大阪の桐たんす職人、喜んでハマる

2017-04

カーネーションのなかの岸和田弁 - 2012.03.01 Thu

いよいよ糸ちゃん、今週までですねえ。
さみしいですねえ。

いやいや『カーネーション』は3月までですけど、
今週には『おのまちさん』から『夏木マリさん』へとスイッチ。

『夏木マリさん』は小篠綾子さんと親交があったということで、
チラリと見た感じではなかなかいい雰囲気のようですが。

いやー、尾野真千子さんはこの糸子役で、たくさんのファンを得てますからねえ。

ほんまに役に入り込んでますよねぇ。
笑って、怒って、泣いて、とぼけて、ね。

カーネーション カーネーション

どちらの場面も笑いましたね~。

ところで、岸和田といえば『桐たんす』が有名!
あ、いや『だんじり』が有名ですねえ。

荒っぽいというイメージですが、実際の人々はといえば・・・
その通りですね。


いえいえいえ、『カーネーション』でごらんのように言葉がね、
あらくたですわ。

俗に、河内の言葉が汚いなんて言われたりしますけど、
明らかに岸和田の言葉のほうが・・・上・・

『け?』
はい、聡ちゃん
カーネーション
はあ、でも、これは昔の話しではなく、
今でも女の子がフツーに使ってます。



岸和田は丁寧語を使わないという特徴があります。

まあ状況により、人により使うこともありますが、
年上の人、例えば、その相手が社長さんだったりしても
(も~ちろん、その社長さんが岸和田の人である場合に。ですけど)

関西の他地域なら「明日行きますん?」てな感じ。

それが「明日行くん?」だったり。
いわゆる、ため口ってとこですか。

もひとつ進んで、「社長、明日行くんけ?」

それが普通で、逆に、丁寧過ぎるほうがムズムズしたりします。
こんな場面がありますね。
カーネーション
「いらっしゃいませ」の何があかんねん!
と言いたいですよねー、普通は。


自分は、そういうのが好きなんですよね。
自由さ、とでも言いましょか。
ルーズさといいましょうか。

関西に限らず方言ていうのは、なんか好きですねー。

子供が方言で話すのっていいですよねー。
表でゴソゴソしてると
「おっちゃん、なにしてーん?」
なんて聞かれます。

普段、標準語で話している人が、その人の昔から使っている言葉でしゃべると、
とても親近感を感じたり。


その岸和田を含む泉州の気さくというか、
「ルール無用」というか、
その象徴みたいなんが『北村』かなあと。

周防さんのことやらで、さんざ迷惑をかけておきながら、
深く結び着いていて、
子供らには『北村のおっちゃん』と慕われています。

カーネーション

この場面もケッサクですけど。



これは、ドラマの話でなく、実際のことですけど、
スーパーに買い物してると、時々
「こんなんアカンさかい、こっちにし!」
とか言って、全く知らない、いちお客さんが、商品を勧めてくれたり、

動物病院で順番待ちしてたおっちゃんが、
先に呼ばれたんで、立ち去り際に「これ読むかー?」って
読んでたスポーツ新聞を置いて行ってくれたり。
(その時まで全く会話すらしてなかったのにね・・)


優子と直子の係わりもおかしいですよねー。
よう、取っ組み合いをして、仲が悪いのに
互いを意識し合って、強く結びついてる。

カーネーション カーネーション

『だんじり』がある岸和田的なところかなあと。

ここにも岸和田独特の言葉がありますねー。
「持ってきちゃあった」
つまり、「持って来ていた」ですね。

「言うちゃら」
つまり、「言ってやる」ですね。

同じ「ちゃる」にも違いがあって、
ただ単に「持って来ていた」という時と、
「持って行ってやる」という、意味合いのある時と。

ここでは、「物件を直子自身が持って来た」、ですね。
例えば「直子が物件を、優子のために持って来てやった」、という場合は
『あんたに持ってきちゃあった話ちゃうんか?』
と、なりますね。

あ、文字にすると同じですか?・・・

そう、『カーネーション』を見てはる方は分かってると思うんですが、
東京の女の子が「持ってきちゃった!」というのとは違うんですよね、
文字にすると、誤解されそうですけど。

(なんや、語学講座みたいになってますね・・・)




同じ関西の中でも、他の所では使わないものが、ほかにも幾つかありますねえ。

カーネーション

『食べりー』『はよ寝りー』
どうにも、田舎くさいでしょう。
まあ、こんなんも、自分は何故か好きで、使ってますけど・・

柔らかな感じですよねえ。

あとは『じょ』
カーネーション

これは、もちろん大阪市内や堺の人も使いません。
なんか面白いですわねえ。
「じゃ」ならまだ分かるんです。
なんかアニメキャラの言葉みたいやし。


まあ、切りがないですね~。
全て今現在の岸和田でもこのままです。
もしくはもっとかも・・
多分全国の方々は驚きをもって見てはるんやないかなあ。

とにもかくにも『カーネーション』は面白い!最高です! よね。



時間はないのに、記事は書かにゃならね。
書き始めたら、ダラダラと長くなる。
はて、こんな中身で良いのか否か?
まあまあこんな日も。


色々勝手を書いてますが、あくまでも「岸和田讃歌」なのです。




ブログランキングに参加しています!
  バナーをクリックしていただけると、嬉しいです。 
      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

  こちらもよろしかったら、^o^ お願いします。
     人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ハグ

優子が自分の結婚式の前に北村のおっちゃんとハグしあって泣く場面は最高に笑えました。

こんにちわ

岸和田弁勉強になりました
コメントでも大阪弁で書いてる方は面白いですね~
昨日テレビ東京で和風総本家と言う番組で大阪の職人さんを特集してました。
職人さん出ないかな?と思っちゃったわ!
来週は桐たんすも出るみたいですよ。

Re: ハグでしたねー、かめさん!

日本では、ちょっとやそっとではお目にかかれない「ハグ」でしたね。(笑)
あのあとに糸子が「茶番、茶番」と言ってるのもおかしいし。

こんなことあるかー、って突っ込んでしまうのに、気持ち的には何故か共感してしまうのが、今回の『カーネーション』ですよねえ。

Re: おはようございます、Coucouのいくこさん

勉強になりましたかー?
機会があったら使ってみてくださーい!
あ、使う場面なんてなかったですねー(笑)

でも、いくこさんのコメント返しも楽しいですからね~。
楽しんでもらおうと、入れる方も頭ひねりますねぇ^ε^

さっそく録画予約しました。
有益な情報、ありがとうございます。
来週見てみまーす。

やっぱり良いですね

本当に方言はその土地の温度が感じられます。

ドラマによっては、役者が取って付けたような変な方言で話していて白ける場合がありますよね。

でも、カーネーションは地元の方が本当にリアル岸和田弁だから本当に心にずしんと響くような気がします。

私も地方在住ですが、学生時代に関東に出てなんちゃって標準語も使いましたが、地元の言葉はやっぱり良い!

ちゃんとそれぞれの地方で残っていって欲しいものです。

Re: 良いですよねえ、fionaさん

はじめまして、そして、ようこそ!です。

ほんとうに今回の『カーネーション』は良く出来ていて、
おそらく、自分達の言葉にもかなりうるさいであろう岸和田ネイティブの人からも評価を得てます。

岸和田や泉州そしてまあ、関西出身の俳優さんはそれとしても、
それ以外の出身の俳優さんもなかなか行けてますもんねぇ。
(栗山千明さんやら新山千春さんのおっそろしいこと・・)
言葉指導初め、現場の意気込みが高いんやろうなあと想像してます。

『なんちゃって標準語』でしたかー^。^
大切にしたいですよね、地方地方の言葉、そして文化も、ですよねえ。
「カーネーション」のあとひと月が名残惜しいです。

こんばんわ♪

『河内の言葉が汚いなんて言われたりしますけど、明らかに岸和田の言葉のほうが・・・上・・』

ホントですか?今もですか?

昔は自分も同じように話してましたが今は話さなくなりました。

懐かしいです。

自分も話していてせいか汚いとは思わないですね。このまま残っていて欲しいな^^

Re: こんばんわー、ゆっきー♂☆さん

八尾と岸和田に勤めていたことのある嫁さんが、はるかに上ーと言ってます。
あんまり大きな声では言えませんが、特に女子。女子中学生が違うと思いますねー。
今でもです。^^;

今は話さなくなった、というのは枚方にいた時の言葉をですかねえ。
人も移れば、言葉も移り変わりがありますよねえ。
いいものは残って欲しいですね。

岸和田弁懐かしいです~
友人に岸和田の子がいてて、岸和田弁しゃべってましたよ~
連絡取っていないので今はどうしているのか・・・

岸和田弁教室面白いです♪

カーネーション、、、初回見逃したもんで見てないんですよ^^;
朝はバタバタしてるし・・・って言い訳(~_~;)

こんばんは~♪

カーネーション 時間帯が一番せわしないときで 見たかったのに一度も見られず・・・(泣)
DVDとかにならないかなぁ~?

「け。」 富山弁にもありますよぉ~
「明日 行かんけ?」「行ってもいいがけ?」「なに遠慮しとんがけ?」
岸和田弁の「け。」と 使い方が似てますね~

故郷の言葉

故郷の言葉って、その土地の住民じゃなきゃ分からないニュアンスとか、言い回しがありますよね。
おまけに、極狭い範囲で色々な使い方も有ったりして、楽しいのです。
地元民さえ、ちょっと川の流域が違っちゃうだけで意味不明のニュアンスもありますし、地政学的考察を視野に入れないとその成り立ちさえ、分からない事が多いのが現状です。
しかも、古老の皆さんが亡くなられると、もはや消えてしまう様な言葉さえあります。
お国言葉は、その土地々々に古くから伝わる文化なのですから、研究云々ではなく、キチンと検証しなくてはなりません。
だから、正しい方言を使える地元民を目指し、日夜活動しております。
ホントは甲州弁で遊んでるんだけどね(笑)。
でも、コレって重要だと思うよ。

Re: *yoshimin*さん、こんにちはー

「カーネーション」見てないんですかー、そっれはあきませんねー
こんなにおもろくて、こんなに感動的やのにー。^ε^
バタバタなんて言い訳です!!

^。^
正月明けからでも十分参戦できましたけどねぇ・・・

でも岸和田のお友達がいてはって、ご存じなんですねー、あれを。
大阪の人からしたら、大阪弁と岸和田弁とは別物ですよねえ、きっと。

Re: ★Kiyono★さん、こんにちはー

おもしろいですねー。
「け」があるですねー、知りませんでした。
似ていながら、使い回しに違いがあるのも面白いですねー。

方言好きとしては、1度訪ねて、実際に使われているところを聞いてみたくなりました。
へえーって感じです。

★Kiyono★さんお忙しいですからねえ、見る時間はなさそうですが・・
たぶん今なら、オンデマンドという方法があるのでしょうか、
自分も利用したことはないのですが・・・

Re: そうですねー、MKさん

微妙な違いがありますよね。
地形・政治・生活、色んな要素がありますからね。
本当にそれがおもしろいです。

まあ、自分は「生まれ故郷」という事になると完全に東京、というのがミソですが。
他地域の人から見れば大阪の人と見えていても、東京的なところというのが残ってると思うんですよね。

「重要」
言葉は絶えず移り変わるものである、とはいうものの、
これは、きっと、生き方に係わるものだからでしょうかねえ。
(大げさになりましたが。)

山梨も関東に近接してはいるものの、歴史的には色んな要素があるので、おもしろそうですね。

おしまいな~
[こんばんは]

いっちゃ~ん、げすっぽになってしもうてなあ~
[一番、最後になってしまいまして~]

はよ書かなあかんのになあ~、かんにんやで~
[早く書かないといけないのにねえ~、ごめんなさいね~]

実家のおかちゃん、カーネーション、ひとつもとばさんと見とるらしいで~。
[実家の母、カーネーション、一回も欠かさず見てるらしいですわ~]

ワッ~ハッ~ハッ~ハ~~。今日のコメおもろかったな~、失礼しました。
[オッ~ホッ~ホッ~ホ~~]

Re: おしまいな~、wakasaママさ~ん

笑い声にも訳がついてるんですね。
^ι^笑い方まで違ってる?!

こんな感じなんですねー、若狭では。
ここらと似てるとこもあり、また違う所もありですねえ。
訪ねて行って、お母さまとお話させてもらわなあきませんね。

嬉しいですねー!ひとつもとばさんと見ていただけて。

楽しいコメ、ありがとうございまーす^o^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104shu24ma.blog100.fc2.com/tb.php/98-3e3529fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かゆい所に手が届く!【台直し鉋】 «  | BLOG TOP |  » 女性の方からの注文が多いそうです

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ


カテゴリ

桐たんす選びのポイント (12)
大阪泉州桐箪笥(実例) (19)
桐たんすの再生(洗い替え) (4)
桐の小物 (10)
桐たんすの豆知識 (4)
木工 (29)
鉋 (10)
研ぐ (5)
伝統工芸 (21)
岸和田&『カーネーション』 (9)
イベント (14)
写真・旅行 (25)
タヌキとワンコと家の庭 (12)
グルメやら音楽 (16)
ブロガーさん (5)
未分類 (3)
初音の家具 (2)
よもやま話 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

にほんブログ村

プロフィール

大阪の桐たんす職人

Author:大阪の桐たんす職人
東京生まれ。でも関西弁が好きで、関西に来てしまいました。
桐たんす屋ばっかり3社目で、現在は岸和田の「初音の家具」にいます
伝統工芸士:学光です

最新記事

最新トラックバック

カウンター

月別アーカイブ

あしあと

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる