大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凹んでるところ(衣装盆と内丸かんな) - 2011.08.31 Wed

桐箪笥にはお盆(衣裳盆)と呼んでいるものがあります。

衣装盆

言うなれば、着物用のトレーです。
お盆ごと引っ張り出して、「今日はこれとこれ、どっちにしようかなー?」
というような具合でしょうか。

衣装盆

そのお盆の表面を繰り込んで、装飾的な曲線をほどこしているものがあります。
機械で形をとりますが、そのままでは、ささくれ立っているので、
表面を一通り鉋がけします。

衣装盆

しかし、このお盆の凹んでいる部分は普通の平らな鉋では削れません。

で、今回は、凹み専用の マイ鉋 を仕立てました。

内丸(うちまる)かんな、という、カマボコをスリムにした形のかんなです。

なんばの道具屋で探してきました。
が、まだ、幾つかの作業が必要なのです。

内丸鉋

まず、鉋の台の丸みを、お盆の凹みの形に、削り合わせます。

ポイントは、お盆凹みよりも鉋の台の丸み若干小さくするということです。
(ピッタリだと、微妙な大きさのズレに対応できません。)

次は、その台に刃の形を合わせます。
荒い砥石で削り落すのです。

内丸鉋

で、こまかい修正をして、完成です。


「削ってる」の図です。
衣装盆と内丸鉋


道具作りは、たんす作りそのものより楽しいですねぇ。 なんて言うと怒られますけど・・・

日々の仕事のアクセントとでも言うんでしょうか・・・その時は、時計なんか気にしません。

少し削って、使ってみる。
で、また、ちょこっと削る。

はたから見たら、「あんた何してんねん?」て言われますね。

でも、道具作りはしょっちゅうあるもんではないので、合わせのひと削りひと削りを、ついつい味わってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/51-c55e23ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

洞川(どろがわ)温泉  (奈良・天川村) «  | BLOG TOP |  » うちの衣装箱(着物のための)

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (9)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。