも、ほんまに嬉しいです^^

その『おばあちゃん』の桐たんすとなると、ゆうに100年以上前のものですねぇ。
うちが請け負う修理のたんすでも、そこまでのは見たことはないです。
本当にいいものなんでしょうねぇ。

漢数字というのは、おそらく、引き出しの順番を印したものだと思います。
桐たんすはできるだけピッタリに仕込むので、引き出しの場所が変わると入らない事があります。
なので、番号を書いておきます。

鍵の紋は地方によって違いはあるのですが、お嫁入りの時、その家の紋でなく、お母さん方の紋を付ける習慣があります。
なので、その『おばあちゃん』のお母さんのが、揚羽蝶の紋だったのではないでしょうか。

歴史のある桐たんすをお持ちの方からのお話は、なかなか聞けるものではないので、私たち作り手にとっても、貴重なものです。

ありがとうございます!!

気が向いたら、このブログも時々のぞいてやって下さい。^。^

いったい、価格はいくらなんだ???
大阪のどこで、製作されているんだろう???
教えて下さい!

Re: 岡田 美夏さん、 コメントありがとうございます

大阪の岸和田で制作していまして、「初音の家具」という店にて桐たんすをご覧になることができます。
国道26号線の「荒木町北」の交差点にあります。

くわしくは下のリンクを参照いただけますでしょうか。

「初音の家具」の案内記事です。 http://104shu24ma.blog100.fc2.com/blog-entry-108.html

「初音の家具」のホームページです。 http://www.hatsune-kagu.com/

価格については、ここではご案内出来ないのですが、お近くでしたら、お気軽にぜひ一度お越しくださいませ!
お待ちしております。

  岩本 学


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/44-5ee77499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょっとずらして( 桐たんす選びのポイント) «  | BLOG TOP |  » 燈火会のひぐらしの声は大きい

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (11)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (15)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:岩本学です

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる