大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしいマグカップ(赤膚焼きの) - 2011.10.12 Wed

またもや、ちょろっと奈良に行きまして、市内をぶらぶらするうちに、
赤膚焼き(あかはだやき)に出会いました。

大塩正史さん赤膚焼きです。

嫁さんが、このマグカップを購入!
赤膚焼
いいでしょう


自分は陶器は不案内なので、説明は軽くにとどめて、感じたこをとつらつらと・・

ざっと言うと、赤膚焼きというのは、奈良の焼き物の一つで、
淡い目の地の色に、小さな鹿春日さんなどの奈良らしい絵付けが特徴です。


ちなみに、これは以前から家にある赤膚焼です。
赤膚焼
どなたの作品かは分かりません。



大塩さんの赤膚焼は、やや違った印象を受けました。
より明るさを感じ、誤解を恐れずに言うとかわいさが1番のポイントではないかと。

形と色にやさしさが感じられます。

それは女性を意識した創作をされているからではないでしょうか。
赤膚焼


伝統工芸の作品というと、重さ、渋さがイメージされがちですが、
大塩さんの焼き物は、その伝統という上着をスッと脱ぎさって、身軽になった印象です。


実際にこのマグカップは持ってビックリの軽さなのです。
赤膚焼

136gしかありません!
隣にあるウェッジウッドが146gなので、その軽さを感じていただけると思います。


少し話しをさせていただきましたが、
大塩さんの人あたりの柔らかさ、温かさが作品に現れているんやなあと、思いました。
赤膚焼

薄く焼き上げる難しさなども話していただきましたが、
あまり長居はできずに残念でした。



場所は三条通りにあります。
JR奈良から進むと、右手に見える元のNTTビルの地下1階です。

「なら青丹彩(あおにさい)」という名前の建物で、
いくつかのファストフード店と創作ものの展示の店、
体験出来るブースなどが入るスペースになっています。

なら青丹彩 赤膚焼 大塩正史 陶房 ホームページへ



大塩さんはこの場所で陶芸教室もされているそうです。
なんとなく、初めて挑戦しても、大塩さんにつられて、上品な作品が作れそうな気がします。


ぜひ!ぜひ! 一度のぞいて見てください!
伝統的なものも含め、素敵な作品が並んでます!
私らも、また行こうかなーと思ってます。




ブログランキングに参加しています!
こちらをクリックしていただけると、ありがたいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

こちらもよろしかったら、ぜひ^^お願いします。
 banblue.gif
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは、

今回も奈良でしたね、

大塩様のお名前はよくお聞きますわ、
暖かく心を包み込んでもらえるような、
作品が多いでしょう、

この間は、ありがとうございました、
こちらも、表に載せさせて頂きましたので、
また、ご確認お願いしますね。

こんばんわ

陶芸体験が出来るんですね。
来年、東京に住む姪が遊びに来たときに連れて行ってやろうと思います^-^
良い情報を有難うございます。

Re: wakasaママ さん、こんばんは

私らは、そこに陶房があるなんてことも、大塩さんも全く知らずに、たまたま店に入りました。
おっしゃられる通り、包まれて癒される感じのする作品ばかりでした。
やはり有名な方なのですね。
また、訪れたいと思いましたし、教室に行って作陶したいとも思いました。


リンクのことですが、ほんまにほんまに、ありがとうございます。
『こだわり菜園す』の楽しさ、賑わいからすると、自分のは遥かに物足りないと思うのですが、
少しでも近づけるように、がんばろうと思います。
ひとまずは、長~く続ける事が中心になってしまうと思うのですが。

よろしく、お願いします。
コメント、ありがとうございました。

Re: naraspaさん、コメントありごとうございます!

naraspaさんに良い情報と言われると、なんとも面映ゆいですね。

姪ごさんと体験していただけたら、ほんまに嬉しいです。^o^

ところで、自分はブログに載せようというのに、写真を全く撮っていませんでした。
ビギナーですね。

naraspaさんの完全版での紹介が待たれます。^^

おはようございます♪

赤膚焼きって初めて聞きました。

素朴で素敵ですね。

陶器ってよくわかりませんが、人を温かくさせてくれますね。

信楽にはドライブがてら年に数回行くんですけど、次回は奈良にします^^

Re: ゆっきー♂☆ さん、おはようございます!

赤膚焼き、初めてでしたかー。

陶器は自分もよく知っている訳ではないんですが、
知らない人にも入りやすいのではーと思い、紹介してみました。

信楽や守山よりは近いですからね。
ゆっきー♂☆さんの奈良グルメ記事を楽しみにします。^^

こんにちは。
素敵なカップですね。
ほんと、可愛いと言う感じで、肩肘張らずに使えそうです。(^^)

ふだんは、日本茶もコーヒーもテキトーな器に入れて飲んでしまいますが(^^;
記事を拝見していて、
「やっぱりお茶は器で飲みたいなぁ」と思いました。
一日が心豊かに過ごせそうです。(*^^*)

Re: バニラブルーさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

これは電子レンジもオッケーなので、嫁さんはドンドコ使ってます。
ただ、割らないようにだけは気をつかって、他のもんとは別に洗ってますが・・・

伝統工芸にもこんなものがある、というのをちょっとでも知ってもらえたら嬉しいです。^^

こんにちわ。夫婦そろってコンピューターが苦手なためこんなに遅いお返事になってしまいました。
頑張ってはりますか?又遊びに来て下さいね。又ゆっくりメールします。

Re: 赤膚職人  まーちんさん、コメントありがとうございます!

こちらこそ、私のコメントの送り方、URLの添付の仕方などが、しっかりしてなかったせいですね。
その後の再送などもしてませんでしたし。
すみませんでした。

仕事の方はペースは変わらずというところです。
やはり、新しい動きが必要ですね。


今度は、陶芸教室におじゃま出来たらなあと、考えています。
よろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/63-a19afecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここ数年で最も出た桐たんす «  | BLOG TOP |  » 我が家で愛飲しているお茶

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。